Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き

この前の記事(捕手の守備を数値化)の続き。
最近前提となる説明はすっとばしちゃってよくないなと思うんですが、これらはあくまで数値的に表れている部分を詳細に詰めてみようって試みであって数字に全て表れると言いたいとか「数字に表れない活躍」を無視するとかの話じゃありませんので。
実際にプレーを見るのに合わせてデータを見るときに、一次的に用意されたデータをなんとなく見るのか・データにどういう意味があるのかを詰めて見るのか、の違いです。
まぁ優れた方の解析には「“数字に表れない”範囲は想像よりもっと狭いんじゃないのか」が大いに含まれてくるとは思いますが。


今回は前回載せた得失点をRuns Per Win(勝利数を増やすのに必要な点数)式(※1)により勝敗に変換したもの。
一試合に両チーム合わせて10点が記録されるリーグと5点しか記録されないリーグでは同じ「1点」でも価値が違いますが
勝利はある意味リーグをまたいでも比較させられる普遍的価値で、選手の持つWINは試合における支配力を如実に表すことになります。
以下の数字は簡単に言えば「該当チームの捕手がその年・そのリーグの平均的な捕手に比べて守備で何勝の利得をもたらしたか」というもの。

セ・リーグ2005 2006 2007 Total
中 日0.97 1.65 0.06 2.69
阪 神0.27 0.16 0.56 0.99
広 島0.75 -0.96 0.63 0.42
巨 人0.00 -0.39 0.12 -0.27
横 浜-0.74 1.03 -0.64 -0.36
ヤクルト-1.25 -1.50 -0.73 -3.47


パ・リーグ2005 2006 2007 Total
オリックス0.83 0.95 0.55 2.33
ロッテ-0.24 0.44 0.91 1.10
西 武-1.02 0.23 1.67 0.88
日本ハム0.39 -0.96 -0.11 -0.67
ソフトバンク0.87 -0.04 -2.14 -1.31
楽 天-0.84 -0.62 -0.89 -2.34


ピンク色で強調されているのはその球団の捕手がゴールデングラブを獲ったという意味で、Totalは単純に3年間のWINの合計です。
数字のスケールが小さいと感じられるかもしれませんが、リーグでかなりの強打者と認められる選手でも打撃で平均的な打者に比べて稼ぎ出すWINは3ぐらいだったりするので(つまり3とか行けばかなりすごい)数字に表れる守備だけで1を超えるとかはそれなりの影響力だと思います。
それでもやはりこの解析においては優れた捕手による利益は優れた投手や打者によるそれと比べると小さそうには見えますが。
この評価による最優秀球団とゴールデングラブの評価が一致しているのは2006年のセと2005年のパだけ。
まぁ、簡単な打球でもたまたま飛んでくる数が多ければ上がってしまう数字ですし主観評価がアテになるかがどうであれ不思議は無いのですが
この中で最高の傑出を記録している2007年の細川(西武)が獲れなかったのはちょっと残念な気もします(ソフトバンクのごたごたや楽天・嶋の起用によってたまたま底辺が下がったシーズンだったという感じもしなくはないですが)。

球団ごとに追った感じとしては中日・阪神の安定感とオリックス優良説。
広島はずっと石原と倉を半分ずつくらい使っていますが、このような評価法であまり二人の差は出ないようです。
ただ、そもそも前回やった手順で各プレーの得点的価値(重み付け)の部分がやっぱり微妙なんですよねぇ。一番肝心なわりに。
盗塁刺はもっと守備側利得が大きいような、捕逸はマイナスを大きくしすぎたような。
あとおそらく他人から見れば激しく蛇足であると思われる「リード」項もやっぱり外すべきか。


※1
Runs Per Win = 10 * SQRT(総得失点/総イニング)


スポンサーサイト

横浜の打線について

巨人の怪我人がどうのこうのとかいうよりある意味こっちのほうが気になる横浜の勝率(3割未満)ですが
得点力が高くなく、そして何より点を取られすぎると言われますね。
試合あたり得点(6/22まで)は以下の通りで

