Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりわからない

考えれば考えるほどリード(主に配球について)って評価が難しいですね。
ファン側ではなんとなく「○○はリードが良くない、△△はさすが」だとかレッテルが貼られて、一部の捕手に関してそれが当たり前のように語られますが
そうなのか?本当にそうなのか?と考えると答えは出ないような。
僕もわかったつもりになってなんだかんだ言ってみることはありますが、心の底にはどうせわからないというあきらめがありますよね。
「裏」と「裏の裏」のふたつ使うだけで全部の配球について肯定も否定もできてしまう気もしますし。

完璧な証明を見たいとは言いませんが、リードについて大筋で納得できる客観的な評価には結局一度も出会ったことがないかもしれません。
個々の事例について、「確かにそうとも言えるかな」って解説がポツポツあるだけで。それについてもやっぱり逆のことを言ったら絶対にダメなのかの答えも出ませんし。
先行のイメージありきで、印象の良いA捕手についてはプラスがあった時だけ数え上げ、印象の悪いB捕手についてはマイナスがあった時だけ数え上げ、「ほらやっぱりAのほうが良い」って言っているように見えるシーンもあります。
守備のイメージは遅れてついてきて一度つくと変わりにくいっていうセイバーメトリクス的な分析からの傾向と同様なのかもしれません。

結果論しか言えないなら結果論だけでもいいんですけど、気まぐれに取り上げたり作為的に取り上げたりしないでとにかく全体について徹底的に結果論を集めてみたいですね。
プロの中で、そんなにリードで差がつくものなのか。
「変わらないだろ」と言いたいんじゃありません。「わからない」んです。
僕にとっては少なくとも当たり前のように言い切れるものじゃないですねぇ。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。