Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常的体験としてのセイバーメトリクス

もっと早く書きたかったのが遅れてしまったのですが、個人的な『セイバーメトリクス・マガジン1』の感想。
先月書いた記事は発行側としての情報提供で、これから書くのは単なるセイバーメトリクス好きとして当該書籍を読んだ感想です(といっても、褒めれば宣伝と思われてはしまうのでしょうが、セイバーメトリクス好きとしてその関係の本が出れば嬉しくなってしまうのは抗い難い自然な過程なので見苦しいかもしれませんがその点ご理解いただけると幸いです)。

『マガジン1』の内容的な説明はDELTA OFFICIAL WEB SITE等をご覧いただくとして、ここでは省略します。

それで、私はこの書籍の企画から関わったというわけではなく企画がある上で原稿のご依頼をいただいて参加したという形でした。それで説明は聞いたものの本自体が全体としてどういうものになるのかの詳細なところは、やはり手に取ってみるまでははっきりとはわかりませんでした。

セイバーメトリクスのマニアではないけれども少し興味はある、くらいの読者を対象に『セイバーメトリクス・リポート1』よりはライトな内容をやるのかな?くらいに漠然と考えていた感じです。

セイバーメトリクスは一見小難しく取っ付きにくいものなので、普及のためのそういう「ライトな」試みは様々な媒体でわりと存在します。そして、そういった試みは、確かに意義があるのですが私のようなそこそこのセイバー・ゾンビには楽しむところがなかったりします。

しかし『マガジン1』については、たしかに比較的ライトな仕上がりでありながら、読んでいるうちに「あぁ、自分はこの本が好きだ」と感じました。別にセイバーメトリクスについてコアな内容ががっつり書いてあるわけではないのに、です。

参加している人間の贔屓目ではないかと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、好きだと思ったことには確かな理由があることに徐々に気付いてきました。その理由というのは、『マガジン1』はセイバーメトリクスそのものをガツガツ掘り下げている本ではないけれども、当たり前のようにセイバーメトリクスの視点を使って野球を語っている本であることです。

例えばシーズンの振り返り。一般的なメディアであれば数字としてはチームの打率や防御率を挙げ、印象的だった試合や技術論、裏側の感動的なストーリー、チーム内の人間ドラマなどに焦点を当てます。しかし『マガジン1』では、当たり前のように得点・失点というチームの勝敗に直結する構造的な観点を基本とし、選手の貢献度についても「打率」という勝敗との関連が弱い指標ではなく各選手がどれだけチームの得点を増やし、失点を減らしたかをエビデンスに基づいて客観的に評価する視点を持っています。

こういう語り口は私のようなセイバーメトリクス好きにはある意味「これが普通」だと感じるものなのですが、『マガジン1』を読んではじめて、その普通の体験をする機会がこれまでいかに乏しかったかを実感しました。そして同時に、当然のように自分が納得できる視点で野球を語っているのを読めることに幸福感を覚えました。

セイバーメトリクスをマニアックに掘り下げるのではなく、セイバーメトリクスを薄めて紹介するのでもなく、「普通に」セイバーメトリクスの視点に立って野球を語る。こういう本は、あるようでなかったものでした。それが1,000円で気軽に手に取れるというのは、これまでの出版物とは体験としての意味が違います(そういう意味では書店に並んでいないのは残念かもしれませんが)。

セイバーメトリクスというと難解な横文字の指標を解読したり、大量の数字と向き合って高度な分析をしたり、深い真理を追い求め分析を重ねて議論をする……といったイメージがあるかもしれませんし、そういった活動はすごく魅力的で意味があることはたしかです。

しかしセイバーメトリクスを楽しむ仕方はそれだけではなく、むしろもっと気軽な日常言語として当たり前にセイバーメトリクスの視点を持つということの意義は大きいのだと思います。

単なる印象で語るだけではなく事実を確認してわかることは事実にあたる、意味のない数字ではなく確認したいことに論理的に繋がった数字を見る。こういったことは特に難しいことではないですが、それこそがセイバーメトリクスの本質で、小難しい分析はあくまでも応用なのかもしれません。

