Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感、ここまでの打線とか

鳥谷がよく打っているのがちょっと嬉しい。
確か書こうとして書いてなかったと思うんですけど、気になるんですよね。
1、2、3年目と順調に成績を上げたものの4年目の昨季停滞して、「まぁこの程度」のプレーヤーで終わるのかチームの歴史に残る偉大な遊撃手になるのか、今季がターニングポイントになるように感じるので。
出塁率が稼げる選手なのでバットが一皮向ければ相当な得点生産能力を持つ打者になれるはず。
そこそこで終わられるよりは進化してもらったほうが楽しいものがあります。

巨人に関しては、「打線が繋がらない」とか「噛み合わない」とか言われてるようです。
それに対して原監督が「噛み合うというのは歯があってのものであって今のうちには歯がない」というようなことを言ったらしいですが
本心に対して大袈裟に嘆いているのではなく普通に言っているなら結構冷静だなぁという印象。
単純な貧打を繋がりの悪い打線とは言わないですからね。暗に「打てはするが都合よく点に繋がらない」という意味を表すはずですが
XRとかOPSを計算してみればわかるとおり、巨人はそもそもパーツを揃えられていませんので
繋がるとか繋がらないとかじゃなくて「打ててない」だけということになります。
名前のある打者ばかりなので変な感覚に陥りやすいだけで打線のタイプがどうとかいう以前の問題です。
調整不足なのかなんなのかはともかくとにかく個々が調子を上げないことには。
原監督はその辺履き違える様子はないので「やっぱり長距離砲ばかり集めてもダメなんだ。打線を組み替えてバントや盗塁・エンドランを多用していこう」とかそんなふうに考えたりはしないものと思われます(っていうか現実的に出来ないですが)。

ヤクルトや阪神が結構動いていて、かつ点を取って勝っているので機動力野球が勝負のカギというような言われ方も聞きますが
その2チームはリーグ内でOPSが抜けているということ抜きには語れない問題。
単純によく打っていますので動こうが動かなかろうが点は取れるはずです。
打者の調子が落ちた時にどうなるかですよね。肝心なのは。
機動力が打撃の好結果を呼び込んでいるのだとすれば今後どうなっていくか見ものです。
個人的には阪神の関本が使われないのがちょっともったいない感じもするんですけど、平野が活躍してるんでしょうがないですね。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。