チーム試合得点 試合あたり得点
阪 神66 273 4.14
中 日67 249 3.72
巨 人68 250 3.68
ヤクルト63 226 3.59
横 浜64 226 3.53
広 島63 221 3.51


確かに低いほう。んで失点率は

チーム投球回失点 失点率
阪 神588 218 3.33
中 日596 226 3.41
ヤクルト559 238 3.83
巨 人608 265 3.92
広 島559 250 4.03
横 浜554 317 5.15


悲惨ですね。
上位から比べれば1試合2点近く多く取られるし、なんと5位と比べても1点多く取られるんですから。
結果からすると攻撃力も防御力も低いというのが妥当っぽいしそんな感じで僕も思ってきましたが
横浜打線は横浜投手陣と対戦していないっていうのも忘れちゃいけないんですよねぇ。
例えば横浜の投手陣の失点率がもっと良い場合を仮定すると
横浜以外のチームの打撃成績が下がるので横浜の得点率順位(相対評価)は向上するはずですので。

そこで、ちょっと乱暴な計算ですが仮想的に自軍投手陣と対戦させ得点率を補正すると
(自軍打線の得点率×自軍投手陣の失点の多さ、を一球団との対戦分として得点数に加える)

チーム補正得点率
阪 神4.03
横 浜3.71
巨 人3.68
中 日3.63
ヤクルト3.57
広 島3.52


むしろ高いほうと出たり。
大雑把で数値的な試みにすぎないと言えばそうですが、得点力自体は悪くはないんじゃないかなぁとか思ってます。
そう思うとある程度有望な野手を削ってでも投手を取りに行くっていうのは妥当というか、やらなきゃいけない選択でしょうね。

ふーむ

福留の出塁率が4割を超えています。
なんだかんだでもう300打席以上になりますんで、よっぽど調子落とさない限り最終的にもそれなりの数字になりそう。
ゾーンレイティングの評価も良いし、こりゃ球団も満足してるんじゃないでしょうかねぇ。
長打率は.431でそこそこって感じですが、本塁打が減るのはまぁわかるとして二塁打の割合が少ないような?と思ったけど気にするほどでもないですね。

捕手の守備を数値化

近年の捕手の守備貢献を見てみたかったので
日本プロ野球記録統計解析試案捕手守備指標(試案)を参考に(パクりとも言う)守備成績からの得失点化を試みてみました。
道作さんの深い考察を理解出来ている自信はありませんし独自のやり方が全体に入っておりますのでご注意を。


計算の大まかな内容は以下の通り。

1.自軍盗塁成績による格差が大きいため補正
2.盗塁阻止の評価。許盗塁ひとつにつき0.18のマイナス、盗塁刺ひとつにつき0.32のプラス。
3.盗塁企図の阻止(ホールド)の評価。リーグ平均に比べて被盗塁企図の少なさ1につき0.03をプラス。
4.補殺、刺殺評価。盗塁刺を除く補殺・奪三振を除く刺殺それぞれリーグ平均をひとつ上回るごとに0.47のプラス。
5.捕逸評価。ひとつにつき0.42のマイナス。暴投は評価することを回避。
6.失策評価。捕手においては捕逸と同様「招いてしまった損失」と解釈し、0.47のマイナス。
7.リード評価。現状投手要素との切り離しが出来ず評価不能ですが、素通りするのも忍びなく、自軍打撃力補正をした失点数の優劣の1%を責任として負担することにしました。これは単なる好みです。まぁ大した影響にはならないのでお許しを。どうしても邪魔な場合無視してみて下さい。
8.最後に全部を合計してリーグの平均に比べて守備で何点の利得をもたらしたかを求める。

注意点は色々ありますが
レンジファクターと同じように偶然の影響をもろに受けるって点が一番なのではないかと思います。
捕手の守備機会というとバント処理や本塁クロスプレー、捕飛なんかですが
多分、偶然の巡り合わせ・打球分布によって相当の影響を受けるのではないでしょうか。
刺殺(捕飛等で得る直接アウト)の項目など偏差が大きく最終結果に占める重要度が高いですが
球場によってファウルゾーンの広さがまちまちですし、そういう影響もありそうです。
なので結果的に実力の表れとみなせるかがかなり微妙なのですが
まぁ出来高評価ということで。
また、評価は全てリーグ平均に対する相対値なので異なるリーグ・年度の比較には使えません。