『マガジン1』は当たり前にそのような視点で野球を見る体験ができる本であり、やはりこれからどんどんこういったふうに語れるようになっていって欲しい(そういう言説が聞きたい)、というのが読後に何より思ったことでした。

誤解のないよう念の為言っておきますが、私は別に既存の野球の語り口よりこちらが正しいとか、全てがこれに置き換わるべきと主張しているのではありません。そうではなく、野球の人間ドラマや技術論が面白いように、客観的な分析の視点から野球を語るのも面白いのです。そして、その観点から野球を語ったものがこれまであまりにも無かったからもっと出て来てほしい、ということです。

もっとカジュアルにセイバーメトリクスが語られて欲しいという意味では、書籍だけでなくフリーで読めるサイト更新なども頑張らねばと思うところなのですが……なかなかできておらず、なんとか頑張りたいところです。


スポンサーサイト

セイバーメトリクス・マガジン1告知(加筆修正)

前回の記事で『セイバーメトリクス・マガジン1』の告知をしましたが、また新たに作業をしたり情報が出たりしたので改めて告知いたします。


特集 オフシーズン2012
シーズン前の展望[セ・リーグ]
シーズン前の展望[パ・リーグ]
リーグ環境と各チームの得失点状況
編成・運用戦略とチーム力推移で振り返るNPB 2012 シーズン
 開幕〜5.13[セ・リーグ]
 開幕〜5.13[パ・リーグ]
 5.13 〜5.20[交流戦]
 6.22 〜10.9[セ・リーグ]
 6.22 〜10.9[パ・リーグ]
優良チーム分析[巨人][日本ハム]
要対策チーム分析[オリックス]
結果に大きなインパクトを与えた選手
統一球2年目のスタッツから(道作)
守備力のインパクト(蛭川皓平)
オフシーズンの論点
 〜ペイロールとポジション別総合評価などから考える補強方針〜
(高多薪吾/森嶋俊行/編集部)
若手抜擢が“ 正しい” 球団はどこか
新たな戦力となる選手の登場を、2軍成績から予想する(Student)

SABERMETRICS NOTE
道作氏インタビュー
コラム
米国におけるセイバーメトリクス浸透度●李啓充
セイバーメトリクスの伝道者、ロブ・ネイヤー(久保田市郎/MLB専門誌『SLUGGER』副編集長)
メトリクスの妥当性 —その数字は野球に、ビジネスに使えるか?—(KY)
米国と日本における入手できるデータの差異(蛭川皓平)
セイバーメトリクス発展史の中の『マネー・ボール』(蛭川皓平)
ダルビッシュの挑戦とイチローの現在に思うこと(三宅博人)

Basic knowledge of Sabermetrics
セイバーメトリクスの基礎知識 得点期待値



流通形態としてリアル書店には並ばないので、立ち読みの代わりというわけではないですが少なくとも自分の書いたものについては簡単に内容紹介しておきます。お求め方法につきましてはDELTA OFFICIAL WEB SITEをご覧下さい。



「守備力のインパクト」

守備指標DERを使って簡潔に各球団の守備力やその影響を整理し、さらに一般論としての守備力のインパクトについても統計的なデータを示した分析記事です。
私はDERはもっと市民権を得るべきスタッツだと考えており、このブログをご覧になる方にとってはその点はお馴染みかもしれません。

素直な分析でやめておけばいいものを筆が滑って(?)よく言われがちな「DERって守備ではなく投手の力を反映した指標なんじゃないの」という指摘に対する私なりの反論(より正確には、何故そう言われがちなのかについての考察)も書いており、その意味では単純に数字の高低を眺めるだけでなく指標の意味を考える上での切り口を提供できればと思っています。



