Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPSを超えて

前回に続いてOPSの話から。
OPSは「強いスタッツ」だと思います。さんざん批判されてきて、でも生き残っている。実際計算の簡単さに対する得点創出能力を表現する的確さは抜群でしょう。
そういうわけで私としてもセイバーメトリクスを紹介する際、指標を乱立させるよりは一般的に使われるOPSで統一したほうがわかりやすいと考え、サイトでNOIやGPAやBRAなんかを(それぞれに異なる美点があるとしても)いちいち紹介はしていません。
しかしながら、それでもやはり批判は多い。日本の野球ファンは特にOPSの「意味不明さ」を嫌う傾向があるような気もしてきました。より正確にはXRなりRCを使えばいいと言いたくても、セイバーメトリクスに最初に触れた人がOPSで引き返してしまうことがあるとしたら、それはもったいないような気がします。
またMLBのセイバーメトリクス系のメディアを見ているとさすがに多少なり踏み込んだアナライズではわざわざOPSを用いることはなくなってきているようにも見え、ここまで強く頑張ってきたとはいえセイバーメトリクスの本家でそのうち「死ぬ」かもしれない指標をこれからわざわざ広めるのは得策か、ということも若干。
OPSの明確な欠点は、OPSの単位に具体的な意味がないことと数字の大きさに親しみがなくわかりにくいことでしょう。


そんなこんなでOPSより一歩進んで、レートスタッツとして簡単ながらもある程度体裁を整えた指標を用意しておくとしたら
色々考えた結果wOBA(by Tangotiger)なのかなぁと思います。
前にも触れましたがwOBAというのはBatting Runsのように得点期待値から各打撃イベントの得点価値を導きだし、四球や安打の加重それぞれをアウトをゼロとして補正し合計した後打席数で割った指標です。形としては、出塁率の計算のときに分子のほうに異なる加重を与えたような感じになります。 本家の式は以下。

(0.72×非故意四球+0.75×死球+0.90×単打+0.92×失策出塁+1.24×二塁打+1.56×三塁打+1.95×本塁打)/打席

平均が出塁率と同じ.330くらいになるように調節されており数字のスケールがわかりやすく、各イベントの加重バランスも「得点期待値という統計的研究から割り出した」と言えば説得力もあるでしょう(実際リーズナブルですからね)。

で、そのwOBAの日本版をということなのですが
まずは当然Batting Runs、というか線形加重の日本版を割り出す必要があり、それをこの間やったようなBase Runsの加重から持ってくるとします。別に重回帰でもいいです。
わかりやすいように項目はある程度まとめるとして、アウトをゼロとして補正した線形加重は以下のようになります。

0.56×四死球+0.72×単打+1.01×二塁打+1.29×三塁打+1.66×本塁打

そして、MLBの場合この加重を打席数で割ると平均が.300前後になって野球の数字としてあまり馴染みが無いので考案者であるTangotigerは加重を1.15倍して平均が出塁率と合うようにしたということなのですが
日本では上記の加重で計算するとたまたま平均と分散は打率にかなり近くなります。
これは都合がいいです。おかげで見やすい上に本家の式に比べて計算を一手間省き単位をダイレクトに「得点」で扱うことができます。であればわざわざ出塁率のスケールに補正する必要はないと考えます。
すなわち、出塁の意図がない例外的な打席である犠打や打撃妨害なんかはとりあえず除くとして

(0.56×四死球+0.72×単打+1.01×二塁打+1.29×三塁打+1.66×本塁打)/(打数+四死球+犠飛)

で計算し、.260くらいだったら平均的、.300以上だったらとても優れている、とか。OPSよりわかりやすい。しかも.260に比べて.280なら打席あたりで稼ぐ得点が0.02大きいので100打席で2点、500打席で10点の差が出るといったことがすぐにわかります。
もちろん打率のスケールにも合わせられることはTangotiger自身も言及していて(つまりwBAですね)、これはなんら新しいスタッツではありません。ただ、NPBではたまたま都合がよくスケールを補正するという手間がひとつ省けるんです。


これでわかりやすい名前でもつけば良いのでしょうが、「Runs Value Average」?……横文字はよくないから「平均打撃点」?打率と同じように見てというアピールで「総合打率」?
まぁいいんですが仮に 平均打撃点と呼ぶとして
単位に得点という意味があるだけに、これをBatting Runs、RCAAあるいはXR+のように「同じ機会数を平均的な打者が打つ場合に比べてどれだけ多くの得点数を生み出したか」の形にするのはとても簡単です(傑出点と呼びましょう)。

傑出点=( 平均打撃点- 平均打撃点のリーグ平均)×(打数+四死球+犠飛)

大雑把でいいならリーグ平均のところは0.26なんかで置き換えてしまってもいいです。厳密にはよくないですが。
そしてRC生値のように「創出した総得点」にすることもできます(貢献点と呼びましょう)。細かい計算は省いて標準的な得点率での例ですが

