Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画版マネー・ボールの映像


映画版マネー・ボール公式サイト(Trailerが流れます)

おーほんとに映像になってるよ。想像以上にワクワクする感じします。
イメージ通りかはともかくブラッド・ピットの雰囲気結構いいかも。

セイバーメトリクス的な部分はまぁネタとしてもわかりやすい感じで「変な(異質な)原理」として描写されるのかもしれません。
それを機に面白いと思われるのか変な趣味と思われるのかわからないですが、今更どちらでもいいという面もありますかね。

スポンサーサイト

超えるか超えないかだけが問題ではない


盗塁の損益分岐 (Baseball Lab)

岡田さんによる盗塁の分析。
こういうふうに「勝利確率では……」とか「NPBの今年の得点期待値は……」とかいう話が当たり前のように見れるって(改めてですが)すごいですよね。

この話に乗って私のほうで勝手に付け加えたくなったポイントとしては、損益分岐点それ自体は「それを超えたらどれだけ良いことがあるか」を教えてはくれないというところです。

MLBから係数を持ってきて盗塁成功の一般的な得点価値を+0.19、失敗の得点価値を-0.44とすると、成功率の損益分岐点は70%です。
このとき、ある走者を取り上げて成功率が74%だった場合に「損益分岐点を超えているからこの走者の盗塁は有効だ」と評すること自体はいいのですが、企図が50回(成功が37回)あるとしても総合的な利得は 0.19*0.74*50-0.44*(1-0.74)*50=1.31 で1点ちょっとでしかないことになります。

つまり、損益分岐点を超えているからといってそんなに良いことがあるかというと、この場合は大したことないわけです。このあたりはせっかく得点期待値などの定量的な分析ツールがあるのだから、見方を固定せずに冷静に評価する必要があると思います(ちなみに「盗塁を試みることが投手へのプレッシャーに~」といった話は今回の議論とは別の話ですので、悪しからず)。


あなたはいつ、いかにしてセイバー・ゾンビになりましたか?


話題の出典:Turning children into saberists (The Book Blog)

自分のことを思い出してみると、セイバーメトリクスにのめりこんだ動機は意外とはっきり覚えていない感じがします。
セイバーメトリクスが面白いと思った「これ!」という瞬間はあったようななかったような。

そもそものキッカケとしては多分、何かの機会にネットで道作さんやmorithyさんのサイトに出会って、そこで交流されている方々のブログ等を含め興味深く読んだというところだったと思います。
正直、はじめはセイバーメトリクスに批判を加えるというつもりが強かったというか、今よりさらにガキだったため「俺のほうが説得力があって面白い数字を出せる」ぐらいのつもりで数字いじりをやりはじめ、勉強していくうちにどうやら先達のやっていることはそんな甘いもんじゃないらしいということで次々に自分の反論に反論する形で少しずつセイバーメトリクスのすごさを実感し、ハマっていきました。
(おそらく当時の自分を今から見たら「あぁ、こいつちょっとかじった程度でわかったような批評してんなぁ」と思うことでしょう。まぁ、今との違いも程度の差に過ぎないと言ってしまえばそれまでですが)
OPSの適当さに首をかしげ、同じような簡易指標でもっと意味が明快で得点との相関が高まるものが作れないかという試みなんかでは50コくらいは指標を作ってみたような気がします。今ではその無意味さ・馬鹿馬鹿しさを知りました。
『マネー・ボール』を読んだのはわりとしっかりとハマってからのことです。

元々数字を使った分析の類が好きだったかというと、文系ですし別にそういうわけではありませんでした。
ただし中学生ぐらいの頃に野球ゲームにおける選手のパラメーター("パワー"とか"走力"とか何段階かで数値評価されているもの)に対して重要な項目は2倍とか重みをつけて合計し「この選手の総合能力は○点だな」なんて計算したり、架空の選手の年度別成績(期待の新人として入団し1年目から活躍、当初は走力と長打力が売りだったが徐々にアベレージヒッターにモデルチェンジし、10年目に念願の首位打者を獲得……という選手がいたら面白いな、みたいな謎の妄想に基づく)をノートに書いて遊んだりしていた覚えはあります。
そういう意味では数字遊びそのものは元々好きだったのかもしれません。野球の数字の妙な魅力には惹かれていたというか。