「セイバーメトリクス発展史の中の『マネー・ボール』」

このコラムでは、セイバーメトリクスの誕生から今日までの成長の歴史をサマライズしました。

日本でセイバーメトリクスが話題に上げられるとき、下手をすると「マネーボール」「ビル・ジェイムズ」このふたつのキーワードくらいで話が完結してしまいます。そしてその話がどこかでまた引用され、反論され、一人歩きしてひたすら繰り返されていると感じるときがあります。

しかし本来はセイバーメトリクスには相応の歴史があって、その内容にももっと豊かな広がりがあります。それを無視して「出塁率・バント・OPS」くらいの話にばかり目を向け、それが良いだの悪いだのと繰り返し議論をしても実は得るものは少ないです。

また、セイバーメトリクスには色々な指標やアイデアがありますが、雑多に乱立しているように見える指標やアイデアも、取り上げられるにはやはりそれなりの意義があります。それらの意味や立ち位置を関連付ける視点も重要です。

そういった問題意識を受け、セイバーメトリクスの歴史上提唱されてきたアイデアの全てを詳論することはもちろん無理ですが(セイバーメトリクス大全を作ることになってしまいますので)、せめて「セイバーメトリクスの世界には豊かな広がりがある」ことをざっくりとでも感覚として掴んでもらえれば、そしてそれがこれからより深くセイバーメトリクスを知っていく上でのガイドや目安になれば、という気持ちでセイバーメトリクスの歴史を簡単にまとめてみました。



「米国と日本における入手できるデータの差異」

このコラムもある意味では上に通じるのですが、セイバーメトリクスに関するアメリカの状況と日本の状況を対比させながら整理したコラムです。

特に日本ではそもそも分析に必要なデータが得られないという大問題がありまして、アドバンストなデータがあることによってどれだけ分析の視野が広がるかといったことについて述べています。

このあたりについての理解はアメリカの進んだ分析を知って知識を拡充するためにも重要なことですし、日本においてこれからどのようなデータを集めて分析を進化させていくべきかを考える上でもおおいにヒントになるものです。

こないだの岡田さんのコラムにも通じる内容ですが、アメリカのセイバーメトリクスがすげーすげーって言うやついるけど何がすげーんだよ、という疑問をお持ちの方にもいくらか参考になる内容なのではないかと思います。



というわけで私の担当部分について簡単に紹介しましたが、私の貢献はほんの一部であり、他に面白い内容が盛りだくさんと思いますのでそのあたりを踏まえて是非ご購入を検討いただければと思います。


セイバーメトリクスのマガジンが出ます

告知です。
私も参加する書籍として『セイバーメトリクス・マガジン1』というものが近々発売されます。
概要は下記の通りです。


■刊行情報

『セイバーメトリクス・マガジン1』
A5判/148P/並製
発行 デルタクリエイティブ
ISBN 978-4-907055-00-4 C0075 952円+税

■CONTENTS(予定)

特集 オフシーズン2012●編集部
・2012シーズンの振り返り
・戦前の予想
・3・4月~交流戦
・交流戦
・交流戦~9月
・チーム分析[巨人]
・チーム分析[阪神]
・チーム分析[日本ハム]
・チーム分析[オリックス]
・関連分析[結果に大きなインパクトを与えた選手]
・関連分析[統一球の影響]●道作
・関連分析[守備力のインパクト]

オフシーズンの論点●高多薪吾・森嶋俊行・編集部
・~ペイロール、ポジション別総合評価などから考える補強方針~
・巨人・中日・ヤクルト・広島・阪神・DeNA
・日本ハム・西武・ソフトバンク・楽天・ロッテ・オリックス
・関連分析[若手の台頭を考える]●Student

NOTE(コラム)
・米国におけるセイバーメトリクス浸透度●李啓充
・メトリクスの妥当性―その数字は野球に、ビジネスに使えるか?―●KY
・ダルビッシュの挑戦とイチローの現在●三宅博人
・セイバーメトリクスの文脈●蛭川皓平
・アメリカで入手できるデータ、日本で入手できるデータ●蛭川皓平
・道作氏(『日本プロ野球記録統計解析試案「Total Baseballのすすめ」』運営)インタビューほか



