Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン打撃で貢献した打者は

シーズン終わってデータが出揃ってきて、セイバーメトリクス的にはこれからの季節です。
今年は、昨年の末にサイトを始めているのもあって更新もしなきゃならないしそれ以外にやりたいこともあるし、逆にどこから手をつけていいんだろうという感じ。今はそんなに時間もないし。

とりあえず打撃成績を整理してRCとRCAAを算出してみました。
なお、ここでいうRC・RCAAは打者が打撃で創出した得点とその平均に対する余剰を表す一般的な用語として使っていて、数字はサイトのこの記事なんかで使ったRVAを利用して出しているので悪しからず。

2009年セリーグRCAAトップ10

選手RVARCRCAA
小笠原 道大.323104 38
和田 一浩.32185 30
ラミレス.30799 30
阿部 慎之助.32182 29
森野 将彦.31085 27
青木 宣親.30098 26
ガイエル.31181 26
ブランコ.30781 25
亀井 義行.29984 22
内川 聖一.29885 22


小笠原は「率」でも「量」でも文句なし。和田やラミレスも大したものですが頭ひとつ抜けてます。
青木もなんだかんだでトップクラスの貢献。ガイエルも……
トップ10からは多少漏れましたが坂本や鳥谷も+20くらいの数字を出していて遊撃手としてはお見事です。
ちなみに阿部は、東京Dが本拠地、少なめの打席数、若干長打力を過大評価すると考えられるOPSで長打率よりの数字、一塁手兼任、とインチキ臭さ漂いながらも「捕手としてOPSリーグ1位」を達成。



2009年パリーグRCAAトップ10

選手RVARCRCAA
中村 剛也.343109 44
中島 裕之.312106 31
鉄平.31392 27
稲葉 篤紀.31195 27
糸井 嘉男.31881 26
ローズ.33866 26
サブロー.31079 22
井口 資仁.30583 22
スレッジ.30778 21
G.G.佐藤.30285 21

世間的に中村剛也はどういう評価なのでしょうかね。私は比較的、普通に(豪快で気持ちがいい、などの主観的要素抜きに)長打力の価値を高く見ているほうかと思われますし今シーズンの中村を純粋に優れた打者として評価していますが、世間的にはやっぱり何かと注釈が付くんでしょうか。
しかし中島と二人で75点というのもすごいなぁ。



コメント

MVPは阿部慎之助ですかね。
小笠原は2007年のMVPがちょっと「おまけ」っぽかったこともあり、今回は票を集めなさそう。

>つけめんデリックさん

個人的には、ラミレスに票が入りそうだという気がしています。全試合出場で首位打者、シーズンを通して安定していた印象もありますし。
もちろんセイバーメトリクス的にはさほど特筆すべき選手でもないと思っていますが(まぁ今年の守備指標とか出してませんのでわかりませんけど)。

阿部のOPSリーグ1位はポテンシャルの高さを見せ付けた感じがありますね。
同じ捕手ならOPS1位ってかなり珍しいことで
ノムさんやタブチくんも確か1回ずつしか経験していなかったような。
メディア上とかで捕手のリードが云々とか過剰に言い立てている人たちは矛盾のないように阿部に1票を投じてもらいたいものです。
上の文中にあるとおり、インチキ臭さが漂うことは認めた上で、のことなんですけどね。

パリーグはおかわり君には票が集まりにくいことになりそうですね。ちょっと残念です。

>道作さん

阿部、最優秀バッテリー賞(またちょっと曖昧な賞ですが)には3年連続で選ばれてるんですね。
ひねくれてるんで、論証のない「阿部の守備力は近年向上している」なんて意見を見ると
「一般的に年を重ねるほどにリードが洗練されるというイメージとか連覇の実績で空気が変わってるだけで、具体的な事象の違いは確認してないんじゃないの」
なんて思ってしまいます。「意味不明なリードが減った」なんて客観的な論証にはならないですからね。
捕手のリードの重要性(失点率との相関関係)を主張する人が阿部の批判というのは具合が悪いわけですけど、帳尻合わせてるんだとしたらつまらないなぁという感じも。

http://www.fangraphs.com/leaders.aspx?pos=all&stats=bat&lg=all&qual=480&type=1&season=2009&month=0

にある WRCとWRAAはここに書かれてあるRCとRCAAとでは 若干違う指標なのでしょうか?

win valueのバッターの攻撃の数値は このWRAAを用いているということでよろしいでしょうか

ちなみに 2009年のプラスマイナス年間bestナインが公表されていましたが イチローが選出されていましたね

>王さん

算出法は違いますが、意味としては同じと考えて問題ないと思います。
Win ValueのBattingはwRAAにパークファクター補正をしたものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/384-43089e2b

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。