Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clutch

いやはやちょっと全米のほうを見渡すと本当に色々な指標が見られますけども
Clutchってのはなんなんですかね。
一般的には勝負強さなんかを表す語ですが、具体的にビル・ジェイムズによるRuns Createdの一部に"Clutch"という評価があるようで
前から存在を知ってはいたんですが実際どのように使うのかがイマイチわからないんです。

計算式は

有走者本塁打-(有走者打数×本塁打/打数)+得点圏安打-(得点圏打数×打率)

ってなもんで、一言で言うと「全体の成績に対して有走者・得点圏時によく打っている」ことの評価になりますでしょうか。
最近見つけた計算例では上の式で求めた値をそのままRCに加算していたんです。
データの見方について色々と勉強するまでは得点圏打率は魅力的な数字だと思っていましたが今は単純にそれを評価していいのかは疑問を持っています。
勝負強さを表しているかどうかとか年ごとの再現性を語るまでもなく
出塁の連続によって得点するためにはまず走者無しから出塁してそこで「決める人」に回るわけで、どちらも重要なはず。
打点は、リレーで言えばアンカーだってだけで、1位になったとしてアンカーだけの手柄なわけはありませんから。
「得点圏打撃/非得点打撃」の比が極端に偏るのはチーム全体の得点効率から見て必ずしも喜べないんじゃないでしょうか。

具体的に言えば打率に対してすごく得点圏打率が高い人は、逆に言うと得点圏に走者がいないときはあんまり打たないってことです。得点圏じゃないときに打ってくれる人がいないと得点圏が生まれませんから得点圏打率ばっかり高くてもしょうがない。
思えば一頃の今岡がそんなことを言われていた気がしますね。もっとも、チーム状況的に偏ってそれを期待されている打者がそのような結果を残すことは評価に値すると思いますが、ここでいうClutchは単純に打者の優劣を表すものじゃなくて良い打者でもチャンスメークを得意としていればマイナスに出る数字です。
「得点圏打撃/非得点打撃」の比は良い悪いじゃなくてタイプの問題な気がして、総合指標にただ加えるのがどうも腑に落ちないんですよね。総合指標の考え方ってそういうものなんだろうか。
多分英語をマトモに読めなくて理解できていないのが問題だと思うのですが、誰かに教わってみたいものですね。

ちなみにですがClutchを求めるには走者状況別の打撃成績が必要なので、NPB公式サイトあたりの情報では不十分ですね。
yahooとか利用して一人一人計算するしかないと思いますが、全選手に対して出すのはだいぶ面倒そうです。
一応セの4番について計算してみるとこんな感じに。

ラミレス 5.97
村田 4.45
畠山 1.90
金本 -0.24
栗原 -4.28
ウッズ -9.35

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。