Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RC27って

RC27って、「特定の選手が9人並んだ打線で平均何得点するか」ということに特別な意味がある指標なんでしょうか?
個人的には得点創出の高さを機会あたりで見ている指標としか捉えていません。
サイトで触れていることですが、野球の機会は打席でなくアウトなので。

RCAAを求める際もアウトを機会として計算するのが正しいというのがMLBの議論では一般的なようで
(そもそもネットではRCAAを見ないですがアウトを基準にした打撃スタッツがほとんどです)※1
RC27はすなわち「アウトあたりRC」ですから

(対象打者のアウトあたりRC-リーグ平均アウトあたりRC)×アウト数

で機会あたりの得点マージンが計算されるとすると、RC27は「特定の選手が~」云々以前にチームの得点増にどれだけ高い効率で貢献するかを単純に表していると考えられますし
27倍しているのはチーム平均得点のような形で出力することで見やすくしているだけ……と思っています。
(RC27があればアウトあたりRCAAは「RC-RC×(リーグRC27/RC27)」で求められることからも関係がよくわかります)

「特定の選手が~」を言いたいのであれば、RC27の算出に用いるRCで理論上チーム補正をするのは変な気がします。そうでないRC27もありますがどちらが考案者の意図したものなんでしょうか。
結果的に不思議な意味になるだけで内容としては単に「機会あたりの得点創出の多さ」を表しているというのが私の解釈なんですが……(その目的であれば理論上チーム補正をしたほうが適切です)。

RC27のためのRCの式で四球から故意四球を除く場合があるのも「同じ打者が並んでいるなら敬遠は発生しないから」という説明を見たことがありますが
単純に故意四球で塁上の走者が進むことは少ないから得点期待値への影響としてRCの進塁ファクターからは除かれるんじゃないかと考えています。
出塁ファクターや打席から故意四球を除くRCは見たことありません。

チームのRC27を算出して選手を足したり引いたりする、ということならまぁそれはそれでわかるのですが
特定の選手が打線を、ということには特別な意味があるんでしょうかね。
ビル・ジェイムズの著作に触ったこともありませんし過去のスタッツがどういうふうにパブリッシュされたか知らない人間なもので
詳しい方教えて頂けたら嬉しいです。


※1 後日追記
RCAA、というか得点創出のマージンを計算する際、少なくともチーム単位のデータを扱うときに正しいのはアウトをベース(機会)とすることですが
個人に当てはめる場合それは必ずしも正しくならないという指摘もあります。平均的な得点期待値の増減としてLWTSを当てはめるように考える場合さほど問題ないと考えていますが、完璧な方法はなかなかないのかもしれません。

コメント

前の記事ともカブるんですが
守備力全体でどの程度失点阻止能力があったか
いつか説得力のある数字を求めたいですねえ。

そこから遡って各選手のレンジ配分などから
得点化した守備成績が求められないかな、なんて考えているところです。
例えばチームで10得点相当分余計に阻止する能力があった、と。
で、この人はそのチームの中にあって
リーグで予想される同じポジションの平均より
5プレー多い補殺を記録しているので…
みたいのを考えているのですが、なかなか難しいですね。

ところで得点記録から(期待値増減でなく)アウトを1つ余計に獲得できれば
昨今のNPBでは相手に対して0.72のダメージに近くなってるようですね。

道作さんが仰るような方法はトップダウンということですよね。
自分としてはレンジの守備評価をボトムアップでチームの全ポジションについて求めて合計し
その利得をチームのDIPSに足すと現実の失点率とよく相関する、ということを以前に確認したので
これはこれでいいのかなぁとある意味緩く考えています。
チーム全体として見ればレンジの評価はDERそのものみたいなもんなんで(自分の独自案にしてもそうだし、RRFなどは特に)その結果そのものは当たり前ですが。

BP社がplay-by-playデータを使わずに算出している守備指標(FRAA)はトップダウンの算出法を取り入れているという噂を聞いたことはありますが
詳細不明ですし自分でもアイデア浮かばないのでそっちは諦め気味で。

>ところで得点記録から(期待値増減でなく)アウトを1つ余計に獲得できれば
>昨今のNPBでは相手に対して0.72のダメージに近くなってるようですね。

これは興味ありますがピンとこないです(^^;

