Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

長打力と得点の分布

このブログで以前打線シミュレータについてなんやかんややっていたとき、得点力を出塁よりも長打力に依っている打線は
同じ得点率でも試合ごとの得点の分散が出塁寄りの打線よりも少なくなる傾向があるようだ、ということを発見しました。
しかしそのことを論じてくれている人を他に見つけられなかったので自分の説に関して「これ結局どうなん?」と若干疑心暗鬼だったんですが
米国のどこかのプロフェッサーが同じことを言っているのがTangotigerのブログに取り上げられています。

Consistency is better than inconsistency?

このWhisnant教授の主張は、得点の分布のまとまった打線のほうが多く勝てて(これは並の水準のチームであれば当然です)、かつ長打率の高いチームが得点の分布の幅が狭まる傾向があり、結果同じ得点率なら長打率が高いほうがいいというもの。私が導いたのとまさしく同じようなことを言ってくれているわけですね。
そしてWhisnantはそのことを利用して、得点率から勝率を予想するピタゴラス勝率式に長打率を組み入れ、新たな式を開発しています。この辺り、さすがに頭の良い人は違います。
定式化しているので長打率の向上による分布の変化の影響がどのくらいかということも具体的にわかるはずです。記事には長打率.080の向上で1勝、シーズンで2勝になる可能性もあると書かれているようですが……まぁ、詳しい式のことはちょっと検証しきれてません。

で、これを紹介しているTangotigerは分散が小さいと勝率に良い影響があるのは肯定しながらも
出塁率に比して長打率が高いと分散が小さくなるというのは逆なんじゃないか、と言っています。
ただし記事中のその意見は証明されたものではなく、やっぱりこれはWhisnantが正しいだろうと思います。自分なりの見解は以前説明した通り(http://bbalone.blog119.fc2.com/blog-entry-197.html)です(今見るとデータの扱いとか含めてかなり粗いですが……)。
コメント欄の議論を見るとTangotigerも意見を変えた様子。

ちなみに式が正しいとして、その有用性に関しては正直なところ懐疑的ですが、定式化してみて「こういう要素があるが、これだけしか影響はないのでさほど注目する意味はないことがわかった」のであればそれはそれで研究としての価値はあるかと。
まぁ今後どう注目されるかはわかりませんけれども。

コメント

ダグアウトセントラル・コムに書き込んだという野球ファンの心情は分かりますね。
私なんかは累乗指数にまた式が入ってたりするとそれだけで正直うわって感じです。

それはともかく直観的に考えても長打率が高い場合は走者が少なくても生還率は高くなるような気がしますし、
以前にここでそういったお話を読んだ時も私はそれほど意外なものとも思いませんでしたが
Tangotiger氏の反応を見ると結構強く反発してる様子ですし、
この教授の理論って従来のセイバーメトリシャンの考え方からしても割と常識に反するようなものだったんでしょうか。

これにくっつくのが
「馬鹿試合をやればやるほど得点効率は改善する」法則で
出塁系の打線がアウトを取られないような形で
得点を大量生産する試合は「得点/攻撃手段」の値が
改善すると見られるわけでして
「打撃結果から見た得点効率」と「得点の上積みから見た勝利効率」が相殺されるような方向に動くのかもしれませんね。
両方の改善はスピンオフがあって両立は難しい、と。

でもこの2つは影響が小さくて上手く定義できて相関をとっても
正直に出てきてくれないかもしれないのが厄介ですね。
取れれば面白いのに。

それにしてもWhisnant教授に対して先取権を主張できるなんて凄いですね。
早い時期から言っておられるのは見ていましたから
本当にconcreteの法則、名前としてアリかもしれませんね。

