Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズです

統一球に関連して、ふとセイバーメトリクスクイズ(?)を思いつきました。遊びで載せてみます。



【クイズ】
統一球で得点環境が歴史的な投高打低に傾いていることは周知の通りですが、ではこのような状況において、本塁打の(他の安打や四球に比べての)相対的な価値は上がっているのでしょうか?

ただしここでいう価値とは単に数が減っているから珍しいとか、飛ばないボールだから技術的に高度といった観点ではなく、あくまでも構造的に。例えば三振より四球のほうが得点の可能性が高まり勝利の可能性が高まるから価値がある、といった意味での価値で考えて下さい。




解答は追記で。
ついでに以前このブログに載せたネタも未見の方向けに。



【クイズ・オマケ】
チームの全打者の出塁率が99%の場合、1イニングの平均得点は何点になるでしょうか? 誤差1パーセント以内で期待値を算出して下さい。ただし、失策出塁やベース上のアウト、犠打、インターフェア等は考慮しないものとします。


続きを読む »

スポンサーサイト

野球分析の羅針盤

なかなか更新する機会がなくて恐縮ですが、思い立ったので新しい知見じゃないですが日頃から強調したいことに関して。

それは得点期待値の重要性についてです。

得点期待値とはイニング内の局面をアウト・走者状況別に24に分け、各局面から平均的に期待される得点数を表したもの。
例えば無死一塁という局面が生じたら、0点に終わることもあれば1点とれることもあれば2点とれることもある……と実際の結果はさまざまなわけですが、平均すれば0.81点、といった具合です。

観察される野球のプレー(事象)は、さまざまなものがあります。ヒット、三振、盗塁、好守備、パスボール……。
これらそれぞれについて、どのプレーが「好き」かとか、何が「すごい」と思うかなどは、個々人の価値観です。
ただし、好き嫌いは別として、「勝利にどれだけの影響を持っているか」については、ある程度客観的に表すことができます。

ヒットであれ盗塁であれ守備のファインプレーであれ、それが起きたことの客観的な意味は打者が出塁したとか進塁したとかアウトが増えたとか、(得点期待値の定義上24に分割された)局面の変化で表現することができます。具体的には、無死無走者の局面がヒットで無死一塁の局面になったとかいうことです。

それぞれの局面について得点期待値が判明しているため、局面が変化したことの意味は得点期待値の変化(増減分)として把握でき、結果、その変化を生じさせた事象の得点に与える影響が明らかとなります。得点ポテンシャルをどれだけ高めたか、という意味ですね。

言い換えれば、この方法であらゆる事象を得点という尺度で統一的に評価できるということです。野球は得点の多いほうが勝つわけですから、得点という単位で評価を行うことは理に適っています。

同じシングルヒットでも無死無走者から出る場合もあれば満塁で出る場合もありそれぞれに得点期待値の変化は違いますが、全てのシングルヒットについて得点期待値の変化を測り平均すれば「シングルヒット一般の得点価値」を割り出すことができます。このようにして打撃成績の各項目に得点価値の重みを与えて打者成績を「どれだけ得点を増やしたか」で評価するのがピート・パーマーのBatting Runsであり、それに運用上の調整を加えたものが現在セイバーメトリクスの最終評価WARなどでも用いられているwOBAです。単打や二塁打などに「一般的な加重」を与えれば、たまたま打者が打席に入ったときに塁上に走者が多いか少ないかといった環境による影響を排除することができます。

私は、このように得点期待値を活用して事象を得点で評価するシステム(LWTSなどといいますが)は分析装置として大変に強力であり、人類史における羅針盤に相当する大発明だと思っています。
従ってそのありがたみを感じつつどんどん分析に活用すべきと思います。なんとなくの印象で「A打者とB打者のどちらがチームに貢献しているか」や「C選手の打撃とD選手の守備、どちらをとるべきか」といったことを議論するより、遥かに明快な見通しが得られます。
野球の議論においては各プレーの「重み」が極めて恣意的に語られることが多いため、得点期待値があらゆる分析の尺度として常に妥当するとまでは言わなくとも出発点となる基準として参照することは意味があると思います。

確かに、得点期待値で描写すべきでないことや、得点期待値で描写できないこともあります。例えば、そのプレーが起きたイニングの重要性など。しかしそれらは目的の違いであって、目的が異なる場合には異なるツールを用いればいいというだけの話です。そして、得点期待値で意味のある解析が行える場面は多いのです。

LWTSを使えばチームの総得点は高い精度で説明することができ、また最終的なチームの勝率は総得点・総失点で90%説明できることを付け加えておきます。

というわけで、得点期待値はエライよ、というお話でした。


 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。