Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半世紀前に逆戻り?

半世紀前に逆戻り?「統一球」でGも虎も“重量級”貧打線!

 「実はこの年は2リーグ制以降、最も得点が入らなかったシーズン(1試合平均3・18点)。新しい統一球の影響で、今季の各チームの得点は、当時や1960年代に匹敵するような水準まで下がっています」

 そう指摘するのは、スポーツコンテンツ企業「データスタジアム」(東京都世田谷区)のシニアアナリスト、岡田友輔氏だ。同社はインターネットのプロ野球速報や、各球団のスカウティング部門に、詳細なデータの提供を行っている。

 飛ばない統一球は、日本球界に半世紀ぶりの貧打を呼び起こした。1試合の平均得点は全球団とも昨季よりダウン。4点以上取れているのはソフトバンクと西武のみで、大半は3点台。阪神、オリックス、楽天は2点台の貧打にあえいでいる。



打者のスタッツを見ると壊滅的。まさか統一球で(多分他の要因ではないと思う)こんなことになるとは正直思ってなかった。今までこの手の変化って言葉で騒いだほど実際には影響ないっていうのが多かった気がするので。

開幕前にBaseball Labに書いた順位予想のコメントで、巨人は予測の数値上攻撃力が抜けているけれども、(その時点では不確定だった)ボールの影響次第ではそのアドバンテージを失うかもしれないということを書きました。というのも、本塁打はその手の物理的な条件の影響を受けやすい上に、得点へのインパクトが大きいために数の増減がチームの戦績に与える影響も大きいためです。得点価値の観点から見れば、走力で優位を持つチームが「盗塁の成功率が下がる」ことによって失う利得よりも長打力で優位を持つチームが「本塁打率が下がる」ことによって失う利得のほうが遥かに大きい。

昨年巨人の得点率はリーグで阪神とともに抜き出ていましたが、出塁率は平均的。ということは出塁の内容(長打)で優位をとっていたわけで、その長打が消えるとそのまま得点力の優位性が消滅することになります。で、実際記事にあるとおり巨人の平均得点は激減しておりリーグ内でも下から2番目となっております(IsoPや本塁打率などの長打系スタッツは広島を別としてリーグ内で揃ってしまっています)。

もちろん巨人の相対的な位置付けに関してはボールの影響だけで語ることはできないでしょうが、数字を見る上で注意が必要というのは実際そうなようです。投手の側は、打者の論理の逆でフライボールピッチャーが例年より良い成績をおさめる傾向になるかもしれません。


スポンサーサイト

Albert or Albert

Albert Pujols or Albert Einstein? (FanGraphs)
アルバート・プホルスとアルバート・アインシュタインのどっちがすごい?

面白い。
セイバーメトリクスなのかどうかと言われるともはやわからないレベルではありますが、こういうことをこういうふうに書ける知性の柔らかさとセンスは羨ましいなぁ。
たまたま最近読んでいたからそう思うのでしょうが自由奔放さが『ヤバい経済学』っぽくもあり。
これをさらっと楽しめるならさすがに向こうのコミュニティは成熟しているなぁ、と思いきやさすがに怒る人もいるみたいですが……。

続きを読む »

2011 プロ野球オール写真選手名鑑

せっかく参加させていただいたので、機を逃さないうちに紹介を。

2011 プロ野球オール写真選手名鑑

上記の選手名鑑にコラムを書かせていただきました。お題は「セイバーメトリクスから見る期待大&要注意選手たち〈打者編&投手編〉」。打者編を私が、投手編をBaseball Lab等でお馴染みの岡田さんが執筆しています。
名鑑自体、過去5年のOPSが見れたりパークファクターのデータが載っていたりしてデータ好きにはなかなかありがたい仕様となっております。現在発売中です。


何かと思ったら


カブ改心!「DHもOK」…ソフトバンク (スポーツ報知)

アクセス解析が爆発していてなんだろうと思ったら、ヤフートピックスから内野手守備評価のページがリンクされていたらしい。
そんなに参考になるものは載せていないと思いますが……面白いもんですね。
一塁手の守備指標に関しては、極端な数字が出ている場合にのみランプをつけておけ、くらいの態度が現実的だと思います。
以前にまとめた感じだと、ここ数年は特に指標から名手という選手はいないように思います。もはやいないウッズが下手らしい、ということくらいで。
カブレラは去年Batting Runsのスコアがすごかったですよね。あれだと優先的に考えないわけにはいかないんだろうなぁ。


Baseball Labで守備特集企画が開始


Baseball Lab守備評価~Short Stop (Baseball Lab)

素晴らしい。
面白い面白くないとかの次元じゃなくて、これだけの解析がフリーで開示されているのに読まないとしたら単純にもったいないですよ。素直にそう思います。
本当にFielding Bibleのレベルじゃないですか、こりゃ。
私も参加してますが、morithyさんの掘り下げ方に比べれば自分のコラムのライトなこと(そのうち出ます)。

THTの2011Annualに書かれていた、守備の数値解析についてのDave Cameronの言葉「我々はまだパズルを解いていない」が色んな意味で重くのしかかります。

 | HOME |  »

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。