Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリー・ビーンGMインタビュー

備忘。


「金持ち球団が強い流れに戻っている」――『マネーボール』のビリー・ビーンGMインタビュー


――確かにポストシーズンのゲーム数は少ないですが、通算で見てもビリーさんがゼネラルマネージャーになった1997年以降のアスレチックスは11勝16敗とポストシーズンを負け越しています。そこではチャンスに強いといったようなセイバーメトリクスでは否定されてきたことが重要になっているのではないかとも思うのですが。

ビリー 公平な質問だとは思います。ただ、スポーツにせよ、ほかのビジネスにせよ、短期的な結果のみで断定的な考察をするのは違うのではないかというのが僕の意見です。

 一流企業であっても1年のうち数日間は商売が良くない日があるわけで、スポーツでもそういう日が長く続くとポストシーズンにはたどりつけないわけですね。ビジネスでもスポーツでも長期的に成功させようとするなら、先ほど言ったように、どんな運に見舞われようともインパクトを最小に食い止められるような位置取りをすることが肝心なんです。



マネーボール的な戦略と短期決戦についてはよくわからない誤解が多いですよね。
全体的にビリー・ビーンの答えは非常に常識的。

スポンサーサイト

映画「マネーボール」見てきました

ネタバレになるかと思いますので内容は追記で。


続きを読む »

マネー・ボール




今更ですがマネー・ボール
ちょっとマネー・ボールに絡めた感じの記事とか書きたいなと思ってきたのでまずそれ自体を紹介します。

『マネー・ボール』は野球をデータから客観的に分析(セイバーメトリクス)することを楽しむような人たちの会話には合言葉のように出て来る本のタイトルです。
「マネー・ボールに出て来る例の~」「マネー・ボールによると~」
なんていうふうに。
マネー・ボール自体は野球の統計的分析について詳しく書いてある本というわけではなく、あくまでノン・フィクションのドキュメント。
選手の総年俸が低いオークランド・アスレチックスが何故毎年勝てるのだ…?という疑問から出発して、球団フロントの革命的な手法を紹介しています。

その中に最近急速に普及しつつある(と思う)出塁率の重要性などが書かれているわけです。
出塁率は得点との関係が強い。打率なんかよりもずっと。
しかしこれまで伝統的に四球を選ぶ能力などは重視されず、出塁率の高さは過小評価を受けてきたのでそこに長所を持った本来優秀な選手をアスレチックスは安く買い叩くことができた。
ドラフトについてや投手の評価についてなども書かれています。
巷では結構論争になりがちな「盗塁やバントの否定」なども。

重要なことは、これまでの伝統的な価値観に流されず真実を追究するところにあるはず。
「真に重視すべきはなんだ?」「守備力とは本当に言われているほど重要か?」………
主観に惑わされないように客観的な資料を使い考えるところが素晴らしいのであって
結論がマネー・ボールの例の通りである必要は全くないと感じます。

というのも、どうも野球というスポーツはドラマを求められる傾向にあり、主観を排除しデータに拘るような方向性はアレルギー的な反応で嫌われることが多い気がするのです。
これまでの常識と合わないからといって毛嫌いするのはもったいない。
いわゆるファンはまだしも、球界にもなかなか受け入れられないようで。
しかし例えば球界全体がマネー・ボールにあるような事実を受け入れない状況であればあるほど
それを知っているものは有利になります。
先程もちょっと触れましたがアスレチックスのGMビリー・ビーンは、他球団が(実は)有益な選手を主観に基づいた判断で過小評価すればするほど安く買い叩くことができた。
逆に(実は)それほどでない選手を伝統的な視点に受けやすい要素で過大評価すればするほど、さして痛手にならないにも関わらず高く売りつけることができた。
そのようにデータで冷静に真実を見抜いて他よりも遥かに効率的に球団を運営する痛快な「出し抜き」感が描かれているのが面白かったりします。
(余談ですが、セイバーメトリシャンには的確な数値分析の類が広く認知されることを望む人が多いらしく自分も基本的にはそうですが、まだそんなに広まっていないという状況も少し面白いと感じます)

あと逆に、「信者」のようになる場合もあるみたいですね。
個人的には、マネー・ボールに書かれている例が唯一の「正解」ではないと思いますが…
よく言われるところですが結局のところ貧乏球団がなんとかプレーオフに出場するための戦略に過ぎなかったりもしますし。ある年のNPBのチーム別得点数・犠打数だけ見て「やはり犠打の多いチームは得点数が少ないので犠打はやるべきでない」と結論付けているウェブサイトを見たことがありますがそれもどうかなぁと思いますし。


どちらにせよマネー・ボールが野球好きにとって非常に刺激的な内容であることに間違いありません。
そう遠くないうちにこの本に書いてあるような考え方は日本球界にも広まっていくものと思われるので
読むなら早いうちに読んでおくと面白いかもしれません。
基本的にはドキュメントであって人間ドラマなど味わえるので数字に身構える必要はないです。



文庫


 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。