Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHIPを防御率に照らす

twitterでダルビッシュ投手のつぶやきを見てセイバー用語が出ていることにおぉと思いつつ
前から思っていることですが、出塁率なんかとは異なりDIPSあたりはプレーヤーの規範としてはちょっと機能させにくいでしょうねぇ。
失点率を下げるためのひとつの考え方としては有用になり得るかもしれないけど、あくまで失点の減少や勝利が目標であって。

ちなみにダルビッシュ投手の今季のWHIPは1.01。
WHIPは5倍して3を引くとだいたいそのWHIPの値に対応する妥当な防御率が算出されます(理屈は拙サイト参照)。
ダルビッシュ投手のを防御率に換算すると2.07。実際の防御率の1.78とは問題視するほどの乖離はないですね(この換算式を逆にとれば、防御率2.00を達成するには1イニングに1人以下のペースでしか走者を出してはいけないことがわかります)。
ざっくり言えば、打者/投手間の力関係に応じて妥当に抑えてきたということが言えそうです。

道作さんもブログで「4年連続RSAA40点オーバー」とかについて書いていましたが
ほんとに、どれだけすごいと言っても言い足りない成績。

なお、上記の式で求めるWHIP防御率換算値と実際の防御率との乖離が最も大きかったのは、意外にも(?)パ・リーグでWHIPが最優秀であるロッテの成瀬投手で、WHIPからすれば妥当な防御率は2.07(すなわちWHIPはほぼダルビッシュと同率)ですが、実際の防御率が3.28。差が実に1.22。
もちろんこれはただの偶然や不運ではなくて、29本も本塁打を打たれたのが大きな要因です。
「すごい打率・出塁率低いけど、当たればデカイ打者」の裏返し版になるわけで、(失礼な言い方かもしれませんが)これはこれで面白い特性です。

スポンサーサイト

ソフトバンク優勝

ソフトバンク、優勝おめでとうございます。
結構(開幕前は)西武か日ハムってイメージで見てたから、意外と思ってしまったかなぁ。失礼。

セイバーメトリクス的に言えば、優勝チームでありながら圧倒的なパフォーマンスを見せた個人が特にいないっていうのがちょっと特徴的ですかね。

あえて言えば多村なんかは非常に優れた得点創出能力を見せていますが、優勝の決定的要因になるほどリーグの他の打者を圧倒しているってわけでもない。チームでRSAAが最大の和田だって20点台だから、それだけでチームを引っ張れるというレベルではない(とても優秀なのは間違いないですが。念のため)。

それでも優勝したということは、大きな損失を出す部分を作らずチームが団結して巧く勝ったってことなのでしょう。

青木やマートンの200安打も、景気が良い話でいいですね。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。