Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baseball Between the Numbersを読んでいます

最近THTなど英語のサイトを見るようになって多少英語のリーディング能力がマシになった気がするので、初めて洋書というものを買ってみました。
セイバーメトリクスをやり始めてから数字・統計リテラシーや科学的思考力も以前のひどい状態から少しはマシになったような。なっているといいな。

んで、本の内容。読んだのはまだ一部ですが気になったのはやはりクラッチに関する考察。
WPAのように打撃でどれだけ勝利期待値に貢献したかという数字(日本の研究では勝率案による評価がほぼ等しい)から固有状況を捉えない従来のBatting Wins的な数字を引いた結果をクラッチ指標としてその再現性を分析しています。クラッチ指標がプラスなら打撃イベントが持つ平均的な重み以上に勝利に繋がる仕事をしたということ。
各打者の偶数年のクラッチ成績合計を横軸・奇数年のそれを縦軸にとり散布図を作っているわけですが……一見統計の参考書で「こういう丸い散布図は相関がない」と例で出てくるような図でしたね。ただしよく見ると若干まとまりがあるのかな、という感じ。

クラッチ技能の存在を匂わせる結果を示しながら(書かれている結果からすると戦略に取り入れる価値としては物凄く低いか無いと思いますが、これでもセイバーメトリクスのクラッチ研究の中では最もクラッチの存在に肯定的な部類)、最後にはクラッチ指標の高さに相関する要素として四球率の高さと三振率の低さを挙げています。
考察の方法論やサンプル数などかなり説得力の高い研究であると思われます。
Win Expectancyをクラッチの定義に用いるのは必ずしも世間のクラッチ議論と噛み合う答えとなるかはわかりませんがそもそも相手方(?)から定義がちゃんと出てこないような議論の中でよく論理的に筋が通るものでしょうし他のいかなる恣意的な基準よりも現状「最もベター」でしょう。
ただ疑問も少しあります。
ひとつはWin Expectancy評価と通常の打撃評価との比較の仕方。あの比較の方法だと、例えば同点9回裏走者三塁といったシングルヒットでもホームランでも同じという場面ではホームランよりシングルヒットを打つほうが相対的によりクラッチと計測されてしまうんじゃないでしょうか。ホームランを打つほうが「重圧のかかる場面でより良い打撃をした」わけで、無駄打ちをしたというわけじゃないと思うんですけど。
あとは相手投手のクオリティーやタイプ。勝利期待値の変動の大きい場面では相手チームが選択して優秀な投手を投入してくるといったことが考えられますが、右打者/左打者でそういう相手の選択による打撃成績の変化の仕方が違ったり、長距離打者のほうが比較的シビアな条件を強いられやすかったりすることもあるのではないでしょうか。クラッチ技能とは別の除去すべきバイアスが何か存在する気がします。
実際にはそういうことは問題にならないのかもしれませんし、今まで見た中でクラッチ議論に対する最もスマートな考察のひとつであろうことに疑義を差し挟むつもりはありませんが。
組織でやっているんならMLVとか使うんじゃなくて各打席ごとに固有の打撃データを利用して投手のクオリティーを補正しつつWin Expectancy変動の期待値を求めるとかできるんじゃないかと思った次第で。

まぁBaseball Between the Numbersは上記に書いたクラッチの考察も含め道作さんが結構触れられているのでもういいかなと思いますが(と言いつつ触れたくなったら触れてしまうかもですが)
他にも注文したので書評とか書ければと思っています。いつになるだろうか。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/325-64cfb63e

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。