Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1番青木2番中島って豪華だなぁ

前菜からウニ・イクラというか。1・2番の役割が「前菜」で済まされるわけはないですけど。
それにしてもどういう試合であれやはり杉内みたいに抑えるのを見るのは気持ちがいいですね。







How to measure a player’s value

英語の記事(THT)ですけど、力作というかよくできている感じがしますね。あんまりちゃんとは読めてないんですが。
FanGraphsでもちょっと前までWin Valueの話をしてましたし、ネット系のメディアで選手の評価を総合評価に落とし込むのが一般的になってきたという感じでしょうか。
今回のTHTの記事に至っては何かプラモデルみたいだなと思いました。パッケージになっていて適宜アレンジ可能、というか……

現状、打撃評価の守備位置補正という考え方はあまり好んでいなくて、守備位置別の難易度・貢献の高さみたいなものを導入したいんですよねぇ。ただ方法もあまり思いつかないし思いつくとしても実行に移すのが難しそう。
ついでにAbove Replacementってあんまり馴染めないんですが一般的ですね。


コメント

Win value セイバーメトリクス 選手の総合評価について

おそらく下記のところ野手なら攻撃と守備 そして 総合評価のような枠組みになっていると思うのですが

Batting+Fielding+Replacement+Positional=RAR

Battingは ふつうに考えれば RCでも良さそうですが どうやらそうでなさそうです

FieldingはUZRの数値そのものです

Positionalはキャッチャーやショートですと+。一塁手ですと大きく-になっています。

オフェンシブとデフェンシブをある程度 考慮しているように思います。

ショートとDHで同じ成績なら 当然 価値は違うだろうと

Replacementについては何を意味しているのでしょうか?

総計の値RARがその選手の評価ということですよね?


http://www.fangraphs.com/leaders.aspx?pos=all&stats=bat&lg=all&qual...


是非 お願いします

RARによれば 実は ゾブリストが最高の価値があるということですよね ?

質問です

失礼しました。はじめまして 勉強させてもらっています

是非 教授お願いします

>王さん

はじめまして。よろしくお願いします。

Win valueのRARは仰る通り選手の貢献を総合的に、得点の形で表したもので
「最低限の年俸で雇えるレベルの選手に比べて何点多く貢献したか」という意味です。
私もそれほど細かくはこれについて勉強していないのですが、大まかな捉え方としてはそれぞれ以下で問題ないと思われます。

Batting:平均的な打者に比べて得点をどれだけ増やしたか
Fielding:平均的な守備者に比べて失点をどれだけ減らしたか
Positional:守備位置ごとの難易度や負担を得点換算し、守った分だけ貢献として付与したもの
Replacement:最低限の年俸で雇えるレベルと比べての得点

平均との比較では、平均的な選手は当然ゼロの評価になりますが
最低限のサラリーで雇える選手に比べればメジャーの平均的な選手というのは貢献が高いので
打席に立つごとにその分がReplacementに加算されていきます。

Win valueでは600打席あたりで平均と最低限レベルの差は20点ですから
600打席の出場、above average(平均と比べて)で+5の選手はabove replacement(最低限の年俸で雇えるレベルと比べて)では+25です。
Replacementを外すと「平均的な選手に比べて何点多く貢献したか」になります。
2009年のRARリーダーはBen Zobristですね。

ありがとうございます

これからのマネーボールは守備へ着眼することにより 経済性を確保できるものであると思います。

以下 自分のコミュに書いた一部です

結局 RC と UZR でその選手を総合評価してもいいような気がします

===


マリナーズチーム全体のUZRリーグ1位。DIPSは平均であるが 防御率は第一位。

マリナーズのGMはセーフコの地の利を生かすべく 徹底して 守備で失点を防ぐという戦略を持っているようですが、例えばNYYにデーモンという打者がいます。総合的な攻撃力 RC 年間で例えばデーモンという打者が+100を創出しているという強打者ぶりですが、この選手のUZR-11です。平均的な野手よりも11点 多く守備で与えているということにセイバー的にはなっています。