そんなこんなを踏まえた上で、2005~2007年について。
個人守備イニングのデータが手に入らないことや捕手ごとの奪三振数がわからないことから算出は全てチーム単位です。

2007セ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
広 島-0.84 -0.64 0.69 8.16 0.50 -1.24 -0.56 6.07
阪 神-0.60 -0.22 2.60 2.39 -0.32 1.13 0.44 5.41
巨 人0.69 0.39 3.37 -3.27 0.10 -0.28 0.19 1.19
中 日3.15 0.33 -3.69 -0.30 -0.76 1.58 0.30 0.61
横 浜-2.17 -0.36 0.18 -3.78 0.88 -0.82 -0.16 -6.24
ヤクルト-0.23 0.50 -3.15 -3.19 -0.40 -0.36 -0.21 -7.03
2006セ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
中 日2.36 0.62 4.44 4.96 0.40 2.32 0.68 15.77
横 浜-1.34 -0.45 2.82 7.36 1.17 0.84 -0.54 9.86
阪 神1.75 0.41 0.59 -0.88 -0.48 -0.53 0.70 1.56
巨 人2.94 -0.32 1.39 -8.17 -0.51 0.84 0.08 -3.75
広 島-1.27 -0.06 -4.81 -1.06 -0.51 -1.05 -0.38 -9.15
ヤクルト-4.43 -0.20 -4.42 -2.21 -0.07 -2.43 -0.53 -14.29
2005セ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
中 日0.76 0.25 1.55 5.21 0.06 1.79 0.08 9.69
広 島2.86 -0.05 5.26 2.14 -2.07 0.36 -1.07 7.44
阪 神2.27 -0.13 -0.42 -0.06 -0.72 0.91 0.78 2.64
巨 人-2.11 -0.15 0.00 4.66 1.74 -3.37 -0.73 0.04
横 浜-1.13 -0.17 -2.85 -3.17 0.94 -1.46 0.44 -7.40
ヤクルト-2.65 0.25 -3.54 -8.79 0.04 1.78 0.49 -12.41
2007パ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
西 武3.49 0.27 -0.92 10.92 0.24 1.82 -0.19 15.63
ロッテ1.53 0.68 -2.07 6.20 2.83 -0.89 0.20 8.48
オリックス0.58 0.34 2.94 -0.66 0.70 1.42 -0.14 5.18
日本ハム0.16 0.65 -0.62 -4.45 0.71 1.89 0.67 -0.99
楽 天1.14 -1.26 6.56 -7.97 -4.37 -1.45 -0.97 -8.30
ソフトバンク-6.91 -0.68 -5.88 -4.05 -0.12 -2.79 0.43 -20.01
2006パ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
オリックス4.37 0.48 2.73 -0.52 0.96 1.07 -0.13 8.96
ロッテ1.24 0.51 -2.72 6.48 0.97 -2.21 -0.10 4.17
西 武2.81 0.12 0.72 0.56 -1.95 0.18 -0.29 2.15
ソフトバンク-2.07 0.03 3.89 -2.69 -0.27 0.17 0.57 -0.37
楽 天-4.94 -0.89 -2.57 1.68 0.56 1.09 -0.76 -5.82
日本ハム-1.41 -0.25 -2.05 -5.50 -0.27 -0.30 0.71 -9.08
2005パ盗塁阻止ホールド 補殺刺殺捕逸失策 リード合計
ソフトバンク2.61 0.17 -2.14 6.48 1.28 -0.45 0.75 8.68
オリックス2.19 0.09 4.16 3.37 -0.84 -0.94 0.27 8.31
日本ハム-1.20 -0.15 -2.22 6.96 -0.40 0.96 -0.01 3.93
ロッテ1.79 0.66 -4.45 -2.63 0.88 0.51 0.82 -2.43
楽 天-3.02 -1.01 2.52 -6.03 0.79 -0.05 -1.56 -8.36
西 武-2.36 0.25 2.13 -8.15 -1.70 -0.03 -0.26 -10.13


