Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おお

ノリ楽天なら“燦”塁手…ゴールデングラブ貫禄の受賞
http://www.zakzak.co.jp/spo/200811/s2008112717_all.html

何故か結果のわりに貶された中村紀洋についてRRFが紹介されています。
といっても落合監督の評に対してもそのままの意味では取らず落合流の、なんらかの意図があっての発言だと受け取る向きが(ブログ等ファンの雰囲気を見ると)多いようですが。
守備が失策とかでなく数値で表せるってことの紹介は大きいだろうなぁ。
「レンジファクター?なんじゃそりゃ?」と検索してmorithyさんのサイトに辿り着くっていうような人も多いのでは?



トラ鳥谷“守”役獲れ! 真弓が注文を出した意図とは
http://www.zakzak.co.jp/spo/200811/s2008112716_all.html

この記事の真弓監督の発言も妙に核心突いているようで面白い。
「ゴールデングラブ賞を狙って、獲りにいっていいよ。アピールしていかないと、獲れるものも獲れない。(記者の)皆さんに『遊撃は井端』という固定観念があるけど、井端も動きが悪くなってきている。鳥谷は安定感が出てきているし、そろそろ逆転してきているんじゃないかな」







尚成G保留1号 ダウン提示「納得できなかった」
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20081128-OHT1T00051.htm

去年から比べて一気に調子を落としたようにも見えますが、DIPSを知っている者からすると妥当なところだというだけの感想かもしれません。
投手の単独の責任とされる被本塁打・与四球・奪三振の3項目だけで評価すると去年と今年に大した違いはなくて、自身の能力に見合った防御率なのは今年のほう。去年は運が良く出来すぎだったとセイバーメトリシャンは見ていたんじゃないかと(?)思います。
勝利が消された面があると言っていますけど、それでも8勝5敗はよかったほうだと思いますよ。単純にイニングと失点率で見ると5、6勝が妥当ではないかと。高橋より投球回が1/3多くて失点が3少ない村中は6勝11敗(こちらはこちらでこの敗戦数は不遇だと思いますが)。
あ、別に高橋は良い投手だと思ってますし交渉に文句つけてるわけじゃないですよ。


コメント

いつも楽しく見させてもらっています。
尚成に関しては全くその通りだと思います。
ピッチングを見てる時は良い投手だとは思いますが、先発時の平均投球回5.5回で、勝ち星が少ないのを中継ぎのせいにするのはどうかと・・・。
村中は大量失点するケースが多いのですかね。

今回の契約更改、石井一はともかく、金城のアップ査定が全く納得できないのですが、どう思われますか?

どうもはじめまして。
金城はアップなんですか。
まぁ年俸についてはそもそも純粋な活躍で決まるものではないので
何が適正かというのはよくわかりません。契約年数やFAとの兼ね合いもありますよね。
自分が興味があるのは真に誰が勝利に寄与したか、貢献したかということですが
その面から言うと去年よりパフォーマンスが大きく劣るのは事実だと思いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/287-ba6acf3b

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。