>Sibierskiさん

>ダグアウトセントラル・コムに書き込んだという野球ファンの心情は分かりますね。

今やっとオリジナルの投稿を読んでいますが、Whisnant教授の研究が優れたものであるのは疑義を挟む余地のないものとして
「普通の野球ファン」の目から見て勝手なことを言うと、野球の世界の論理で説明がなされていないことに多少の問題はある気がします。
わかりやすく面白い例が示されてはいるものの結局文章は「標準偏差と長打率には強い負の相関関係がある」だけで、それは何故かの探求が抜けているというか。
走塁の能率が向上しても同種の効果があることが言及されていますがこれは長打と走塁が「出塁に対する進塁」という意味で本質的に同質なためで、このあたり整理する余地があるのになんだかドライすぎる気が。
アカデミックなものとしてはこれで正しいのかもしれないしあえて省かれているのかもしれませんが……。いずれにせよ生意気言い過ぎですね、私。
ちなみにこの結論はセイバーメトリシャン以前に「なんとなくの感覚」に反する場合が多いのでは、と個人的には思います。本塁打のほうが博打とか無駄打ちとかいう扱いを受けることが多い印象です。
違和感なかったって方は優れた洞察をお持ちなのではないかと。確率論上の話ではあるんですけどね。


>道作さん

>「打撃結果から見た得点効率」と「得点の上積みから見た勝利効率」が相殺

言われてみればそうですね。大きいの打ってないのに思ったより点取れてて、点数から見ると思ったより勝ててないとか。
運に埋もれることを含めて、走塁や戦術の問題も絡んできますし
定式化された結果を見てもやはりアウトプットとしてはほとんど扱いようがないようなレベルであるように思います。

>本当にconcreteの法則、名前としてアリかもしれませんね。

不毛なのはわかるしもっと言えば私より以前に気付いてた人もいるでしょうから言ったところでしょうもないとは思うんですが
Whisnant教授の結論が話題になる様子を見るとちょっとだけ「オレも言ってたんだけどね」と言いたくなるんですよね……(^^;笑

正直私はそこまで深刻な考えを持って言った訳ではないですけど、このファンの「学校の数学やだ」ってのにはそんな思いがあるのかも知れないですね。一般的というか、専門的な知識を欠いている人でも実際に見たような事象に引きつけて考えられるというか、「ああ、こうなったのはそのせいか」みたいな書き方をしてくれたら興味を持ちやすいですね。まあ完全に読む側に立っての、随分と勝手な言い草ですけど。
私もまあ投稿を見てみましたが、私の方の感想は文字通りの「かいつまんで話してくれよ、オマエ・・・」でした。
まあこれは英語で書かれて専門用語まで出されるとさっぱり分からなくなるという私固有の問題もあるわけで、投稿している本人からすればそんな訳には絶対いかないでしょうけどね。
lolしながらもかいつまんで話してくれてますし、勿論この教授に悪い印象はないです。

優れた洞察力を持っているのでは、とはまた正直に言って感動の涙で溺死しかねないくらいの褒められようですが、よくよく考えてみれば逆に「出塁重視の方が分散は小さいよ」って言われたところでそこまでの説明が説得力のあるものなら違和感は無かったと思うんですよね。この方面の知識が豊富になってある程度自前の考えが固まってくればTangotiger氏のような反応も出てくるんでしょうかね。

ところで道作さんの説ですが、これも面白いですね。
馬鹿試合になるのは走者がたまる試合が多いでしょうし、以前の出塁状況とゴロ打球の安打率の関係のお話を思い返してみても、「攻撃が終わらない」という状況が出来やすいのはこちらだと思います。
この辺、一発で走者がなくなるよりも・・・とかたまに解説で言われているのも馬鹿に出来ないかも知れませんね。まあこういった事も具体的な差を示してこそ意味があるんでしょうけど。

まぁ、少なくともこの話に言及した体系的な研究としては初なのでしょうからこの分野の今後の発展に期待という感じでしょうかね。
ブログでは長打率に対する「得点分布ボーナス」なんてアイデアも出ているようですが色々条件も考慮しなければなりませんし果たしてそこまでやる価値があるだろうか、と個人的にはだいぶ消極的です。

ところで道作さんのお話に関してはわりと単なる数字の見え方の意味が大きいんじゃないでしょうかね。
「得点/出塁」の比は出塁率が上昇するほどに「自然に」上がっていくわけですがそれが効率が良いように見えるという。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/428-bb610378

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