色々計算したから間違いがないか、テーブルがちゃんと表示されてるか自信ないですが、感想としては
セは古田の去り際であるということ以外この3年間であまり面子に変化はないのですが
広島の変化(+7.44 -9.15 +6.07)や横浜の変化(-7.40 +9.86 -6.24)を見るとなんとも言えない。
中日がよくて、阪神や巨人は安定している感じがします。
2005、2006の中日みたいにマイナスの項が全くないってなると多分優秀なんだろうなと思えていいんですけど全体的には難しいですね。
パはやや面子が安定しません。2005までは城島がいたソフトバンクは1位からマイナスに転落。
西武は細川の盗塁阻止能力が確実に効いているようです。
オリックスは3年連続で上位。地味に良いのか。

打撃とトータルでどうかも気になるので2007についてだけ計算してみました。

2007セ守備打撃 総合
巨 人1.19 25.49 26.68
阪 神5.41 -2.64 2.77
広 島6.07 -8.37 -2.30
横 浜-6.24 1.13 -5.11
中 日0.61 -10.85 -10.25
ヤクルト-7.03 -4.75 -11.79
2007パ守備打撃 総合
ロッテ8.48 24.50 32.98
西 武15.63 4.79 20.43
日本ハム-0.99 3.06 2.07
オリックス5.18 -6.25 -1.07
楽 天-8.30 -18.62 -26.93
ソフトバンク-20.01 -7.48 -27.48


打撃の評価は、リーグの平均的な捕手でゼロになるよう補正したBatting Runs。
この適用方法が正しいかどうかはまた詳しく考えるとして、ざっと見るとロッテの傑出がすごいですね。
セでは巨人(ほぼ阿部)が断トツ。

パッと見でわかりやすい

横浜がまた動きましたね。
とりあえずこの先どうでるかは置いておくとしても、チームが現実に勝てていない状態で「なんとかしよう」って動きを見せていくのはポジティブな要素なんじゃないでしょうか(昨オフにも積極的に外国人を補強しましたね)。

で、石井←→小池。
相対的に野手が補強ポイントであるチームが投手を出して、投手が補強ポイントであるチームが野手を出して
そのカードも「最近機会がないがそれなりに一軍で働いた実績がある」ことでトレードに出すにはよきところ。
この形はわかりやすい。
横浜はチーム打率がそこそこでも得点力は低いほう。それでも防御率の崩壊っぷりに比べたら、多少有望な野手を出してでもってのは当然の選択だと思います。

犠打で見送った期待値

チーム総犠打数が多いとなんだかセイバーメトリクス的には損をしている感じがしてしまいますが
投手だとか特定の打てない打者ばかりが犠打をしている場合には見た目ほどの総得点の毀損は生まれていないだろう、ということで
なんか計算してみました。

XR/打席×犠打 要するに犠打をしなかった場合に期待される得点創出を各打者算出しチームごとに合計。
打てる打者に多く犠打をさせたときに大きく出る数字で、この数字が大きいチームはあえて期待値を捨ててるというかなんというか。
細かくはあまり意義のなさそうな数字なのでとりあえずセ・リーグだけ。

犠打で見送った期待値

金本・山崎

金本が15年連続二桁本塁打を達成したということで、お祝い込みで。

年齢 打率 本塁打 打点 長打率 出塁率
金本 知憲 40歳 .339 10 49 .573 .421
山崎 武司 39歳 .305 10 35 .505 .432


例外と言ってしまうのは簡単ですが、この年齢でこんなに打つとは。
代打でよくやっているとか、いぶし銀の単打量産で地味に貢献しているとかそんなんじゃなく、全体の打撃のリーダーになっちゃってますからね。
選手寿命の捉え方を改めないといけないような気もしてくる。
うーん、すごいですね。

巨人 ラミレスのソロ守る 日本ハムはダルを援護できず

○巨人1-0日本ハム●(交流戦、11日)

 巨人がラミレスのソロ本塁打で挙げた1点を守り抜き、日本ハム戦3連勝。勝率を5割に戻した。六回2死からラミレスが12試合ぶりの右越えソロを放ち、継投で逃げ切った。野間口が5月4日以来の2勝目。日本ハムは2併殺など拙攻でダルビッシュを援護できず零封負け。


