Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BT

昨日、出先で本でも読みながら時間潰すかって機会があったので
週刊ベースボール・タイムズ33号「オリジナル表彰式」と増刊号「イヤーブック2008」を買ってみました。
何故か普段雑誌を読む気にならない人間なのでパラパラ立ち読み程度しかしたことがなく、本当はもっとアンテナ張りたいし応援もしなくちゃいけないのになぁと思って反省してますが。

で、今更ながらこの2冊を読む限りでの感想を言うと
個人的にはぶっちゃけ微妙です。
読んで面白くない本だとは思わないのですが従来の情報の「数字を持ち出して見てみた」から抜け出していないような気が。
無難な(一般に知られている)数字がメインになるのは仕方ないにしても、切り口に新鮮さを感じないのが残念。
(「日本は世界に比べ、異質な野球をしている」と言い切った増刊号の“脱日本野球論”、「先制点は0-0からの勝ち越し点に過ぎない」と言い切った33号“野球アナリストの視点”は光っていましたが、後者は特に同じ話が道作さんのサイトで見れます


数字の扱いに関しては質問したくなるようなところがいっぱいなのですが思い出すのだけ言うと
同一リーグ内で表彰を選ぶ際にRC27とOWPを並列して参考にするのは意味ないんじゃないかということと
守備の評価には失策数を重用していてここまでの連載でDERを出さなかったのだろうかというのと
広島の攻撃陣について打率がリーグトップなのに得点が5位だから作戦遂行力を云々……というのはどうなんだろうというのと(そもそもOPS・XRがリーグ最下位。何度でも言いますが大概のチームはわかりやすく打った分だけ点を取っています)
「外野への単打で走者が2つ以上の塁を陥れる割合」は定義がよくわからないこと、一塁→三塁と二塁→本塁をごっちゃに扱ってるなら走塁能力が同じでも迎えた局面の割合に数字が左右されます。アウトカウントでも相当違うはず。ちなみにこのデータから賞賛されている中日、リーグ平均の割合と比較してのエクストラベースは約10。ひとつあたりのRun Valueは0.5もないだろうと考えると影響は小さそうな……まぁよくわかりません。

ろくに読んでない上に未熟者の自分が色々偉そうに申し訳ない。期待・愛情の裏返しということでよろしくどうぞ。
それにしてもセとパでGO/AOが随分違うんですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/288-a972fe98

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。