例えばWS第4戦 MVPは9回 見事な盗塁をしたデーモンですが 第4戦 もし優秀な外野手なら 序盤1失点で済んでいた可能性があり、最優秀な外野手なら 序盤2失点が防げていた可能性がありました。あの試合を全体を眺めながら デーモンという選手の得失点にかかわる働きを見ていればわかると思うのですが 序盤 彼の守備のまずさが失点に直結してました。

私はこれをマッチポンプではないかと評しました。マッチポンプとは自分でマッチ 火をつけ 自分でポンプ 給水するということですが、自分の守備のまずさで序盤失点し 最終的に 自分の打撃及び足でそれを取り戻し 事なきは得ました。

一方 対照的なのがグティでありRC年間で約80得点稼ぐなかなかの打者ですが UZRがメジャー全体で最も高く+28・・・ということで実はトータルでは貢献度+108と評価できなくもありません。デーモンは100-11ですから貢献度+89。実際にセイバーメトリクス的には グティの方が総合価値が高いということになっています。

しかし年俸はRCの高いデーモンの方が断然上です。

一般に RCの高いオフェンシブプレイヤーは金がかかります。そこでマリナーズのGMの戦略はセーフィコという地の利を生かすべく RCとUZRのトータルを睨みながら 特にUZRの方に注視し選手を選定しているようにも思います。

地の利を生かすべく UZRの高いチームにするとともにシルバなどの不良債権がチームから一層された時、最終的には守備のあまり影響のないDHや1塁手に 打撃力のある すなわち RCが高くコストのかかる選手へ集中投資しようとしているのではないかと私はよんでいます。

もしこのような戦略をもっているなら これからもUZRの悪い守備の弱い選手を切ってゆくと思います。そして勝負に打って出る時がきっとあるだろうと・・・。 

追記

結局 Battingは平均的なRCをもとに どれだけ得点を稼いだかをWin valueでは求めているということでしょうか?

>王さん

>結局 Battingは平均的なRCをもとに どれだけ得点を稼いだかを

Win Valueで使っている打撃の評価は正確にはRC(developed by Bill James)ではありませんが
意味としてはその理解で何ら問題ないと思われます。
Win Valueが採用している方式は線形加重と呼ばれるものなのですが、その結果がRCと99%一致するのはビル・ジェイムズ自身が認めているところです。

むしろこういう評価をするときに重要なのは「何を基準にするか」ということで
RCは創出した得点の全体を表す数字、すなわち絶対的なゼロを基準にした数字である一方
UZRは平均を基準に守備で何点貢献したかを表す数字(平均との差)ですから
両者の評価を統合する際にはRCとUZRの基準を揃えてやる必要があると思います。
そのため通常、RCを「同じ打席数で平均的な打者が稼ぎ出すRCとの差」といった形にします。結局それがWin ValueでのBattingです。


守備の評価の見直して効率の良い球団編成ができるということには全く同意で
仰るように球団も既に導入しているでしょうね。UZRの開発者も球団に雇われていますし。

自分はマリナーズの成績を眺めていてピンときたのですが 実は球団にUZRの開発者を顧問に入れているのですね

その人はスタッフとして雇われているのでしょうか?ちなみに GMはセイバーだと聞きましたが

極めて戦略的な雰囲気をあのチームスタッツを眺めて感じました。

かつてのマネーボールは盗塁や守備は無視してもかまわないとされていたが OBPやOPSが皆から注目されてからというもの全くアドバンテージがなくなってしまった。これからは守備をセイバーし 取り入れるチームが出てくる・・・ マリナーズも新たなるトレンドを作り出しているということなんですね。

>王さん

UZRの開発者(Mitchel Lichtman)はカージナルスで、マリナーズのコンサルタントとしてはTom Tangoというセイバーメトリシャンがいると記憶していますが
MLBに疎いので怪しいのと今は状況が違う可能性もあるのでその辺のことは私はよくわかりません。
当然ですがUZR(に類するもの)そのものは今やどの球団も把握しているでしょうね。

もちろん データとしてはどこの球団も持っているでしょう。要はそのデータをどう戦略の中で組み込んで使うのか?という部分ですよね。私は野球において特に関心のあるのは この戦略性についてです。

