Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

序盤のバント

セイバーメトリクスによってバントは思ったより効果がないことが明らかになっていますが
特に初回先頭打者が出塁した後のバントってなんか見ていてもったいない感が強いんですよねぇ。
「先制点を取って流れを引き寄せるため」とか言ってセオリーかのように行われますが、期待値を下げてまで「先に1点」にこだわる意味があるかは疑問だしそのためにバントが有効かも疑問だし。
しかも打てない選手がするなだましも結構打てる選手がバントをしてる気がするんですよね。
まぁミクロな戦術的判断から調子とか相性とか考慮した結果バントが最高の選択だったのだと言われれば、そうですかと言わざるを得ませんが。
その選手の打撃による期待値を失っていることもアウトカウントの分ホームを遠ざけたりしていることも見ないことにして「失敗しない(併殺にならない)」ための作戦をとっているように見えてしまうことはあります。

しかし山崎武司はすごい。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。