Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Truth is not a popularity contest


DePodesta Monkey Trial (英語)

もう5年も前の記事になるのですが、何か熱いものを感じたというかいいなぁと思ったので紹介。
セイバーメトリクスの普及をめぐるお話で、マネー・ボール好きな人間ならちょっと引き込まれてしまうだろう内容です。
マネー・ボールの番外編っぽくもある。
普段「客観的な評価を云々」と書いておきながら本音として「客観的って言っても……ねぇ?」という逆の見方もあるわけですけど
こういう貫き通す部分もやっぱり大事かなと思わされる感じ。
最後のビル・ジェイムズの書きっぷりもいいw



ヘタクソですが一部だけまとめを。

  • 「マネー・ボール」以前は、人々はセイバーメトリクスを無視しており、野球は数字に表せないものだと統計を遠ざけていた。

  • しかし「マネー・ボール」が示したように現在統計の専門家は球団の内部におり、チーム運営の一部として重要度を増している。もはやセイバーメトリクスは野球の一部である。しかもセイバーメトリクスの普及は拡大傾向にある。

  • 一方で、いまだ多くの人は統計学的な野球の研究を認識しておらず、またメディアがセイバーメトリクスを不適切に取り上げている面がある。聴衆は一般的なメディアからセイバーメトリクスに関して否定的な見解を聞くことが多く、その反論は聞かないためにセイバーメトリクスを決定的に欠陥のある科学だと信じている。

  • あらゆる科学がそうであるように、確かに間違いはある。例えば統計解析家の間では「勝負強い打撃」は長い間幻想だと信じられていたが最近の研究では無視できない程度に存在するとされる。

  • しかし、では伝統主義者が正しかったかと言えばそういうわけでもない。伝統的な基準は勝負強い打者とそうでない打者を誤って判断してきたし、その影響は一般的に信じられているより遥かに小さい。

  • これらは根拠のある研究であり、独断や根拠のない主張ではない。

  • 研究によってそうではないと明確に示されているにも関わらず、生産的アウト(Productive Outs)が大切だと言う人が多く存在するが、多くの人が信じているからそうに違いないということはない。真実とは人気投票ではない。ガリレオは軟禁のうちに死んだが、それでも地球は動く。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/411-4e234833

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。