貢献点=( 平均打撃点-0.15)×(打数+四死球+犠飛)

以上のようにひとつの数字から軽い応用で「打席あたりの得点創出能力」と「平均と比較しての余剰得点」と「創出した得点数」の打撃メトリクスで求められる出力の形をカバーできるのがこのスタッツのいいところです。
こういうの、広まってもいいような気はしますが、「結局使わない指標」の海にうもれる気もして、この記事もあえて書く必要があるか悩んでしまいました。まぁ、ものは試しで書いています。

あと、計算式が若干長いといえば長いのでOPSの応用のように計算できる短縮バージョンも考えてみました。強引に長打率や出塁率から算出することを嫌う人もいるかもしれませんが、こうすると簡単ながらよく近似できるというだけの話です。

平均打撃点簡単バージョン=長打率/4+出塁率/2

出てくる数字はわりと覚えやすいんじゃないでしょうか?これは結局長打率のほうを2倍大きい数字で割っているので出塁率を2倍重視するということであり、GPAに近い。気付いた人は鋭いです。実際、GPAでもいいのですが、NPBでは平均が打率より小さくなってしまうので最後に3.8で割るなど工夫が必要であり、それならいっそこの数字にしちゃったほうが簡潔かなと。んー、この辺の小細工も悪あがきですけどねぇ。いずれにせよwOBAやGPAみたいなもんということです。



最後に上記の簡単バージョンで平均打撃点・傑出点・貢献点を算出し、RCやBatting Runsと比較、簡単でもちゃんと機能することを確認してみましょう。

※8/14時点のセ・リーグ規定打席到達者、Batting Runs・傑出点の平均は投手打席を含めて計算

選手平均打撃点'RC貢献点BR傑出点
井端 弘和.29966 69 19 20
内川 聖一.30864 65 21 22
小笠原 道大.33781 81 36 36
宮本 慎也.27146 42 6 6
和田 一浩.33276 77 34 32
ラミレス.28762 59 15 14
坂本 勇人.30067 65 20 20
藤井 淳志.28355 48 13 10
デントナ.30857 55 20 18
森野 将彦.31575 74 29 27
亀井 義行.30861 59 21 20
田中 浩康.26439 36 4 3
村田 修一.30952 50 18 17
荒木 雅博.24246 42 -4 -6
東出 輝裕.25044 40 -2 -2
関本 賢太郎.26741 40 4 4
ブランコ.30569 68 24 22
鳥谷 敬.28254 54 12 11
福地 寿樹.24640 33 2 -3
狩野 恵輔.24031 28 -3 -5
吉村 裕基.27252 51 9 7
青木 宣親.28855 58 13 14
金本 知憲.29964 63 21 19
川島 慶三.25941 39 2 1
石川 雄洋.22129 24 -11 -12
赤松 真人.24840 35 -1 -3
ガイエル.29452 50 15 13
相川 亮二.23428 27 -6 -7
栗原 健太.25944 42 2 2
新井 貴浩.22934 32 -9 -10
石原 慶幸.22425 24 -9 -10




コメント

率でもないし、値でもない数字ですから、そもそも言葉にするのが難しいですね、OPS。何割何分とかいうのも変な気がするし。かといって例えば.800を800ポイントとかいう言い方をしても相手にはなかなか伝わらないでしょうから。

出塁率と打数あたりに得る塁打数。これを単純に足すというのは大胆ですが凄く冴えた発想だと思います。盗塁と併殺、犠打、犠飛を除けばほぼXRと同じ打撃評価が出来るんじゃないでしょうか。編成やチーム戦略にはXRをつかうべきでしょうけど。

算出が手軽だし、なによりこれ一つ普及するだけで打撃評価の精度が見違えるように上がると思うんですが・・・新しいものは欠点を強調されてがちなものですね。もっとも、日本のファンが評価の精度の向上にそれほどのこだわりをもっていないだけかも知れませんが。

そういう計算をすると都合良く得点力を表す数字が出るっていうだけの話だと思いますからね、OPSは。
元々どういう発表のされ方をしたのか知りませんが、あくまで簡易的なものだと考案者も認めているとしたら
そこに細かいツッコミをして議論をするのは極端な話、時間の無駄ではないかなと。

OPSの意味不明さをどうしても受け入れ難い人たちがいるとしたら
そこはもう別にOPSにこだわる必要もないし、少し手間をかけた代替となる指標を用意すればいいだけの話で
逆にそういうのがあると納得しつつそこまでやるのが面倒ならば今度OPSはOPSで割り切って使えるようになるかもしれないと
この記事を書くにあたって考えたのはその辺のことです。

>新しいものは欠点を強調されてがちなものですね。
OPSへの激しいツッコミとか見ると、是非同じ姿勢で打率を見て欲しいって思うことがありますね。
最初に目的の話をしないとわけがわからなくなりますし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/364-67bc62ee

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。