Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打点という指標の本質的な問題

最近あまり書くことがないので、セイバーメトリクス系の記事のご紹介。
以下の記事は明晰な論理による分析に定評がある(というか私がそう思っている)Colin Wyersによる、打撃の定量的評価に関する論文です。
別にごく新しいってわけじゃないので、既にご覧になった方も多いかもしれませんが。

What are little runs made of?

内容としては、得点を構成する基本パーツである「塁」と「アウト」に注目して、ヒットなどプレーごとに発生する進塁とアウトを細かく勘定して最後に4で割れば見事にLWTS(Batting Runs)が出てくる、ということを示しています。
なかなか手順が鮮やかで、その部分自体もちろん学ぶところが多いのですが、個人的に最も感銘を受けたのはその導入にあたる打点に関する論考部分。
打点のそもそもの問題点を簡潔に指摘しており、納得する中身です。Tangotigerはこの記事をセイバーメトリシャンの必読文献と言っていますが、そこまで推す理由にはこの、ただ闇雲に指標を作ろうと言うのではなく本質的に論理を捉えようとする姿勢への評価があるのではないかと個人的には思います。

私も強く影響を受けて前にサイトにも書いたところですが、Wyersが取り上げているのはセイバーメトリクスに否定的な人が口にする「どうして単純に「打点」や「得点」を使わないのか。あれらは真実/現実の得点であって、なんだかよくわからない机上の計算で式をこねくり回した指標なんてナンセンスだ」といった指摘。結構、日本でも「なんだかんだ言っても打点は真実の得点」といった意見がありますよね。
ではWyersがどう論じているか。下手くそな訳ですが引用してみましょう。


チームレベルとすれば、このこと(打点こそ真実の得点ではないかという意見)は本質的に正しい。一部の例外的な相違(併殺打の間の得点や相手の失策の間の得点)を除けば、打点と得点は一致するだろう。だからチームレベルでは勘定が合う。
しかしそれぞれの打点が打者個人に割り当てられる過程に関して言えばそれはもはや、必ずしも我々が考案する他の方法と比べて「真実」のものではない。その過程は野球の本質への重大な誤解に基づいている。

問題は、記録されたチームの得点に対して「得点」と「打点」を与えることで全ての得点を(自身の本塁打による得点の場合を除き)二人の選手だけが貢献したように、また二人の選手がその得点に等しく貢献したように扱うことである。これらの想定はどちらも、明らかに間違っている。少なくともほとんどの場合において。

例えば、イニングの先頭打者が出塁し、二人目の打者がその走者を還すことを考えてみよう。先頭の打者は「得点」を得て、二人目の打者は(その得点についての)「打点」を得る。これは以下のようなケースで起こり得る。

・先頭打者が死球で出塁し、次の打者が本塁打を打つ。
・先頭打者が単打で出て、二塁へ盗塁し、次の打者が単打を打つ。
・先頭打者が三塁打を打って、次の打者が犠飛を打つ。

こういったケースで、これら二人の打者が等しい程度に得点の原因となっているなどと誰が考えるだろうか。

そしてこれらは二人の打者についてしか考慮していない。当然、打点を上げる打者がそこで得点を上げる走者の直後に打つのではないという場合もしばしばある。そしてそれら中間に位置する打者はその得点に対して何の評価も与えられないのである。
打点の論理に従えば、三振をする打者は犠打で走者を二塁に進める打者や単打で走者を三塁に進める打者と同じだけ価値があることになる。くり返し言うが、これがどうして意味を成すだろうか。

(中略)

ここで私が強調したいのは、「得点」と「打点」を与える過程というのは単にチームの得点を各打者に与えるモデルであり、そして欠陥があるということである。それはいくらかのアンチ・セイバーメトリシャンがあなたに信じさせようとするような「真実」ではない。



ここで注目したいのは、打点について批判するときに従来言われてきた「打順に左右される」とか「偶然の影響が大きい」といったことには触れてもいなくて、その制度の恣意性について根本的な部分からすっぱり切っているというところです。
偶然の影響は数を積めば平均化されますが、こればっかりはどうにもならない。
「一塁走者を三塁に進める単打」は、100本打とうが200本打とうが打点では何も評価されません。

もちろん、なんだかんだ言って優れた打者と劣る打者であれば、長い目でみれば前者のほうが打点を多く稼ぐだろう、ぐらいの筋においては問題はありません。しかし、別に既にこの世界にある制度やものさしというのは神に与えられたものではなく究極的には誰かが当人の考えで作ったものだという反省はいつでも心に留保しといてもいいのではないかと思うのです。
その上で合理性をチェックして、問題があると思って修正できるなら、修正したほうがいい。そういうシンプルな話です。
自分が打席に入るときにランナーの状況がどうなっているかなんてコントロールできないのだから、それは直接は評価しないものとして発生した打撃イベントに一般的な価値を加重する評価方法があったっていい(それがOPSなりLWTSです)。

プロ野球選手は、出した結果がどのように評価されるかで生活が変わります。子供においしいご飯を食べさせられるかが決まる。
そして選手に課せられている一義的な仕事とは試合に勝利することなのだから、勝利に貢献している選手は評価されて然るべきです。本当は勝利に貢献しているのに「どの選手が勝利に貢献しているか」を測るものさしに偏りがあって評価が低くなるということがもしあるとすれば、それは公正ではないし、選手個人にとってもチームにとっても不幸なことだと思います。
従って「我々は勝利への貢献を適切に評価できているか」ということを点検し、色々な活躍の仕方に対して平等に機会を与える懐の深さを持つことは望ましいことと思われます。

まぁ、ざっくり論理だけ言ってしまえば、評価指標について考えることには(人道的な目線でも)意味があるし、その観点で言えば従来の指標には問題点が見出せて、それなりに有力な代替案もある、それがセイバーメトリクスの議論だ、と言いたいわけです(無論、セイバーメトリクスの成果である指標には欠点がない、などという話ではありません。)。
私はなんとなくColin Wyersのこの記事を読むとこういうことまで考えてしまいます。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。