Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイバーメトリクスのサイトがオープンしました


SMR Baseball Lab

データスタジアム社による本格的な志向のセイバーメトリクス専門サイトです。
私も(名前がここと違いますが)参加させていただいています。
まだあまりコンテンツはないですが、これからコラム等どんどん充実してくる予定になっているのでセイバーメトリクス好きの方もそうでない方も是非訪れてみて下さい。


Baseball Labとは?

Baseball Labは野球を客観視して既存の視点とは違う角度から野球を考えるウェブサイトです。独自の論評、分析、および研究を特徴として、野球に関するさまざまな考察をしていきます。

Baseball Labの目的は、普通の野球ファンに洞察に満ちた野球リポートを提供することです。 Baseball Labの中核は各著者による論評が主なものになるでしょう。さまざまなチーム分析、ニュース、選手の移籍、野球の歴史、そのほか野球に関して多くの題材が語られるでしょう。

Baseball Labの露出は主にインターネット・サイトです。 今後は一般的な出版も考えてもいます。 私たちはインターネット、メール、本、および雑誌を含むさまざまなメディアでリポートを発表するつもりです。



スポンサーサイト

たまたま見つけたので

セイバーメトリクスのトピックとして取り上げるほどのことではないことかもしれませんが、最近出版された神永正博さんの『食える数学』の中で『マネー・ボール』が軽く紹介されてますね。数学は社会で色々役に立つよ、という話の中での事例のひとつとして。知らずに読んでいて急に出てくるとちょっと嬉しい。

個人的にはセイバーメトリクスを色々勉強すればするほどに、細かい論点はたくさんあるけど実は「大事なことは全て『マネー・ボール』に書いてある」と言っても過言ではないのではないかと思うところがあって、やはり『マネー・ボール』が浸透することは喜ばしいことだと思います。
誤解を招きやすい書き方をされている点はいくつもあるでしょうが、本質は全て埋め込まれているような気がします。


ちなみに同じ著者の『不透明な時代を見抜く「統計思考力」』のほうが遥かに「セイバーメトリクス的な本」ですけど、それはまた別の話。

係数が大きかったらなんなのか

米国で生まれた指標を輸入する際、MLBとNPBの違いが問題になって有効性が疑われるということがあります。
例えば重回帰分析によって得点の貢献を評価するXRなどは、そのまま日本に適用すると過大な数字が出る傾向があることがよく知られています。
またBatting Runsのようにアウトの係数に補正をかけることで平均をゼロとするなら問題がないかというと、そういうわけでもないんですね。
まぁ現実的には、指標の有効性がそれほど損なわれることはないと思っていますが、具体的にそれが解析においてどのような意味を持つのか、その構造を理解しておくことは重要です。


Batting Runsというのはポジティブな攻撃イベントの係数だけが固定されており、その上で年度・リーグごとにアウトの係数を変えることにより全体をゼロとして使用する指標です。
ものすごく単純化してこのことの図式だけを示すと

 Batting Runs=0.50×出塁数-アウトの係数×アウト数

というふうになります(仮に出塁全体の係数を0.50とした場合)。
このときリーグの平均出塁率が.333であれば、平均をゼロとするために2回のアウトで1回の出塁を打ち消す0.25がアウトの係数となります。

ところでBatting Runsの係数というのは得点期待値に基づくものですから本来リーグの状況によって変わるものです。
基本的に得点の多いリーグでは係数が全体的に「大きく」なります。
出塁が多いとヒットが点に繋がりやすいわけですから出塁の(ポジティブな)係数が大きくなるのは自然ですし、そうするとアウトの係数もそれを打ち消すために必然的に大きいマイナスになります。

ここで、あるリーグに他のリーグから0.50の係数(という出塁の係数だけ)を持ってくることを考えます。
このとき0.50という係数がリーグの実情に合えば当然それで問題はありません。しかし例えばリーグの実情では係数としては実は0.45が適当であるような場合には少し問題が起こります。
そしてリーグの平均出塁率が.330だとすると、リーグ内の実態としてはアウトの係数は-0.22であるべきです。
しかし出塁の係数0.50を持ってきてしまっているので出塁率.330の打者をゼロとするためにはアウトの係数は計算上-0.25になります。

何が問題なのでしょうか。平均的な打者は、係数がどうだろうがどうせ評価はゼロになるように定義されているので関係ありません。
問題は、「アウトにならずに出塁することの価値」が過大に出力されることにあります。
リーグ内の実態としてはその価値は出塁0.45とアウト-0.22の差である0.67であるはずが、計算上0.50と-0.25の差である0.75となってしまいます。
出塁率.350の打者であれば500打席あたりで.330に比べて多く出塁する回数は10回であるので利得(Batting Runs)は本来6.7。しかし計算上は7.5。
他から係数を借りてくるときの「スケール」の問題はシンプルに言えばこの差異です。コンポーネントごとの加重の違いは別の話。
この誤差は平均に比べて出塁する頻度に差があるほどに積み重なってくるため、強打者であれば平均と比べての得点への影響を過大評価するようなことに繋がります(例えば今回の方式の試算で、出塁率4割の打者では500打席で2.6点の誤差となります。ただし今回の設定はなんらリアルな統計データと関係はありませんが)。

能力の極端な打者ほど数字の歪みが大きくなるというのはRCなんかでも聞いた話のような気がしますね。この点について補正に取り組むにしろ放っておくにしろ、癖は把握しておきましょうというお話です。
あまり整理されないまま長々と書いてしまいましたが、きっとこれが今後に繋がったり繋がらなかったりします。

遅れた言及ですが

星野氏の楽天監督就任。
個人的には漠然と、ちょっと微妙かなぁと思っています。
理由は、日本の監督像には不合理と思われる部分が結構見受けられる中で、楽天は新しいチームなので新しいことをやる良い機会を持っているのにいわゆる監督として従来の価値観の中で評価が高い人を受け入れることはどうなのだろうと。

もちろん星野監督が実際に何をやっていくかはこれからの話ですし、野村氏での成功体験(と言っていいと思いますが)がある楽天がちょっと気が早いと思うようなタイミングでブラウン氏を放出したのは、グラウンド上で監督に何を期待しているかは別として営業面等々の理由で「看板」は立てておいたほうがいいかもしれない、という総合的な判断かもしれず、そうであればそれはそれでいいとも思いますが。

長打力不足は解消されるのでしょうかね。記事を見て心配しても仕方ないんですが……。

貧打解消へ「物干しざおバット」…楽天

楽天が5日、貧打解消へ「物干しざおバット」を導入した。田淵幸一ヘッド兼打撃コーチ(64)の発案で、ティー打撃の際に長さ1メートル、重さ1キロの竹製のトレーニング用バットを秋季練習で初めて使用した。(…)指揮を執った田淵コーチは練習道具だけでなく、選手の意識改革も訴えた。「本塁打はほとんど3球目までに出る。ファーストストライクから打ってほしい」。今季のチーム打率2割6分5厘、576得点はいずれもリーグ最下位。星野楽天は汚名返上へ積極的に動く。
 2010/11/6 8:00 配信 スポーツ報知


まぁいずれにせよ注目したくなる監督であることには間違いないのでそのことは歓迎しつつ楽しんで見ていきたいと思います。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。