Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

野球北京五輪を見て

マネー・ボールはじめセイバーメトリクス界隈では散々言われてきたことですが、攻撃において肝要なのは何よりも「アウトにならないこと」です。
野球の攻撃とは様々な手段を講じてホームを踏むことを目指しているようでいて、単純にはアウトを取られるか取られないかの二極的なせめぎ合いとも言えます。
何しろアウトにならない限り永遠に点が入るのですから。
出塁率はその野球の根幹を表した数字で、実際には出塁率10割は無理です。
現実のレベルでは3アウトを計上するまでの間にいくつもの成功(=アウトにならないで出塁すること)を集中させるのはとても難しいことだと言えます。
その“集中させることの難しさ”を解決する手段はとにかく個々の出塁の確率を高めること、少ない数の集中でも得点が入るように質の高い出塁(長打)を追求すること。

まぁ、結局は何がどれだけ大事なんだという話。
例えば解説の方が「アウトになったとしても日本の全力疾走が相手にプレッシャーを云々」とか一生懸命言っていても、どこかから「で、それがどうしたの?」って声が聞こえてくる気がするんですよね。
良いアウトか悪いアウトかよりもアウトか出塁かのほうがその局面にとって何百倍も重要です。
日本の精神性においてどれだけ重いものであろうが、野球の勝敗に強い影響を与えないならば勝利に貢献しない。
「アウトになったとしても走者を進める打撃」だとか、その意識のために出塁率や長打率を犠牲にしていたらどうか。
よくあれだけポジティブシンキングというか、深い見方をされているようですが、ゲームの構造の根っこから遠い要素をいくら煮詰めても影響は薄いままです。
何が重要なのか、何が重要でないのかってのを改めて考え直さないといけないんじゃないでしょうか。
先頭打者への四球とか失策とか、精神性としての嫌悪がいつの間にかその嫌悪の分試合に悪い影響を与えているかのような認識になってしまっている気がします。
精神論が現実の認識に滲んでいる、というか。

僕のようなただのファンからすれば特に、スポーツなんて結局は娯楽に過ぎませんから(特別な思い入れがないとかって意味じゃないですよ。なんだかんだ言ったとしても最終的な拠り所はなんとなくの好き嫌いだってことです)ゲームとしての効率を追求しなくても、宗教的な活動で別に構わないのですが
勝ちにこだわるというならばもう少しそれらしいものを見たかった気がします。勝ちへのこだわりというのが一応根本的なものですから。
というか今回気付いたのですが国内で大体同じ状況同士の試合を見ている限りは言ってもそれほどは気にならないってことなんですかね。
国際大会でまざまざと見せつけられた気分なのは。

まぁなんというか荒らっぽいエントリーで申し訳ないですがひとまず各チームの頑張りに拍手を送りたいと思います。

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