ご覧いただければわかる通りお馴染みのメンバーによるセイバー本ですね。
ちなみに今年のはじめに『セイバーメトリクス・リポート1』が発行されましたが、今回のマガジンはリポートの続きという位置づけではなく、リポートはリポートでまた発行される予定となっております。

リポートのほうはかなりゴリゴリのセイバー本というイメージですが、今回のマガジンのほうはやや時事ネタ的な性格が強く、比較的ライトにお読みいただける内容になると思います。価格も952円+税とお求めやすくなっております。
詳しいお求め方法につきましてはDELTA OFFICIAL WEB SITEをご覧下さい。


さて、内容について色々と紹介していきたいところですが、私もまだ全貌を詳しくは把握しておりません。
というわけで私蛭川が担当している部分についてだけざっと案内申し上げたいと思います。
今回の出版の性格もあり、私は分析というよりもセイバーメトリクスについて紹介してみなさんに知ってもらう係の役割を承っております。



「セイバーメトリクスの文脈」

このコラムでは、セイバーメトリクスの誕生から今日までの成長の歴史をサマライズしました。

日本でセイバーメトリクスが話題に上げられるとき、下手をすると「マネーボール」「ビル・ジェイムズ」このふたつのキーワードくらいで話が完結してしまいます。そしてその話がどこかでまた引用され、反論され、一人歩きしてひたすら繰り返されていると感じるときがあります。

しかし本来はセイバーメトリクスには相応の歴史があって、その内容にももっと豊かな広がりがあります。それを無視して「出塁率・バント・OPS」くらいの話にばかり目を向け、それが良いだの悪いだのと繰り返し議論をしても実は得るものは少ないです。

また、セイバーメトリクスには色々な指標やアイデアがありますが、雑多に乱立しているように見える指標やアイデアも、取り上げられるにはやはりそれなりの意義があります。それらの意味を関連付ける視点も重要です。

そういった問題意識を受け、セイバーメトリクスの歴史上提唱されてきたアイデアの全てを詳論することはもちろん無理ですが(セイバーメトリクス大全を作ることになってしまいますので)、せめて「セイバーメトリクスの世界には豊かな広がりがある」ことをざっくりとでも感覚として掴んでもらえれば、そしてそれがこれからより深くセイバーメトリクスを知っていく上でのガイドや目安になれば、という気持ちでセイバーメトリクスの歴史を簡単にまとめてみました。



「アメリカで入手できるデータ、日本で入手できるデータ」

このコラムもある意味では上に通じるのですが、セイバーメトリクスに関するアメリカの状況と日本の状況を対比させながら整理したコラムです。

特に日本ではそもそも分析に必要なデータが得られないという大問題がありまして、アドバンストなデータがあることによってどれだけ分析の視野が広がるかといったことについて述べています。

このあたりについての理解はアメリカの進んだ分析を知って知識を拡充するためにも重要なことですし、日本においてこれからどのようなデータを集めて分析を進化させていくべきかを考える上でもおおいにヒントになるものです。

こないだの岡田さんのコラムにも通じる内容ですが、アメリカのセイバーメトリクスがすげーすげーって言うやついるけど何がすげーんだよ、という疑問をお持ちの方にもいくらか参考になる内容なのではないかと思います。



というわけで私の担当部分について簡単に紹介しましたが、私の貢献はほんの一部であり、他に面白い内容が盛りだくさんと思いますのでそのあたりを踏まえて是非ご購入を検討いただければと思います。


Slugger 11月号

自分も寄稿したので宣伝になってしまうのですが、現在発売中のSlugger 11月号はマネーボール特集。映画化にあたって、ということのようです。

少なくとも私は単純に楽しんでしまいましたのでセイバーメトリクス好き、マネーボールファンにはオススメです。
そして何より、個人的にはやっぱりまだマネーボールを読んでいない人には是非読んでもらいたいな、ということを思ってしまいました。セイバーメトリクスにいくらか興味があるけど「みんながよくマネボがどうとか言うから、わざわざ金出して読まなくてもどういうもんかだいたい知ってるよ」なんてお考えの方がいたら、騙されたと思ってしっかり読んでみてください、と言いたいですね。こんな主張を繰り返しておりますが、マネーボールを安易に「古い」とか「極端」で片付ける知性を私は信用しません。


