Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

ベストナイン等出揃ったようで


セ・リ-グ表彰 パ・リーグ表彰

GGなどと比べてこういうのを見るとどうしても思っちゃうのは
守備も大事なんだけれどもどうしても打撃による差で多くが決まってしまうよなぁということ。

例えば極端な例ですがセ・リーグの捕手。
PFでバリュー補正済みの打撃得点創出を比較すると、600打席あたりの数字が阿部が108なのに対して相川は45。この二人は300打席以上立った中で最も得点創出のレートが高い捕手と低い捕手です。
差は63もあって、相川は守備でこの差を埋めようとすると当然守りで年間63点分阿部に比べて秀でなければならないわけです。
しかしダルビッシュが今年平均的な投手が投げる場合と比較して防いだ失点(RSAA)でも52点、MLBをはじめ報告されている捕手守備指標では平均と比べて10点も防げば大したもんというレベル。
守りでそれだけの大幅なギャップを埋め合わせることはほぼ無理なのではないか、と思うのが正直なところです。
これは良いか美しいかすごいかとかそういう問題とは別で。単純に守備にそれだけのものを要求するのは酷に思われます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/398-e2268179

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