Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

統合的な打率

MLB方面ではライナーウエイツでアウトをゼロとして係数を補正し出塁率にスケールを合わせたレートスタッツとして利用するwOBAっつーやつがありますけども(説明雑すぎるか。まぁ前にも書いたので)
NPBの場合スケールを補正しないままで打率みたいになるし、係数もわりかしざっくりでも得点との相関は出るわけで

(0.7×単打+1×二塁打+1.3×三塁打+1.7×本塁打+0.6×四死球)÷(打数+四死球)

ぐらいでも四死球を加えてそれぞれに重みを与えた打率にはなるなーとなんとなく。
まぁこの手の指標はだいたい「なんだかんだでOPS」に終着する感もありますが
やっぱりBatting Runsに変換できると便利。

そういえば最近ノーマークだったBTで『1から始めるセイバーメトリクス講座 第1回「OPSとは?」』なんて内容が載ってたみたいですね。ちょっと気になるから買えばよかった。


コメント

>ちょっと気になるから買えばよかった。


 私は予約購入してるから、もちろん、
手元にありますし読みましたが、別に面白いもん
じゃないですよw
もちろん、セイバーメトリクスを知らないひとには
有益ですけれど。
個人的には普及のためには今はまずより多くのひとに
知らしめる段階ですが、いずれ一応聞いたことはある、
程度のひと向けにより深い認知と理解を促すための
新しいレトリックが必要になると思われます。
私の周りでは一生懸命説明しても「暖簾に肘鉄」感が
・・・。
何より「面白い」と思うんですが、それを上手く
伝えられない、伝わらないのがもどかしいです。
BTのこの連載に話をもどしても同じような感想を
覚えます。
BT読んでるひとでも、セイバーしらなくて
この記事読んで「ああ!そうか!それでは!」
となるかといえば、ねえ~。

>この記事読んで「ああ!そうか!それでは!」
>となるかといえば、ねえ~。

ええ、そうなんですよね。難しいところで。
前にも書いたかと思いますが、『野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス』などの書籍も別にセイバーメトリクスの説明それ自体はキレイで良いと思うのですが
考え方の異なる人間の心を動かす、それこそ見方を変えさせるという意味での効果はどうなんだろうなぁと思うのが正直なところです(当方のサイトなんかも現状全然力を持っていないのは言うまでもないです)。
やっぱり『マネー・ボール』みたいな“物語”が付くのが一番強いんじゃないかと。
概念に馴染んでしまえばテクニカルな領域の理解は半自動的に進んでいくもので、そこには特に問題はないだろうと考えています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/338-e881c187

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