Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天の攻撃特性

昨日の試合、球審のストライクゾーンが変に広かった感あり。
野村監督は巨人に甘い伝統というように発言しているらしいですが
昨日に関しては個人的には審判のクセが出る場面が、楽天側はたまたま3つめのストライクだったりして運が悪かったかなという印象。
渡辺直人の見逃し三振とかボールにも見えましたねぇ。まぁ、細かくは言ってもしょうがないことで。


ところで最近楽天が気になって色々と見ているのですが
出塁に偏った攻撃特性を持っていて面白いですね。
四球/三振比が抜けてますよ。要するに三振は少なく、四球は多い野球をやっているということですね。

楽天     .72
オリックス  .45
ロッテ    .43
日本ハム   .40
ソフトバンク .34
西武     .33    5/29時点

これなら、どうしても運に多くを委ねざるを得ないと思われるBABIP(インフィールド打球がヒットになる確率)がそこそこのものであろうと、出塁率は確保できますね。
実際出塁率はトップ。
一方で本塁打数は最も少なく、IsoP(長打率-打率。大雑把に言えば安打の中の長打の割合)も最低。
渡辺直人なんて象徴的な選手ですが、この偏りも面白い。マネー・ボールっぽくもあります。
で、結局得点力はどうかというと試合あたりの平均得点は2位。
長打力がない分だけ西武に負けていますが、去年に引き続き山崎が当たっているのもあり高い攻撃力を有しています。
一応、以下の表になんとなくまとめておきます。

パ・リーグ打撃成績5/29時点

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。