Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守備位置補正 試算

そういえば、守備指標だけじゃなくてフィールディングバイブルIIでビル・ジェイムズが解説していたような守備位置補正の日本版もやってみないとな、と考えていたんでした。
非常にデータの整理が面倒なんで避けてしまっていましたね。
何をやるかというと結局はmorithyさんの『総合評価の守備位置補正』と同じようなことで、「もう先輩がやってくれているんだからいいや」と言えなくもないのですが、まぁ自分で計算しないのは気持ち悪いし自分なりのやり方をしたい面もあるので。

そもそも私がサイトの総合評価で使用した守備貢献のベースラインは、アベレージのチームでも144試合で72勝分の貢献があり、そのうち半分くらいが攻撃と守りに分配され、さらに守りのうち何割かが(投手でない)守備に分配されることになるはずだ、という感じのものです。
各守備位置の平均的な選手がどれだけの貢献を得るかがわかれば、各守備位置での相対評価であるRRFなどに加算して全体の貢献を得ることができるはず、と。
問題は守備の貢献はどのくらいなのかとか、各守備位置への貢献の分配はどのようになるのかというところで、それについて具体的な方法論を与えたのがジェイムズの解説でした。
その内容は前述の通り結局打撃の補正とも言えてしまうと思うのですが、ひとつの仮定で割り切って具体的に行っているという点では美しいかな、と感じました。
で、一度ジェイムズのを参考にやってみたいかなと。


2008年セ・リーグの打撃成績を、各選手の出場イニング割合に応じて各守備位置に割り振って得た結果が以下。

守備位置長打率出塁率得点創出
捕手.351.303294
一塁手.470.362559
二塁手.349.322355
三塁手.440.336446
遊撃手.346.319334
左翼手.450.348538
中堅手.397.347446
右翼手.418.318451

ジェイムズ風の計算(要はよく打つ守備位置はその分マイナスする)を取り入れつつ、年間の守備全体の貢献が12勝として各守備位置に貢献を割り振ってみたものが以下。

捕手1.9
一塁手1.1
二塁手1.8
三塁手1.4
遊撃手1.8
左翼手1.2
中堅手1.4
右翼手1.5

一年分だけでは非常に心許ないので数年分やる必要があるだろうと思います。右翼手が中堅手より高いのとかたまたまでしょうし。
これで総合評価がもう少しスッキリするといいのですが……


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/351-f0ce6c7a

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。