さすがに可哀想としか。もちろんダルビッシュ。
時たま思うのですがダルビッシュが日ハムに所属していることは優秀な守備陣に助けられて得なのか、リーグ最小得点打線と対戦できなくて損なのか。

あれだけバントやらスクイズやら重盗やらやって結局得点はソロの1点だけっていうのもなんか皮肉っぽくて面白い。
難しい場面にも関わらずバントさせて、失敗すると「基本的なことをやらなきゃ!」って言うのはちょっとコントを見せられているような気分になります。
コントというか、その一連の流れが「伝統」である感じ。

クルーンの防御率は1.57ですか。なんか危なっかしいってイメージがついてますけど取られた点の数自体は優秀ですね。

いまいちわからない

巨人は鶴岡を選んだんですね。トレードに出る捕手としては十分魅力を持っていると思いますが今の巨人なら内野手とかもっと必要なポジションがあるのではというのがトレードの報道を見て最初の感想。
楽天の野村監督なんて前々から真田を欲しがっていましたし……でもさすがに山下とかはないかな。まぁ、もうちょっと別の買い物ができたんじゃってのがまず。
ただオリンピック対策プラス、阿部のFAがあるとするならわかるかも。
横浜としては二匹目の寺原と言ってはなんですが長期的に希望が持てて良さそうですね。
今回はまたちょっと違う感じがしますけど
この前シーズン中のトレード期限が伸びたことで、うまくいってないチームは上位争いしているチームの足元見て即戦力ベテランを売りつけて将来使える有望株を獲得って図式が出てくるんじゃないでしょうか。


それはまぁ両選手のこれからの活躍が楽しみ、として
原監督の坂本上位起用がどうも理解できない。
この前、OPSを見るにそろそろ打順を落とす頃かな、と思ったときに8番だか打っていたのでやっぱりかと感じたのですがまた上位(1番昇格)ですからね。
様々な研究から打順というファクターは得点にそれほどの影響を与えないことが予想されていますが
上位に出塁率の高い集団を集めるってことはさすがに優先したいのと、現在の巨人のように特定の選手(=ラミレス)の長打率に頼っている状態ではなるべくその前に走者を溜める状況を作りたいだろうと思われるので
主な選手のうち出塁率が最低の坂本が1番っていうのはなんだかよくわからない。
隠善や古城でも大して変わらない(現時点では判断できない)といってしまえばそうなのかもしれませんが谷1番はダメなんですかねぇ。

楽天の守備は良くなっているのか

球団創設以来DER(インフィールド打球をアウトにする確率)が非常に低く、守備能力が懸念される楽天。
今シーズンここまでどうなってるのかちょっと見てみました。

DERをちょっと見方変えて以下の式を適用。

(安打-本塁打+失策)/(イニング×3-三振)

野手の獲得アウト毎の野手関与(可能性があった)防衛失敗数。
打撃結果以外のアウトも直接的に反映されることを除けば、DERとは機会で見るかアウトで見るかの違いだけ、だと思います。
なんでわざわざこっちにするかっていうと得点化とかやりやすそうなので。
得点化の係数は単打・二塁打・三塁打の内訳がわからないのでインフィールドヒット一律0.54、失策0.47を適用。
その後野手が獲得しなければならないアウト数あたりに換算。
投手でいうところの防御率や打撃指標でのRC27みたいになりますね。

まずは去年(2007)の結果から

DRA2007パ


一応呼称を決めなければならないけど横文字はわかりにくいかもと思って日本語で頑張ったらなんか堅苦しくなりましたかね。
【防衛数】が、そのチームが一年間平均的な投手陣の後ろを守った場合に平均的な守備陣が守るのに比べてセーブする許出塁数。数が多いほど優秀で、この場合の日ハムなら普通の守備陣と比べて186被出塁を減らすということ。
【防衛利得】はそれを得点換算したもの。
【実影響】は自軍投手陣の奪三振率を考慮したもの。ほとんど防衛利得と変わらないですが、例えば楽天とソフトバンクは奪三振率が高いので守備の影響が小さくなっています。
これらはあくまでもこの年の平均に対してのって値です。

