Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応更新

Naranjaさんの出されたデータはすごいのですけど、今シーズンは本当に試合を見れてなくてセイバー的活動も出来てなくて残念です。さすがにデータだけ見てもそれ自体がそう面白くはない。
やりたいこととしては、教養としてのプログラミングの勉強も兼ねて打線シミュレータをリニューアルしてまた遊んでみたいなぁと少し思っているんですけどね。
しかし野球って時間かかるなと改めて思っちゃいますね。


スポンサーサイト

結果と能力について

もたらされた結果と真の能力

どうも最近時間がとれないけどあんまり空くと嫌なのでなんとか更新。
こういう内容ってわかっているようでいてわかっていないというか、整理しておかなければならないと思うので考えてみました。
もっと上手く書きたかったけどまぁ現時点でこれだけの能力しか持ち合わせていないのでしゃーないです。
サイトを更新するときいつもここで言い訳を書いている気がしますが、それもしゃーないです。世の中言い訳できないことが多いので、趣味のサイトでぐらいは。


統合的な打率

MLB方面ではライナーウエイツでアウトをゼロとして係数を補正し出塁率にスケールを合わせたレートスタッツとして利用するwOBAっつーやつがありますけども(説明雑すぎるか。まぁ前にも書いたので)
NPBの場合スケールを補正しないままで打率みたいになるし、係数もわりかしざっくりでも得点との相関は出るわけで

(0.7×単打+1×二塁打+1.3×三塁打+1.7×本塁打+0.6×四死球)÷(打数+四死球)

ぐらいでも四死球を加えてそれぞれに重みを与えた打率にはなるなーとなんとなく。
まぁこの手の指標はだいたい「なんだかんだでOPS」に終着する感もありますが
やっぱりBatting Runsに変換できると便利。

そういえば最近ノーマークだったBTで『1から始めるセイバーメトリクス講座 第1回「OPSとは?」』なんて内容が載ってたみたいですね。ちょっと気になるから買えばよかった。


暑いですね

内川はここまで打率.300ですか。BABIPが.303で、昨年と比べきれいにBABIPの分打率が落ちているような感じ。OPSは高くて問題ないですけどね。
やはりBABIPは運が大きい魔物のようなものか。
ここまで大活躍の坂本の成績ですらBABIPが去年程度だとすると打率は3割未満で出塁率は例年基準で平均を割ります(これは、だからといってここまで坂本が残した貢献の価値になんら影響を与えないことは言うまでもありませんが)。
シーズン終了時点で坂本と鳥谷のOPSがどうなってるか興味あるなぁ。


BA.500

何気にスタッツ見たら楽天の草野が64打数32安打なんてやっていたんですね。すごい。
渡辺直人の出塁率.450もさすがだし、やっぱり何か楽天は自分にとって魅力的な選手が多いです。
横川や聖澤あたりもなんとなく、やってくれそうな気が。
もっと試合を見たいなぁ。


タイムリー欠乏症

連休中くらいは、こういうの当日に反応するくらいの勢いを持ちたいとも思うのですが、まぁしょうがない。


楽天、タイムリー欠乏症“再発”で連勝ストップ

 (パ・リーグ、西武8-3楽天、4回戦、西武3勝1敗、4日、西武ドーム)首位を快走する楽天は西武と対戦。好調なチームの波に乗っていきたい先発の川井だったが初回にいきなり3本の長打を含む4安打を許し4点を失うなど三回途中5失点でKO。試合も8-3で敗れ連勝は5でストップした。

 前回、3年ぶりに1軍の先発マウンドに上がり、4失点で黒星ながらも自責点0と首脳陣に一定の評価を得ていた川井だったが初回、制球に苦しみストライクを取りにいったところを西武打線に痛打されあっさりと4点を献上してしまうと三回、味方が5安打を集中し2点を返した直後には中島に2号ソロを許し、追撃ムードを断ち切ってしまった。

 打線は計12安打を放ちながら3点と、ここ3試合で27得点の攻撃力は影を潜め、タイムリー欠乏症が再発してしまった。



もちろんこの考え方に乗るのは自由ですが、私なら疲れちゃいますねぇ。
欠乏症って、選手の性質として何か存在するものだとして、そんな簡単に影を潜めたり再発したりするもんなんですか。「流れ」みたいなもんで、そうだとして出現が予測不能で解決のための方策も示されやしないんだったら考えても仕方がない問題ではないかと。というか何の診断になっているのかわからないのが正直なところ。
結論を言えば「イニング内に出塁が集中することもあればそうでないときもある。結果は運が大きく影響する」になってしまいます。3アウトの中に上手くいくつもの出塁が集まるか複数のイニングにばらけるかは確率論的にも統計的にも極めて気まぐれなものです。個人的には、常識的な打撃をしていればあとの結果は「たまたま」で片付けていいと感じるレベル。

