Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得点率・失点率

球団得点率失点率勝率ピタゴラスWIN+
ソフトバンク4.48 3.86 .594.574 1.4
日本ハム5.42 3.88 .571.661 -6.3
西 武5.20 4.60 .507.561 -4.0
ロッテ4.39 4.53 .464.484 -1.5
楽 天3.57 4.47 .451.389 4.3
オリックス4.02 5.45 .394.353 3.0
球団得点率失点率勝率ピタゴラスWIN+
巨 人4.24 3.40 .642.609 2.4
ヤクルト4.14 3.88 .574.532 2.8
中 日4.20 3.68 .556.566 -0.8
広 島3.39 3.94 .493.425 4.9
阪 神3.73 3.82 .426.489 -4.4
横 浜3.55 4.96 .338.339 0.0

※7/8時点

実際今各球団がどのくらい点取られて、点取ってるんだ?っていうのを見つつ、この前触れたピタゴラスについてもうちょっとはっきり書けばよかったなぁってことを思い出したので少々。

数字の得点率・失点率は得点・失点それぞれを(簡易的ですが)チーム投球回数で割って9倍したものです。勝率は実際の勝率とピタゴラス勝率。WIN+は「試合数×(勝率-ピタゴラス勝率)」、要するにピタゴラスに比べて実際の勝率で上積みしている勝利数を表しています。

で、ここでいうWIN+にあたる実際の勝率とピタゴラスの差について、この前は「運も大きい」というような書き方をしましたが、先進の米国セイバーメトリシャンはむしろ運が主なものとして見ているようです。とすると何が起こるかと言うと、日本では「監督の技量」だとか「効率良く勝つ能力」だとか賞賛の対象になるこの数字の上積みは「現状はチームの得点能力に比べて運良く多く勝っているので今後ピタゴラスの数字に向けて下がっていくだろう」というようなマイナスの判断材料になります。
もちろん運だけじゃあないということは改めて補足するまでもないと思うのですが、得点というカードと失点というカードがどう組み合わさっていくかはそうそう思い通りにならないということで。
結局、「基本的には運」と見たほうが実際わかりやすいのかなぁと個人的にも思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/352-eefec235

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。