で、楽天は平均に比べて100点、日ハムに比べて200点ぐらい劣ってたわけですね(あんまり計算してないんですがこんなに差が出るシーズンって他にあるんでしょうか?)
これが運なのか球場特性によるものなのか投手の特性によるものなのか守備能力の違いなのかはっきりしないという問題はありますが
この部分で差がついていたこと自体は間違いないわけです。
それで今年は…

DRA2008途中パ


成績は6/3時点。
なんとプラスになっている。
正直なところ、これを素直に全部守備能力の向上のおかげだとか思えはしないのですが
失策も少ないしとにかく楽天にとって昨年まで大きなマイナスだった部分が埋まっていることは確かです。
去年の時点でDIPSならすごく悪いわけじゃなかったし攻撃力は良いほうだったので
今年一番変わったのはこの辺なんじゃないかと思うんですよね。
これが運じゃなければもう「強いチーム」なんじゃないかという気すらしますが、シーズン終わるときにどうなってるか。

中田翔の打撃成績

6/4時点のイースタン規定打席到達中のOPS(得点との関係が強い総合打撃指標)トップテン。
頑張っているって言えるでしょうね。
聖澤(楽天)とかの良さもだいぶ気になりますが。

6/4イースタン打撃成績

ふと

阪神勢のBABIP、高いですね。

セ・リーグ規定打席到達者BABIP

西武ドーム

ここまでは1.667ですか。西武ドームの本塁打パークファクター。
見るからにボールがよく飛んでいる気がするのですが
ちょっと不思議なのは「本塁打:被本塁打」の比率。
西武打線が打った本塁打/西武投手陣が打たれた本塁打 は以下の通りです。

西武ドーム……51/14 = 3.6429
ロード…………25/14 = 1.7857

西武ドームで本塁打も被本塁打も増えるんならわかるんですけど、「被本塁打は変わらず自軍の本塁打だけ倍増」なんてそんな素晴らしいことって。
パークファクター+○○なんでしょうけど、○○はなんなんでしょ。偶然なのかどうなのか。
西武打線がパークファクター特性に特化した打ち方をしていて自軍だけ恩恵をフル活用している、なんてこととか頭をよぎってしまいますが
まだ深く考えるには早いんでしょう。

あと気になるのは選手の体感は騙されるものなのか。
西武ドームで105打数10本、他球場では105打数2本の某打者が「掴んだ」的な発言をしていましたが実際どうなんでしょうね。

ワンテンポ遅れて

触れておきましょう。この前の巨人矢野の盗塁失敗。
場面は

・9回裏2点ビハインド
・ツーアウト
・一塁に矢野
・打者:隠善、投手:小山(楽天)

ここで走ってアウトになっちゃったわけですね。
色々言われているようですが、個人的には単純にあの場面が「リスクあり・リターンなし」だったようにしか思えないのが気になります。
(だから100%じゃないと云々とかになるんでしょうね)
2点差ですから。盗塁成功したところで2点以上奪う確率にほとんど変動がないのに対して失敗ならゲームセットという状況。
走ってもアウトになる危険を冒すだけなのだから走らないほうがいいと考えます。
球場は本塁打の出やすい東京ドーム、今シーズン小山も恐ろしいほどの投球はしていないでしょう。
打者隠善はこの日1安打3三振。
単純に本塁打の確率の分は試合を振り出しに戻せる可能性があったわけで、出塁率・打率ベースで考えても1%以上は同点の可能性があったんじゃ。

とはいっても多分そんなもんですからね。
矢野が走ったのは巨人がどうせ負けていただろう場面だし、あの盗塁失敗が敗因でもなんでもない。勝敗という観点から言えば取るに足らない出来事。
ただ勝敗への影響が微少だったからといって選択がおかしいことが気にならないかっていうと、その言い方もちょっと違和感があるという話で。
盗塁すると勢いがつくだとかっていう効果がどれほどのものかわかりませんが、個人的にはおかしいなぁという感想ですね。
まぁ、ただそれだけ。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。