例えば ベタンコートという野手を切った理由も私はUZRがメジャーで最低の-23であったからこそ切ったのだと思っています。


以下 マリナーズが見本とすべき戦略を私は日本ハムに見出しました。転載です

====

ハムはセイバーを取り入れている球団であるとも言われますが どこがそうなのか?じっと今回のはじめてシリーズのハムを眺めていました。まずそもそもセイバーであるなら 打者で最も攻撃力のない森本がなぜ2番なのか?疑問をまず抱きました。


   二番森本 犠牲バント 43回/43回成功 2009

成功率100パーセント。盗塁も多く いわゆる典型的なスモールボール・・・。

さて ところで日ハムにとって、積極的な打撃とは 自分の得意なボールだけに絞込み 打つ! 苦手なボールはストライクでも見逃せと これ 積極的な見逃しと呼んでいるようです 。

そして 444もの四死球を選んでいるハムは 2ストライクに追い込まれた時に ファールにする技術を身につけているようです。これを前監督ヒルマンは2ツーストライクアプローチ と呼び 選球眼はなかなか身につかないになら ファールにする技術を身につけようとしました。打つときに意識を右打者なら右ひざのところまでボールをひきつけるという風にして ふだんより練習。 2ストライクなったら とにかくねばって四死球を選んでいこう。仮にアウトになっても 投球数を多く投げさせることになれば 相手も疲れる。

これがくさいボールをファールすることを可能にし 四死球の多さに結びつき 結果 OBP(出塁率)が高くなり 日ハム OPSも高くなっているようです。ポイントはそれをナイン全員が意識統一してる点です

OBPが高く 犠打成功率も高い。ハムの打線はつながる、といわれますが つながるは偶然ではなく必然だとハムの戦略を知って私は判然としました。

この球団 広い球場を生かしたHRが打てないなりの戦略を持っています。あの外野のトリオのすさまじい守備範囲と肩。これははっきり言ってマリナーズの外野陣にも そう見劣りのする布陣ではありません。NYYよりは確実に上です。そして 脅威の犠打成功率 869。巨人よりも200近く高いですが このバント技術にも秘密があるようです。

これは四死球を大事とするセイバーを取り入れながらも セイバーにあらず。スモールとの融合。森本2番もあとからよくわかりました。

日ハム 恐るべき戦略 !

弱者の戦略としては すばらしいものがある。セイバー派のGMを頂きながらも 監督はスモールベースボールを展開を好むマリナーズが学ぶべきものがハムの野球にはたくさんつまっているように私は思います。特に 四死球についての考え方ですね。好球必打と2ストライクアプローチ という このツープラトン体制で ハムは打率及び出塁率が非常に高い打線を可能とし、大きな球場でたとえHRは少なくても結果 大きな得点力のあるチームへと仕上げていきました。


===

とにかく打力がリーグ最低のマリナーズ。OBP OPSは低すぎます。

私は特に日本の野球については無知に等しいので勘違いもあるかもしれませんが

かつての日ハムも打撃陣が貧弱でしたが おそらくチームの改革により 金がない大きな球場における 明確な戦略を日ハムは明らかにしてくれた気がします。よってもし私のこの想像が正しければ マリナーズのGMはFAのデーモンやダイはまず取らないと思います。少なくとも私がGMなら上記のような戦略をもって チーム編成を考えてゆくので まず取りません。



>王さん

MLBの特定のチームの戦略については、私はメジャーを見ませんのでわからないですね。
日ハムで言えば数字的には別に四死球が多いってわけじゃないですし、実際の要因は結構単純なものかもしれませんよ。

たしかに四死球が特別に多いわけではないです。ハムは。

ただ マリナーズはメジャーでもOBPはほぼ最低のレベルです。これを改善するいいヒントにはなると思います。

メジャーは見ないんですか?

あと 戦略そのものについての関心はないですか?

もし野球の戦略について語られているサイトがあれば教えてください。

軍事関連の本や 過去の戦史を私はヒントに野球を眺めたりしてます。

>王さん

メジャーは見ないですが、戦略そのものについての関心はありますよ。
サイトはやはり当ブログからリンクさせていただいているサイトさんたちがオススメですかねぇ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/309-e8b43c7d

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。