そしてこういう時よく「○安打で○点」という言い方がされますが、10安打で1得点は少ない!というようなことは言われても、では何得点するべきだったかという説明は聞いたことがありません。
これはそういう主張をしている方もそもそも安打数のみからあるべき得点数を考えることが適切ではないのはわかっているんじゃないかと思いますがどうなんでしょう。
四球、長打、盗塁等も含めて総合的な打撃結果から期待得点を導くBase Runsという式では、去年の楽天に期待される得点は610。実際の得点は627ですから、打撃結果に対してよく点を奪っておりこの17点もの上積みはリーグトップでした。
打った分が点に繋がった割のよさではナンバーワンだったわけです。もちろん、それが勝利に繋がるかは別問題でも。
ちなみに「得点÷安打」の比率をベースに計算するとリーグの平均的な効率に比べてシーズンで11ほど得点が少なかったことになりますが、これはタイムリー欠乏症云々以前に同じ安打でも長打のほうが得点になりやすいのは自然の理ですので長打の少ない楽天で低く出るのは当然だと思います(それでも-11はリーグで下から3番目ですから、長打力がないわりにはやはり効率は良かったように感じられます)。
2009年の5月5日時点では楽天に期待される得点は111、実得点は109です。



あー……もうちょっと一般化した話を書きたいと思っていたのに時間なくなってきた。
とりあえず何度か書いていますが「打線を繋ぐ」魔法のような技術はなくてほとんどのチームが総体の打撃力に応じて得点を上げているということで。

A---│二塁打 アウト アウト アウト│二塁打 アウト アウト アウト│二塁打 アウト アウト アウト│

B---│二塁打 二塁打 二塁打 アウト アウト アウト│アウト アウト アウト│アウト アウト アウト│

このふたつは好きに選べはしないんですよね。


打撃スタッツ 4/30終了時点

選手打席OPS 四球率本塁打率三振率 BABIPRCBR
金本 知憲103 1.20213.6% 7.8%11.7% .36827 17
和田 一浩95 1.0169.5% 8.4%8.4% .26520 10
鳥谷 敬106 .92312.3% 2.8%6.6% .33819 9
小笠原 道大100 .94813.0% 6.0%20.0% .31718 8
坂本 勇人91 .9414.4% 1.1%15.4% .43716 7
森野 将彦100 .8648.0% 5.0%19.0% .26515 5
東出 輝裕94 .83612.8% 0.0%3.2% .37215 6
ラミレス97 .8286.2% 3.1%14.4% .32914 5
川島 慶三96 .74910.4% 4.2%15.6% .24213 3
藤井 淳志89 .7933.4% 4.5%19.1% .30213 3
関本 賢太郎104 .7358.7% 1.0%11.5% .32113 2
内川 聖一92 .8218.7% 2.2%10.9% .34713 4
福地 寿樹86 .7825.8% 0.0%11.6% .37712 4
赤松 真人97 .6987.2% 2.1%18.6% .28412 2
井端 弘和101 .73611.9% 1.0%8.9% .30112 2
デントナ80 .8335.0% 6.3%22.5% .28312 3
石原 慶幸82 .78914.6% 2.4%18.3% .30612 4
栗原 健太73 .84611.0% 4.1%20.5% .31111 4
ガイエル75 .8222.7% 6.7%25.3% .27111 3
荒木 雅博104 .6742.9% 1.0%8.7% .31511 0
狩野 恵輔81 .7446.2% 0.0%8.6% .35311 3
ブランコ98 .6827.1% 4.1%30.6% .29110 0
亀井 義行72 .83511.1% 1.4%12.5% .32110 3
天谷 宗一郎84 .7276.0% 2.4%17.9% .29310 1
青木 宣親98 .6547.1% 1.0%16.3% .27110 0
吉村 裕基88 .7476.8% 1.1%21.6% .3339 2
李 承ヨプ72 .78216.7% 5.6%22.2% .1799 3
シーボル84 .7136.0% 3.6%22.6% .2869 1
宮本 慎也88 .6921.1% 1.1%8.0% .2999 0
新井 貴浩99 .7034.0% 4.0%14.1% .2379 0
相川 亮二76 .7317.9% 0.0%11.8% .3619 2
平野 恵一76 .6547.9% 0.0%13.2% .2948 0
石川 雄洋73 .6341.4% 0.0%23.3% .3657 -1
赤星 憲広77 .5647.8% 0.0%15.6% .2937 -1
鈴木 尚広90 .5575.6% 0.0%15.6% .2906 -4
野本 圭78 .6102.6% 1.3%12.8% .2626 -2