この0.72って失点のスタッツを単純にいじったら出てきたもので
(単に自分でA失点と呼んでいるものを削除してアウトベースで計算しただけ)
RRF得点化の際に与えるべき係数としてあちこちで出てきた数字に
結局近似するしかないんだなあ、と考えたんですが
よく考えたらトップダウン方式からするとどうもパッとしないんですよね。
NPB限定の話で、大投手と呼ばれるような人はほとんどの場合
後ろを守る人たちに利益を与えている(DERも上げている)らしいってのが
自分の結論ながらどうにも自分自身で気に入らないわけでして。
それならそれで何とかして捕捉出来ないかなと妄想しているわけです。
今ふっと思ったんですけど
特定の投手を除いたDERと特定の投手のDERで
どんな相違があるんでしょうね。
FieldingBibleの捕手のcera項目みたいな話なんですけど。
あっちが有効と認められるんだったらこれも有効と認められなければおかしいような気がするんですけど。

道作さんが用いているA失点B失点の分解は
失点を防ぐことの貢献に対する「投手:守備者」の割合の算出にも使えそうだなぁとかぼんやり想像していました。
具体的にはわからないのですが、どこかで上手い発想の転換が生まれればさらに良い応用が開発されそうな気がします。
ただまだあのXRによる分解がすなわちどういうことなのか、その根っこをワンセンテンスで説明できるまでにロジックを落とせていないので感触が掴めません。

DERについてはちょうど最近ある程度打席数を積んだ選手の通算BABIP(最近の選手)についての研究を軽くやっていて
やっぱり信頼区間から外れる投手が理論値以上に出るもんだなぁと思っていたところです(打者よりはマシですが)。
BABIPをコントロールするスキルを持つ選手は全体のうち何パーセントである、みたいな検証ってどこかにあるんでしょうかね。

同じ時期同じチームでプレーしている投手同士でも例えば
「渡辺俊介・小林宏之」、「涌井秀章・帆足和幸」、「斉藤和巳・新垣渚」、「藤川球児・久保田智之」
なんかの比較で有意差が見られますね。
それぞれ適当に理由つけて納得しようと思えばできそうな気はするものの
サンプル全体としては奪三振も与四死球も被本塁打もBABIPに相関ナシで、統計からはおそらく「能力」が存在するのにモデル化は全っ然できないというのが腹立ちます。

今日考えていたのは内野フライについてで、DRAという守備指標の解説に詳しいデータが得られないシステムの中では内野フライの責任は投手にクレジットすべきではないかという内容がありまして

http://www.baseballthinkfactory.org/files/primate_studies/discussion/humphreys_2003-11-11_0/
(上記の記事の後半D. Assumptions Supported by Other Studiesのあたりから)

内野フライは投手の責任による守備者が捕れない打球である本塁打の裏返しで誰でもほぼ捕れる打球だから、というふうな理屈です。この前アップした内野守備評価の案ではこれに影響されて刺殺を除外してみました。
守備というものについての議論に根本的な影響は与えないかもしれませんが
play-by-playデータが得られない指標を構築する中では投手と守備者を分割することに関してヒントを与える可能性があるものと見ています。
DERの分子と分母両方から推計内野フライを除いた数字を算出してみたりして、こうすると投手の影響を除いた「守備力」に近い数字が出せる……つまり、DRAの論文が言う前提を認めればDERの投手への影響を探るために投手ごとの検証をしなくてもよくなるのかな、なんて考えたりもしましたが
だからといってその考え方に自信あるかと聞かれればとても強くは頷けない今日この頃です。

こんにちわ

RC27ですが イチローと松井のキャリアを知りたいのですが おそらく 6.40前後だとは思いますが、どこの検索サイトでRC27のキャリアを調べることはできますか?

よろしければ この記事でRC27に興味をもったのですが 教示くだされば幸いです

>とくさん

MLBのデータでは有名なのがBaseball-Referenceで
Advanced Battingという表にあるRC/GというのがRC27と同じ意味のものです。
http://www.baseball-reference.com/players/s/suzukic01-bat.shtml#batting_advanced::none
http://www.baseball-reference.com/players/m/matsuhi01-bat.shtml#batting_advanced::none

日本時代については、道作さんが傑出度(自らがプレーした時代・リーグにおける相対的な優秀さ)で補正をした数字を算出していてこちらも参考になりますよ。
http://www16.plala.or.jp/dousaku/rc27.html

しかし最近はあまり流行らないような感じですね、RC27。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/369-bc8bafdc

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。