Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIPSから守備要因

ちょっと思いつきというか。
また誰かの二番煎じ感ありまくりですが
実際の失点とDIPSから予測される失点との差を求めてみました。
DIPSというのは守備要因から独立した投手評価であって
逆に言うと守備が失点に及ぼす影響は均一なものとして式が作られていると思うので
この差から守備の影響を探ろうという考え。
(DIPSの理念通りとすると)平均的な守備力なら差は0になると思われます。

DIPS予想失点との差


DIPS予測失点-実失点 なので値が大きいほど守備が優秀。
セは巨人が良いだけであとは団子という感じですけど
パが異様ですね。
そのまんま言うなら楽天は日ハムに比べ守備で185点損していることになります。
あとはパが結構DERの通りになっているとか、守備で差がついているとすると意外と投手の自力要素では差がないとか、セは逆に投手で差がついてる分が大きいとか
思うことはいくつかありますが、とりあえずそんな掘り下げる気もないので(^^;


※DIPSera算出にあたっては以下の式を使用しました。
{(四球-故意四球+死球)×3+本塁打×13-奪三振×2}÷投球回+3.12

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。