Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対照的なヤクルト・巨人

ヤクルトは改装された神宮の地の利を活かしたり、去年最下位のチームとしては正しいことをやってるように思いますね。
実績のあるチームがエンジン温めてる間にガンガン行っちゃえばいいんですよ。
経験がなく息切れする選手も出てくるでしょうけど、お構いなしに全力で。
 ルーキーの加藤は、そんなに球自体がすごいわけではなくとも打者が微妙に芯を外す感じでしたが、それが本人が持っている「何か」によるものなのか単純に巨人の各打者が仕上がっていないのか。
まぁ攻撃パーツはそれなりに揃えられていますし(実失点は2だが被XRでは4近い)少なくとも先日の内容だけでは特に「何か」を感じさせるものではなかったと思われますが。
どうも制球がアバウトになる部分で、プロでは四球選ばれた後にガツンと長打もらうような気がしてしまうんですよね。
スタミナがあるとはいえ打者あたりの球数もちょっと多いようで。
って、期待するが故ですが初登板に対して文句つけすぎですね。今後を楽しみに見たいと思います。

巨人3連敗。それだけで随分騒がれてるみたいで巨人ってすごいんだなぁと思いました。
「巨人はお金に任せた補強で戦力を偏らせすぎ、戦力の均衡を考えずプロ野球をつまらなくしている」っていう意見と「大砲を揃えるだけでは勝てない。走る、守るも大事。これが野球の面白いところ」って両方の意見が同じ人の口から出たりするのがちょっと不思議なんですが、まぁそれは置いておいて
 優勝した去年が80勝。今年は90勝と「高めに」目標を置いたとしても、144試合ですから54敗出来ます。
そのうち3つを現在消費したという、それだけの話ではないですかね。巨人とすれば。
あとの51を使い切る間に90の勝ち星を重ねればいいと。去年と同じ80勝でいいというならまだ61敗出来ます。
巨人のように実績のある面子で構成されたチームの場合、「開幕スタートダッシュで勢いを」だとか「早めにチームの“形”を作る」だとかそういったことにウエイトを置く必要はあまりないように思います。
要は144試合全体の中で、考えられる最大値を引き出すというだけのことですね。
それを見失って焦っている様子なら騒がれるのもわかりますが、無茶な投手起用もしていないし阿部を休ませたりしているし、当たり前のことを当たり前に見て当たり前にやっているように見えるのです。だから巨人に対しては何とも思えないっていうか。

逆に今のヤクルトみたいなチームだったら早めに全力を出し切るとか、相手チームがノロノロしているうちに弾みをつけるといったことを狙ってもいいと思うので
そういった意味では対照的で面白い開幕シリーズでした。
スポンサーサイト

ヤクルト6-3巨人

ヤクルト6-3巨人
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20080329-00000039-nks_fl-base

飯原、グライシンガーから盗塁成功。阿部の二塁送球タイム1.97でコントロール良かったけどセーフ。さすが去年の成功率.852男。
あぁ、昨日も中継の中で走っているシーンがあったから録画しておいて計ればよかったなぁ。
田中浩康を刺したシーンは既にテレビ中継終わった後。
果敢に走ってますね。

<ヤクルト>石川が2年ぶり開幕戦白星、巨人を降す

<ヤクルト>石川が2年ぶり開幕戦白星、巨人を降す
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20080328-00000130-mai-base

ヤクルト打線、食らいついていったり鋭く振ったりと結構良い感じに見えましたね。
巨人は、別に、というか、グラウンドのコンディションも悪く不運だった感は否めないですね。
まぁ高橋尚は去年の被BABIP・HoldRateはやや出来すぎの感があり、点を与えないためには四球を出さずに墨を突いていくことが必要であるはずなのに四球を出してしまったということで。
 坂本もちょっと可哀想だったというか、最後の見逃し三振はボールに見えたんですけど、どちらにせよ一軍の試合でも結構球を見ていける選手なんだなと思いました。何故ここまで騒がれているのかはよくわかりませんが。
越智をロングリリーフに使うあたり、開幕だからといってムキにならず巨人ベンチは冷静でしたね。

0.76

ダルビッシュのここまでの被XRです。
一試合投げきる分、27アウトに換算すると単純に1/2ですから0.38ですね。
これじゃぁ実際点が取れてないのもしょうがない。
一体最終的な防御率がどうなるのか…

セも開幕しますね。
順当に行けばまず巨人が1位だと思いますが、阪神とかヤクルトとかがどういう戦いをするのかが気になります。

大場、完封は立派

メジャーとのプレシーズンゲームの放送とかを見ていると、セイバーメトリクス的な戦略・戦術というのは
「既にメジャーはそういうことになっているらしい」という流れで、統計分析の根拠以前に表面上の形からなんとな~く浸透していきそうな感じがしなくもないですね。
前例というか既成事実があるかないかって日本人にとっては大きそうですし。
 にしてもやっぱマネー・ボール読んでおいて普段メジャーを見ない自分からするとアスレチックスが試合やってるの見るとなんかワクワクします。


