Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かと思ったら


カブ改心!「DHもOK」…ソフトバンク (スポーツ報知)

アクセス解析が爆発していてなんだろうと思ったら、ヤフートピックスから内野手守備評価のページがリンクされていたらしい。
そんなに参考になるものは載せていないと思いますが……面白いもんですね。
一塁手の守備指標に関しては、極端な数字が出ている場合にのみランプをつけておけ、くらいの態度が現実的だと思います。
以前にまとめた感じだと、ここ数年は特に指標から名手という選手はいないように思います。もはやいないウッズが下手らしい、ということくらいで。
カブレラは去年Batting Runsのスコアがすごかったですよね。あれだと優先的に考えないわけにはいかないんだろうなぁ。


スポンサーサイト

守備企画完結と2010UZR


Baseball Lab優秀守備者賞~総評Part2 (Baseball Lab)

そういうわけでポジションごとの分析が出揃い、データスタジアム社による2010年のUZRも発表されています。
面白いので是非ご覧下さい。

ちなみによく言うところでは、UZRなどの守備指標の信頼性(サンプルサイズに対するブレの割合という意味での)はOPSなどの打撃指標の約半分だとされています。つまり、2年分のUZRは1年分のOPSと同じくらい信頼できるというわけですね。これはいわゆるYTYC(year-to-year correlation、指標のある年と次の年の相関。うまい日本語がいまだに思いつかないので強引な略を当ててみる)系の検証によります。

道作さんの「守備指標は合算が難しい」という見方は面白いなぁ。

Baseball Labで守備特集企画が開始


Baseball Lab守備評価~Short Stop (Baseball Lab)

素晴らしい。
面白い面白くないとかの次元じゃなくて、これだけの解析がフリーで開示されているのに読まないとしたら単純にもったいないですよ。素直にそう思います。
本当にFielding Bibleのレベルじゃないですか、こりゃ。
私も参加してますが、morithyさんの掘り下げ方に比べれば自分のコラムのライトなこと(そのうち出ます)。

THTの2011Annualに書かれていた、守備の数値解析についてのDave Cameronの言葉「我々はまだパズルを解いていない」が色んな意味で重くのしかかります。

2011年ですねぇ

あけましておめでとうございます。
毎年、年が明けると「2010」とか「2011」とかの数字の見慣れない感に戸惑います。自分だけでしょうか。

ここ数日は適度にだらけつつセイバーメトリクスの勉強。読みたい記事とかがありすぎて全然追いつかない。
道作さんの記事があったからというわけではないんですが年末から個人的に熱いのがBABIPです。
BABIPについて何かひとつコラムみたいのをまとめたいなと思いつつ、でも立ち入ると大事だからしんどそうだなぁとも思ったり。
同じ統計的事実を述べるのでも、受け取る側の印象はそれがどう言葉で表現されているかにも大きく依存するなという気が。
印象とか言葉で言ってるだけでは本当のところがわからないから数字を調べるのにそれをまた言葉にするので苦労するっていうのも変な話ですけどね。

"The words, “Little, a lot, good, bad, great, etc.” have very little meaning without context and can generate an awful lot of controversy when used to describe or explain mathematical concepts." by MGL

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。