Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

これはすごい

思わぬものを急に見て驚きました。

殿堂入りの基準(プロ野球 データスタジアム)

NPB有力選手のWin Shares。
もしやと思ったら例の方ですね。素晴らしいと思います。
私も原典のフルの説明は読んだことないんですがこれって算出するの凄く大変なはずです。
こういうのもっと見たいですね。素直に。


コメント

私にとってはファングラフスで眺めた事しかない数字です。
しかし落合さん凄いですね・・・特にディケイド別の表で見ると。
いや凄いのは分かっていたんですが数値で見ると想像以上です。
こう程度を示してくれるっていうのが数字の魅力ですね。
妥当かどうかはともかくとして、というのはあるにしても。

だけども数字は別にしても落合さんを選ばないのは
私怨としか思えないんだよなあ。

ああ、これは例の人ですね。
やってくれますね。
win share については個人的にはまだまだ解決を要する問題があると考えているんですけど
こうやってまとまるとやはり壮観です。

それに松永・古田の評価が私と似ているところなんか見ていると
どういうやり方をしても大勢は変わらないんだろうなと思ったり。

落合さんに対する投票結果についてはシステムの方にちょっと問題を感じてしまいますね。

読み返しましたが秀逸な記事ですね。
ムリに望む結論の方向へ行かず、解析をやってから結論を出している様子が窺えます。

例の統計学方面とセイバーメトリクス普及のリンクの試みに
遡ればBTの記事その他の書籍と
我々の中では注目されているわけなんですが
いずれはもっと広く「例の人」みたいな呼ばれ方をするのかもしれませんね。
もしそうなった時にはセイバーは社会的にもっと定着していることになります。

>Sibierskiさん

このぐらいの「いや言うまでもないことだけど数字出すとよりはっきりするよね」というところだと
反発なく数字を味方にしてもらえそうでいいですね。

ところで指標オタクな無駄話かつソースが思い出せなかったんで本文に書かなかったことなんですが
Win Sharesの数字が勝利数の3倍っていうのは確か単に見やすさのためで
小数点以下も省きなさいってことになっていたと思うんです。
やっぱりその辺にビル・ジェイムズの適度な「直感重視」が表れているような気がします。
だからこそ彼は有名になったんだろうなぁと。


>道作さん

ニュースとのタイミングや、Win Sharesを計算中であるという様子からして
上手くハマッたところで記事をお書きになった感じですね。他にもある程度ネタを貯め込んでいて出す機会を窺っておられるのでしょう。
私が書くなら指標の説明が必要だと考えてしまい「安打や四球などを得点換算し、守備はアウトを基準に……」などと書いてしまうと思いますが、おそらくないほうがいいのでしょうね。

>どういうやり方をしても大勢は変わらないんだろうなと思ったり。

これは結構思います。打撃指標の進化なんか実質的に長いこと頭打ちになっていますし
ゾーンレイティングが生まれたときのように基のデータ自体を作って取り替えない限り、計算法の工夫では言うほど差はつかないですよね。

クロスケさん

内容拝見しています。
いずれお力をお借りしたいと思ってます。

これは……
このような無責任に書いているところにお越しいただくとただただ恐縮です。
今後どのような動きを展開されるのか期待を持って拝見したいと思いますし、学会のほうの動きも含めて貴社に期待をかけている同好の士は少なくないことと思います。
私のような者の存在も、何かお役に立てる機会があればいいのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/420-b4a7185b

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