Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、悪い目が出たわけですが

とにかく見てて疲れましたね。まぁ、どちらかというと予想されていたのはこういう展開だったので納得といえば納得ではありますが。
放送の「安打は2本しか打たれていないんですが……」とか「無駄な四球」とかの言葉には遅れているものを感じざるを得ませんでした。
出塁を帳消しにしアウトカウントを増やすというヤバいプレーである走塁死を(日本側の好守備と判断するにしても)韓国が繰り返してくれてそれだけで向こうは甚大な得点期待値の毀損があったはずなんですが、まぁ打線が0点ならどうしようもありません。
試合後のコメントに「日本の守備、良い所は出たんですけどねぇ」というようなのがありましたけど、結果としてそれが出ても負けたっていうのは受け止めて欲しいところです。そして守備に妨害されベースランニングが大して機能しなかったほうが勝っている。
発揮されても負ける良い所って、他を犠牲にしてまで追求する価値があるものなんでしょうか?
と、ここまで言うのはまぁミクロな試合結果に感化されすぎなのかもしれませんが、振り返るんじゃなくてさらに煮詰めて「あれが捕れていれば」とか村田の守備が槍玉にあげられようものなら……なんだか怖いです。


コメント

最後の3行は全く考えもしなかったのですが
考えてみればありそうな話ですね。
ちょっと怖いし精神衛生に悪そうなので他所の掲示板はしばらく見ないことにします。

>道作さん

まぁ得点がゼロだったので、それが敗因ではないことは誰の目にも明らかでおそらく考えすぎなんだとは思いますが。
村田はどうも広く好まれて(認められて)いない気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/315-99011269

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。