Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多く投げさせる効果

マネー・ボールとかに書いてある打者の仕事としての「球数を投げさせるほど投手が疲弊する」効果ってキッチリめに制限があるMLBならともかく日本においてはほぼ気にする価値はない気がします。
打席あたりの平均被投球数というもの自体多い打者と少ない打者でも1ぐらいしか違わないのでその能力において露骨に投手を疲れさせるほど1試合の中で差をつけることは難しいだろうし
他の条件より優先してそれを高めようとするのはあまりに効率が悪いというか、単純な出塁率や長打率に比べて追い求める価値は極めて低いと思ってしまうんです(打席あたりの投げさせる数が少なくても、多く出塁すればその分相手が投げる球数が増えることは言うまでもありません)
もちろん同じ打撃成績なら投げさせる数は少ないより多いほうがいいですけど。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。