マネーボール特集の具体的なトピックは以下のもの。

・『マネーボール』の基本を知る~映画&小説~
・『マネーボール』登場人物の“その後”
・忘れられたセイバーメトリシャン-ボロス・マクラッケンの悲劇-
・マネーボール理論の再検証
・アスレチックスはなぜ勝てなくなったのか?

私は原作の意義や本質についてちょこっと書いております。
いずれも面白いのですが、ここで注目として挙げたいのはBaseball Prospectusの編集長が執筆したという「アスレチックスはなぜ勝てなくなったのか?」。限られた文字数で、物事の筋をストーリーとして追っているというよりは記述的に事実を並べているような語り口なのですが、そこから導き出される答えはわりあいにえげつない。セイバー好きとして考えさせられる論考です。

メジャーリーグの数理科学




打率、出塁率、打点、本塁打数、防御率、得点圏打率、盗塁成功率…新聞やテレビでよく報道されている野球の記録。中には数字が一人歩きしているものもよくある。実力だけでなく、まぐれも起こるのが野球。統計学者でもある著者は、データや記録がいかに正確でも、取り扱い方を間違えるとまことしやかに誤った結論が騙られてしまう危険性に警鐘を鳴らしている。野球に関するデータを独断で解釈しないよう、また数字だけが一人歩きしないよう、さらに偶然のいたずらを実力と混同しないよう、データの裏に潜む真実を探り出すには、どのような考え方が必要なのか。野球と統計学をつなぐさまざまなアイディアを吟味する統計学、データ分析理論の本。


紹介していなかったかもしれない、と急に思い立ち、紹介します。
これは統計学のプロによる野球(メジャーリーグ)を統計学的に分析した書籍です。

記述はまんま統計学的で、「統計学を使った野球の本」というよりは「野球を題材にした統計学の本」に近い気すらします。
訳書ということもありどうしてもやや読みにくい箇所があったりしますし内容が堅くテクニカルですからそういう意味では易しい本ではないかもしれません(しかも高い)が
テクニカルな分中身が濃く面白いのでセイバーメトリクスに興味がある方にはオススメです。

内容としてはいかに偶然に惑わされず統計データを扱うかや、指標・戦術をどのように評価するかなど方法論的な話が主で
特定の選手やチームのランク付けといったことを目的としている本ではありません。


章見出しは以下のような感じ。

第1章 卓上用野球ゲームから抽出したモデル
第2章 野球データの探索
第3章 確率の導入
第4章 状況による影響
第5章 調子の波の激しさ(もしくは好調)とは
第6章 打撃成績
第7章 1プレイごとの平均得点
第8章 得点算出のシミュレーションモデル
第9章 盗塁・犠牲バンド・敬遠と得点確率
第10章 勝負強さの評価
第11章 予測
第12章 最強チームが優勝したのか?
第13章 ゲーム後のコメント(まとめと復習)


ところで著者の片方であるJim AlbertはWeb上に『An Introduction to Sabermetrics』なんてものを書いています。


私としても「別に学者ぶりたいわけじゃなくて目安として使わせてもらってるだけだから」という開き直りのもとに数々やってしまっているであろう統計学的手法への"abuse"を、せめて減らそうという気持ちはもたなくてはと思い
最近また少しずつ数学・統計学を勉強しております。しかし大学の科目「統計学」で学んだことは役には立ってるけど本当に限られた説明だったんだなぁ(もちろん専攻でもない授業で入り口しか扱えないのはどの分野でもそうですけど……もっと扱いに注意が必要だってことぐらい教えてくれてもよかったのに)。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。