Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREAT


WPA Inquirer (THT)

すげ。
THT提供の勝利確率を算出するモデル。
こういうのこれまでも無いことはなかったのですけどExcelのスプレッドシートだったりして実際のところなかなかとっつきにくく
Web上でポチポチやるだけでmathematicalで練られた数字が得られるというのはすごいです。

勝利確率(勝利期待値)というのは、与えられたイニング・点差・アウト・走者からの平均的な勝利の確率を計算するもので
例えば試合開始時点では両チームともに勝利確率は当然50%であり、ホームチームが2点リードで9回裏を迎えた場合93%、どちらかが勝利すれば100%または0%に行き着く……というような数字です。
各状況ごとの数字を基に、それぞれの選手がこの勝利確率をどのように動かしたかということの評価がFanGraphsなんかが提供しているWPAです。
打者のWPAは平均的な打者で0となる数字で、各局面の重要性を加味したBatting Winということになります。
(ちなみにBaseball Timesがよく載せていた「勝利貢献度」なるものは説明を読むに多分WPAに類するものでしょう)

有難いのは得点レベルの設定が選べることで、数学的な数字かつこうなってるとNPBにも応用しやすいんですよねぇ。
WPAの日本版と言える勝率案のサイトも平均得点率の高い2004年対応の数字しかパブリッシュしていませんし。
だからといってこれを使って即何かするかと言われると難しいのですが、まぁいずれにせよ勝利期待値の概念は今後も上手く利用していくことが求められると思いますので。


コメント

これはTHT永久保存版でずっと残してくれませんかね。

ところで気が変わって
上にあったTHT's statsをふと見てみると
クリーブランドの秋がずいぶんと当たっているようですね。

わざわざ手間をかけて作ったものでしょうし公開はしていてくれるんじゃないかと期待はしますけどね。
勝利期待値を使った考察って向こうではもう前から流行っているわけですし。

秋ってあのWBCにも出ていた外野手でしょうか。今年はちょっとイチロー以外の日本人選手が振るわない感じでMLBの話題からいつも以上に遠ざかってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/348-2e88d215

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。