Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

ノムさんって

清原の引退!…は思うところはありますが書いても薄っぺらになるので特に触れません。
だいたい年季の入った野球ファンでないから彼の野球人生の前半とか全く見てませんしね。


ところで楽天の野村監督って、評判悪いんですかね。
チーム打率・防御率とか得失点差がいいのに順位が低いのは戦術面、監督の責任ではないのかっていうふうな意見を見たんですが
どのくらいの割合の方がそう思っているのかはちょっとよくわかりません。
今チームスタッツを軽く研究していて、何故か今まであまり見ていなかったのでこれが面白いんですよね。
色々監督の評判とかとも照らし合わせてみたいんですがそういうのはみなさんのブログなど見て回ったらいいんでしょうか。

個人的には楽天は編成も含めて良い印象で見てます。
野村監督はなんだかんだ言って長打が重要だってのをわかっている雰囲気ですし。
あと評判と自分の印象が違うような気がするは鉄平もかなぁ。
確かに去年の打撃成績はちょっと悪かったですけど走塁や守備は(多分、少なくともチーム内で相対的には)悪くなくて
こういうあまりマイナスを生まない若めの選手がポストを埋めていてくれるっていうのは今の状況の編成やベンチにとって有り難いというか、間接的に利益を出すんじゃないでしょうか。
その意味では重要な選手だと見てます。まぁチーム状況が違えば重要度は変わりますけどね。

コメント

私は、監督の責任は低いと思います。

監督の違いが、どれだけ成績に影響するのかと
考えれば、影響力は低いんじゃないかなと。

監督次第で、選手のやる気が変わるなら別ですが
そこまでは、わかりませんし・・・。



相互リンクありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

ノムさん、セイバーメトリクスの観点からは
なかなか優秀な監督と思うんですが。
バントが少ない、エンドランに過大な期待をしない、
四球を選べ、見逃し三振はOKとか。
ヒットエンドランて日本人は多分誤訳してると
思うんですけど。この場合、ヒット=安打ではなく
打ちに出ることで、無死で敢行した場合、無死一三塁
にすることが目的じゃなく、一死二塁にすることが目的で
バント以外の形での併殺逃れ、進塁打がエンドラン、
仮に安打になって無死一三塁になったらそれは
僥倖によるボーナス、
というのが日本以外の理解みたいなんですけど、
これを指摘したのは私の知る限りノムさんだけですね。

クロスケさんご指摘のとおり、
北京五輪でも大物打ちの松中を入れるべき、と
早くから主張してますし。
 これに対し星野に代表される日本的野球観では
松中は短期決戦で弱い、勝負強くない、
肝心なところで打たずに四球を選択する、
守らせるところがない、と眼中に入れることすら
拒否される選手ですね。どちらが正しいかは
長打力に粉砕された星野ジャパンの姿で明瞭と
思うんですが。
 
 もともとが、ブレーザーの指導に学び、
テッド・ウィリアムスの「打撃の科学」で
配球の妙と読みに目覚めたひとですから。
読んでるかどうか別にして、書棚にセイバー関係の
本並べてるようです。

豊田泰光、長嶋、川上と同様、直にアメリカから
学ぶ姿勢が身についてる世代だからですかね。
日本野球の閉鎖的枠組みから自由な、というより
彼らのあとの世代が今日の日本野球のドグマを
形成したんでしょう。

 連続投稿すみません。
今シーズン、得失点の割りに勝敗効率が悪いのは
貴ブログの研究どおり、高出塁率頼りの得点力は
ビッグイニングを作る代わりにコンスタントさが
欠けるのが1つ、守備力が低いのが1つ、ですけど
最大の理由が岩隈が一人で失点を滅茶苦茶防いでる
せいですよね。
 あと、中継ぎがメタメタだからクロスゲームを
拾えないのがそのつぎの理由。
 以上で充分すぎるくらい説明がつくので
采配は関係ないと考えるのが知性というものですね。

>はだ じゅんさん

こちらこそよろしくお願いします。
良い方向でも悪い方向でも、監督が勝敗にどのくらい影響できるんだって問題がまずありますね。
特に試合中の戦術だとか多少の投手起用の選択で。
もっと根本のレベルで監督によって選手のやる気が変わるとすると
まずは得失点差が去年の-101から+17に改善されていることを評価しなければならないはずなんですよね。



>りんちゅーさん

実は僕、以前なんとなく野村監督に対して
大砲ばっかりの野球を否定して細かいこと(犠打、盗塁等)をちょこまかやっていく、っていうようなイメージがあったんです。
で、特に未整備なチームである楽天ではそういうことを前面に出していくのかなぁと思ったら
改めて見てみると盗塁と犠打の限界とか長打の重要性とか至って冷静に捉えている雰囲気を感じまして。
勝手な先入観を反省しています(まだこれも性急なイメージかもしれませんけど)。
考えてみれば古くから野球に触れている人ほど決まりきったフレーズで修飾されていない「裸の野球」を見られたはずで、思考停止してしまうことさえなければ最強なのかもしれませんね。

得失点差に対する勝率の低さの内容は結果的には仰る通り、岩隈の登板にプラス得失が集中しているってのが大きいと思います。
ただ他の要因に関しては去年にも言えちゃうんじゃないかなっていうのが少々。

すんません。ご指摘のとおり、
守備の悪いのは失点の多さに
反映しますから勝敗効率には関係ないですね。
 それに中継ぎの悪さは昨年までも同一。
今年は先発が改善されたので相対的に
目立つ、ということはありえますが。
 最大の原因は偶然によるものなんでしょうね。 

多分そうでしょうね。というか
あんまり細かいことは自分には思いつかないのが正直なところですが。
今年はたまたま順位が低かったり、負けてる時の「ぼやき」はただの鬱陶しい愚痴に聞こえてしまったりでファンの間の心証が悪いのかな、と思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/207-5e633367

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