Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンテンポ遅れて

触れておきましょう。この前の巨人矢野の盗塁失敗。
場面は

・9回裏2点ビハインド
・ツーアウト
・一塁に矢野
・打者:隠善、投手:小山(楽天)

ここで走ってアウトになっちゃったわけですね。
色々言われているようですが、個人的には単純にあの場面が「リスクあり・リターンなし」だったようにしか思えないのが気になります。
(だから100%じゃないと云々とかになるんでしょうね)
2点差ですから。盗塁成功したところで2点以上奪う確率にほとんど変動がないのに対して失敗ならゲームセットという状況。
走ってもアウトになる危険を冒すだけなのだから走らないほうがいいと考えます。
球場は本塁打の出やすい東京ドーム、今シーズン小山も恐ろしいほどの投球はしていないでしょう。
打者隠善はこの日1安打3三振。
単純に本塁打の確率の分は試合を振り出しに戻せる可能性があったわけで、出塁率・打率ベースで考えても1%以上は同点の可能性があったんじゃ。

とはいっても多分そんなもんですからね。
矢野が走ったのは巨人がどうせ負けていただろう場面だし、あの盗塁失敗が敗因でもなんでもない。勝敗という観点から言えば取るに足らない出来事。
ただ勝敗への影響が微少だったからといって選択がおかしいことが気にならないかっていうと、その言い方もちょっと違和感があるという話で。
盗塁すると勢いがつくだとかっていう効果がどれほどのものかわかりませんが、個人的にはおかしいなぁという感想ですね。
まぁ、ただそれだけ。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。