みどりびさんが休止されているってことで最低限のスタッツは自分で集めていかないとなぁと思っているんですが、載せてもこれはこれで見にくいでしょうなぁ。項目がざっくりなのは単に技術的な問題です。
まぁ強引に話を進めると、規定打席到達打者についてRCで降順、四球率・本塁打率・三振率はそれぞれ単に打席数で割ったもの。
金本・和田がすごいのはわかったとして、鳥谷は今年こそ認められるのかどうか。いくら遊撃手としてOPSが高くても打率か本塁打がないと世間は認めてくれないっぽい。
坂本はすごいことはすごいのだけどフライボールヒッターのわりには(今年もそうだよね?)ちょっとBABIPに頼りすぎか。赤星頑張れ。
続いて一応パ。




選手打席OPS 四球率本塁打率三振率 BABIPRCBR
ローズ92 1.27010.9% 10.9%20.7% .42326 16
中村 剛也106 1.0377.5% 8.5%26.4% .36722 10
金子 誠84 1.0862.4% 2.4%16.7% .49220 10
長谷川 勇也95 1.01111.6% 0.0%20.0% .50020 9
井口 資仁88 1.10612.5% 4.5%18.2% .43619 11
松中 信彦108 .92213.0% 5.6%12.0% .27419 7
小谷野 栄一95 .9614.2% 4.2%12.6% .37317 6
稲葉 篤紀96 .91414.6% 3.1%18.8% .36217 6
ボカチカ84 1.03115.5% 8.3%22.6% .27317 7
鉄平94 .855 7.4%0.0% 8.5%.382 15 4
片岡 易之96 .79710.4% 3.1%12.5% .30414 3
中島 裕之107 .78614.0% 0.0%12.1% .33314 2
小久保 裕紀106 .7607.5% 2.8%18.9% .31913 1
スレッジ97 .82011.3% 6.2%19.6% .23013 2
本多 雄一114 .6936.1% 0.0%11.4% .32213 -2
G.G.佐藤99 .7505.1% 3.0%30.3% .36112 0
大村 直之94 .7716.4% 0.0%2.1% .34512 1
日高 剛78 .8537.7% 3.8%15.4% .31612 3
サブロー89 .8314.5% 4.5%24.7% .33312 2
川崎 宗則106 .7548.5% 0.9%12.3% .30812 0
田中 賢介107 .62210.3% 0.9%15.9% .27011 -2
渡辺 直人74 .83512.2% 0.0%10.8% .35810 3
西岡 剛70 .77714.3% 1.4%8.6% .28010 2
高須 洋介85 .7377.1% 0.0%5.9% .33810 0
後藤 光尊88 .6732.3% 2.3%18.2% .2949 -2
フェルナンデス74 .73616.2% 2.7%14.9% .2659 1
ヒメネス78 .7195.1% 3.8%28.2% .3339 -1
福浦 和也86 .62912.8% 0.0%14.0% .3029 -2
柴原 洋74 .71316.2% 0.0%12.2% .3068 1
カブレラ69 .7434.3% 5.8%27.5% .2868 0
山崎 武司82 .6998.5% 4.9%22.0% .2268 -1
中村 紀洋92 .62412.0% 1.1%16.3% .2628 -3
大引 啓次78 .6375.1% 2.6%29.5% .3027 -3
今江 敏晃72 .6492.8% 1.4%19.4% .3087 -2
里崎 智也77 .62910.4% 2.6%32.5% .2686 -3
森本 学74 .6109.5% 0.0%24.3% .3485 -3
栗山 巧105 .51112.4% 1.9%20.0% .1915 -6
セギノール76 .56211.8% 2.6%27.6% .2055 -4
早川 大輔71 .4931.4% 0.0%21.1% .2643 -7

個人的に興味を惹かれるのは井口・松中あたりでしょうか。
なんか今はパのほうが面白いバッターが多いような気も……そうでもないでしょうか。
井口は守備スタッツも気になりますね。



 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。