さて、大場はすごいことをやってのけましたね。
最後まで0点で投げきったという形ももちろんですが無四球というところが気に入ります。
安打はそれなりに打たれているし三振をすごく取れているわけでもないので四球をいくつか出してしまえば失点していたと思うんですけど。
逆に言えばある程度当てられようがそうそう上手くヒットになるもんでもなく、余計な四球を出さなければ失点は最小限に抑えられるというお手本みたいな、ベテランらしくすらあるピッチングですね。
長谷部がいない分大場に楽しませてもらいましょう。


あぁ、そうだ、掛布氏がやたら「下位打線の厚み」を重要視している気がするのですが、個人的にはそこを重視する(例えばある優秀打者を上位ではなく“あえて”下位に置く)のは意味がないというか因果関係の取り違えだと思います。
確かに巨人や、2003年とかすごかった時の阪神も下位打線が打てましたが、それは上位に良い打者を置くという原則の上でさらに下位に置かれる選手も打てるくらい層が厚いから強いのであって上位を犠牲にするような形をとって下位打線を強化してもしょうがないのでは。
もちろん色々なことを考えて言っているのでしょうが原則的にはなんか変に感じます。

アスレチックス日本上陸

東京ドームの巨人×アスレチックスのテレビ放送で、マネー・ボール的な部分が少し紹介されていました。
『アスレチックスの戦略』という感じで括ったVTRで、「出塁率を重視」とか「バントや盗塁をしない」「投手は本塁打を打たせないことを重視」みたいなことを流して。試合中もちょくちょくとその辺の話題。
まぁ紹介している特徴はその通りですが、その根拠として統計分析が背後にあるということを特に言っていなかった感じなので
お金がないチームなので他と違うことをやってみている、というだけの伝わり方になっていなかったですかねぇ。
中畑氏も前向きにコメントしたものの「徹底するとチームが一丸となれていい」ということを言っているように聞こえたんですが。…なんか表面しか話が伝わってないぞ。
まぁいきなり統計データとか持ち出して「どうだバントは非効率的だぞ」なんて見せるのも難しいでしょうからあれでいいんでしょうけど。
 観戦中のビリー・ビーンも映っていましたね。穏やかな顔で見ていたので、マネー・ボールのイメージで見るとちょっと変な感じもしましたが(笑)

パはちらちら見て、やはりロッテとソフトバンクが自力を見せそうな印象。それにしても今の野球って、リリーフが大事ですね。

二岡2番

二岡2番 貧打解消の起爆剤だ…原監督決めた開幕オーダー
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20080322-OHT1T00079.htm

谷にこだわらないという意味では良い選択のように思われます。
打率では高評価をされますが本来完全な固定レギュラーではなく流動的に使いたい選手ですからね(昨年の後半のように、安打が出なくなれば見た目の通り貢献がガクっと落ちるので代えるべき。まして守備に不安)。
ただ代わりの2番が二岡というのはなんだか微妙な表情にさせられます。
僕は二岡の打率と本塁打率を結構買っていますが、特別問題視するほどではないものの本塁打を除く長打や四球が少なく総合的な価値で高く見れる打者ではないので、あえてあの打線の中で2番に置くべきだとは思いません。
 1番高橋由 2番小笠原 なんてなればすごいだろうなぁ…

3/16オープン戦テレビ観戦with計測

巨人対阪神、テレビで試合の模様を流していたのを録画しといたので、ストップウォッチで測りながら見てみました。


・一塁到達タイム

赤星 3.97
平野 3.74 ※セーフティバント&ヘッドスライディング
葛城 4.26,4.17
新井 4.21
脇谷 3.99
坂本 4.35
円谷 4.12

バットとボールが触れた瞬間からベースに触れる瞬間まで
ある程度全力疾走に見えるもののみを計測しています。
右打者と左打者は平等でないのでご注意を。


・捕手二塁送球タイム

星  1.90
矢野 2.07

投球の捕球からベースカバー野手の捕球まで。
星は平野を刺したシーンのもの。赤星も走ったらしいんですがどうも放送ではカットされていた様子。
1.90のシーンでは捕ってからが早かったんですがコントロールが悪く、走者にタッチまでの時間にすると2.27。
なんか新井が阪神で試合出てても違和感ないなぁ。

中田は二軍

中田翔は二軍行きらしい。
残念な部分もあるのかもしれませんけど焦るよりいいですね。
マスコミからすれば、良いなら盛り上げるだけ盛り上げて乗っかり、ダメなら盛り上げた分だけ効果的に落とせるどっちに転んでもおいしいような対象、そのターゲットになっている様子がちょっと可哀想なのでゆっくりさせてあげたほうが。

あと亀井が当たっている様子で嬉しいのですが
うーん、巨人の中で目立つと言うにはまだ長打率が欲しいような気が(.459)。
バッティングの姿勢は見るからに変わってますねぇ。

結局のところ

パウエルの問題にはどう感想を言っていいものか。
問題から今の結論までさっさと繋がれてれば「あ…そうなんだ」くらいかもしれないけれどここに至るまでの迷走が激しかった。

にしてもオリックスは、この結果を受けて新たな外国人投手獲得に動くのでしょうが
リーグ平均程度の防御率でもガンガンイニング数投げてくれる投手を獲れれば結構面白いような気が。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。