ちなみにプレー経験は中学でちょっとあるだけでほとんど語るようなものではないんですが、ストライクの見逃しが厳禁で見逃し三振なんてしようものなら目も合わせてもらえない空気の中、「自分はただでさえ打撃が下手なのにボール球に手なんか出そうものならうまく当てるのが難しくてヒットになるわけがない。だからボールは振りたくない」と思い振っていくことには消極的で周囲の雰囲気に馴染めなかったことは覚えています。
その点は唯一自分のセイバー的だった点かもしれません(もちろんマネー・ボールに出てきたハッテバーグとかと同じように語るのはちゃんちゃらおかしいことは承知ですが。ちなみに唯一得意だったプレーはバントで、その点は思いっきり非セイバー的でした)。

というわけでまぁこんなの書いて誰が得するんだという記事になってしまいました。
いや、他のセイバー好きの方がどういうふうにハマっていったのか結構知りたいので自分は書いてみたというところはあるんですけど。
結局はまだ少しは仲間が増えてくれたらいいなぁということです。


半世紀前に逆戻り?

半世紀前に逆戻り?「統一球」でGも虎も“重量級”貧打線!

 「実はこの年は2リーグ制以降、最も得点が入らなかったシーズン(1試合平均3・18点)。新しい統一球の影響で、今季の各チームの得点は、当時や1960年代に匹敵するような水準まで下がっています」

 そう指摘するのは、スポーツコンテンツ企業「データスタジアム」(東京都世田谷区)のシニアアナリスト、岡田友輔氏だ。同社はインターネットのプロ野球速報や、各球団のスカウティング部門に、詳細なデータの提供を行っている。

 飛ばない統一球は、日本球界に半世紀ぶりの貧打を呼び起こした。1試合の平均得点は全球団とも昨季よりダウン。4点以上取れているのはソフトバンクと西武のみで、大半は3点台。阪神、オリックス、楽天は2点台の貧打にあえいでいる。



打者のスタッツを見ると壊滅的。まさか統一球で(多分他の要因ではないと思う)こんなことになるとは正直思ってなかった。今までこの手の変化って言葉で騒いだほど実際には影響ないっていうのが多かった気がするので。

開幕前にBaseball Labに書いた順位予想のコメントで、巨人は予測の数値上攻撃力が抜けているけれども、(その時点では不確定だった)ボールの影響次第ではそのアドバンテージを失うかもしれないということを書きました。というのも、本塁打はその手の物理的な条件の影響を受けやすい上に、得点へのインパクトが大きいために数の増減がチームの戦績に与える影響も大きいためです。得点価値の観点から見れば、走力で優位を持つチームが「盗塁の成功率が下がる」ことによって失う利得よりも長打力で優位を持つチームが「本塁打率が下がる」ことによって失う利得のほうが遥かに大きい。

昨年巨人の得点率はリーグで阪神とともに抜き出ていましたが、出塁率は平均的。ということは出塁の内容(長打)で優位をとっていたわけで、その長打が消えるとそのまま得点力の優位性が消滅することになります。で、実際記事にあるとおり巨人の平均得点は激減しておりリーグ内でも下から2番目となっております(IsoPや本塁打率などの長打系スタッツは広島を別としてリーグ内で揃ってしまっています)。

もちろん巨人の相対的な位置付けに関してはボールの影響だけで語ることはできないでしょうが、数字を見る上で注意が必要というのは実際そうなようです。投手の側は、打者の論理の逆でフライボールピッチャーが例年より良い成績をおさめる傾向になるかもしれません。


 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。