Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備指標がさらされる目線

守備指標がさらされる目線についてふと考えて、ツイッターに書こうと思ったのですが長くなったのでこちらで。


守備指標の妥当性がいつも厳しい目にさらされるのは、指標自体の性質云々より、一般に守備について数字を結果として受け入れる慣習がないという要因が大きいと思います(そのことの良し悪しは別として)。

打率は.298と.300の差であっても、それが統計学的に見て注目に値するものでなかろうが、「彼が三割打者になるために足りなかったのは何か」などと、数字を結果として厳粛に受け止めたうえで中身は中身で考えるという慣習があります。

「阿部はすごく技術がある名打者なのに.250になるなんて、打率とかいう指標はおかしい」とは言いません。結果は結果です。

これに対して守備については何故か、プレーの内容としての上手い・下手の評価ありきで、指標の数字がそれに合わないと指標の中身が怪しまれます。打撃とパラレルに考えれば、(潜在的な)能力として上手いとされる選手であっても、ある期間の打球の処理の結果がたまたま芳しくないということがあっても「指標がおかしい」となる必然性はないはずです(スイングのいい打者の打率が低くても「打率が指標としておかしい」わけではないのと同じ)。もちろん、主観的な評価の方が適切である保証もありません。

言い方を換えれば、主観的には守備が上手いと思うのに指標の結果が悪い、というのは、矛盾する結果ではないので主観と指標のどちらかを否定する必要もなく、その関係を理解すればいいという話です。くどいようですが強打者でも打率が低いシーズンがあっても矛盾ではないように。そもそも、守備指標は抽象的な意味での「守備力」を数値化しているわけではなく、基本的に一定期間の打球処理の結果を数値化しているに過ぎません。

どちらかというと、打率に関しては数字が意味のある結果として尊重されすぎており(セイバーメトリクス的にはBABIPに近い数字で選手ごとの一貫性が弱く、細かく注目する実益に乏しい数字です)、守備指標に関してはその逆、という印象です。

私はここで、守備指標は文句なく作られているのに見る側の受け取り方が悪い、と言っているわけではありません。指標の中身の精緻化は、それはそれで追求すべきです。

問題は、打撃指標と守備指標では受け取られ方が違い、そうである限りは「仮に守備指標が完璧に作られていても」文句がつくだろうということです。冒頭に述べたように良し悪しの問題ではなく、指標の中身の問題とそれの受け取り方の問題は分けて論点を整理したほうが混乱が減るように思います。


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。