Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

非常に有意義

所詮はただの野球好きのブログ。セイバーメトリクスなんて特に高尚なものだとは思っていない。
セ開幕戦を見て思ったことは色々ある……それはさておき



Naranja氏が個人の力で同種のデータを出されたときも、ひたすら「すげーすげー」と言って注目していたものですが
今回データスタジアム社のブログに非常に興味深いデータが示されています。

Batted Ball Pitching Stats (プロ野球 データスタジアム)

チーム単位での投手のバッテッド・ボール・スタッツ、要はゴロを打たれた割合がどのくらいかとか、フライはどうかとか。
これはチームの投手の性質を鮮やかに映し出すだけでなく、ゴロと外野フライそれぞれがどれだけの割合でアウトになったかなども示されているため、内野手・外野手それぞれの守備力を表す守備スタッツとして扱えます。
これらのデータは米国の先端のWebサイトであるTHTやFanGraphsでもまともに論じられるレベルのものです。

そして、個人的に最も注目したいのが記事中盤にあるNPBの打撃イベント別Run Value
単打や二塁打などだけでなくゴロやフライなどの打球種別にも算出されています。
これらは日本版Batting RunsやDIPS等、非常に幅広い応用範囲を持つ基礎データになりますね。

サイトなど見てもらっている人にはなんとなくわかると思うんですけど、私個人はXRやRCをあまり使いたくないほうでして、基本的には多くのことを得点期待値(LWTS)ベースで考えます。
それで、予想通りではありますがNPBでもLWTSがMLBにかなり近くなるということが色々な面からわかって安心しています。
セイバーメトリクスに馴染みのない人には意味がわからないかなぁとは思いますが、それにしても素晴らしい記事ですよ。

(ところで、データスタジアムの方とかTwitterやられているのは拝見しているんですけど、個人的には流行りについていくのが遅いのか、どう楽しめばいいのかわからずアカウントも持っていません。「DERを用いて守備力が変化したときの対戦打席数増減を投手の投球数負担に換算なう」とか書いて何か楽しいことが起こるのでしょうか)

コメント

これ、私も拝見したんですが面白いですねえ。といってもまあ算出の仕組みの方はよく分かってないんですけども。
私のような純粋なシロウトにとってありがたいのは一番下のBatted Ball Statsですねえ。
守備の影響を点数にまで落としてくれていて非常に分かりやすいです。
補強ポイントを探る上で役立ったり、投手のタイプごとに最適な選手起用を語り合ったりする上で拠り所になりますね。
私のような単なるファンでもこれが与えられれば結構戦略面に踏み込んでいける感じがして楽しいです。

ああ、また例の人ですね。
基本的には私のシステムと似てますが数字が大きく異なっているのは何故なのか
オイシそうな表なのでゆっくりと考えてみるとしますか。

ご無沙汰してます。
私が出していたRunsValueと大きくは異なっていないようでほっとしました。デースタ公式データを出していただけるのはありがたい所です。
微妙に値が異なるのは、私はエラーが付随したイベントは排除したのと、向こうさんは全データを持っているのと、ゴロについてはGIDPもおそらくカウントに入れている、といったところかと思われます。

最後の守備失点について、すべてを吟味した訳ではないのですが、道作さんや私のと値が違う点のひとつに、外野フライにHRを含んでいる点が挙げられると思います。
私算出のデータでは、外野フライはBIPではRV=0.059で、BIP+HRではRV=0.187となっており、後者はこの記事の外野フライのRVと近い値です。BIPによるRVではなくHRを含んだこの値を用いて外野フライによる失点計算をしているのが、私や道作さんとの大きな違いだと思われます。
私のデータでは横浜の外野守備はそこまで破綻してはいないという結論なので、「横浜は内外野ともに問題を抱え・・・」の記述は、上記被HRによるバイアスがかかっている故であると考えます。

最後にぜんぜん関係ないですが、今年は某やほぉの一球速報が去年と形式が同じなので、去年のスクリプトを流用してデータを溜め込めております。

ああ、調べる前にお答えが出ていたようでラッキーですwありがとうございます。
やほぉの一球速報についても昨年のスクリプトが流用可能ということで
流用可能ってのは一番ですね、などとトシを取って根気が薄れてくると本気で思ってしまいます。

>Sibierskiさん

もちろん記事の本筋はそちらですもんね。
どれだけゴロを捌いてるかとか普通に考えれば当たり前に参考にすべきデータが
なかなかこのような形で出てこないというのはある意味不思議な気もします。
阪神の被ゴロ率が一番高いのはパークファクターと関係ある戦略だったら面白いです。


>道作さん

道作さん、Naranjaさん、自分のデータと並べて見てみてますが面白いです。
しょうがないっちゃしょうがないのですがBatted Ballデータを使用していない自分の算出は相関性が低くて落胆しております。


>Naranjaさん

日記の方など更新具合などを見るにお忙しいこととお察ししますが
セイバー系の活動をされているということで嬉しいです。
一口にLWTSといっても結構算出方法に幅は持てますから、あまり驚く必要はないのでしょうね。

>道作さんや私のと値が違う点のひとつに、外野フライにHRを含んでいる点が挙げられると思います。
これについては結局そのようですねぇ。
守備について論じるのであれば本塁打を含める道理はないでしょうから
最初の表に載っている、本塁打を含まずに計算したというアウト率を実質的なゾーンレイティングとして使うほうがいいかもしれません。
そのようにして比べればNaranjaさんらの算出とは極めてよく一致するようで。

自分もPerlできるようにならないと……。

皆様ご無沙汰してます。

>Naranjaさん

ご推察の通りです。
一応ほぼすべての事象を入れて計算しました。
ゴロには併殺打、外野フライには本塁打が入ってます。

ご指摘の通り、横浜の指摘部分では
ディフェンス全体の視点であって
外野手に責任があるような誤解を与えてしまいますね。
今回のデータは守備全体から見た形で表現しようとしたんですが、
立場がブレブレでお恥ずかしい限りです。


このデータはオフに作成済みで、皆さんにご協力いただいこうと思っていた
Annual Report出版の際に載せたいなと思ってました。
その後、開幕前まで出版を目指したんですが、
会社のNGでお蔵入り予定でした。
もったいないので開幕済みなのに急きょ出した次第です。

それにしても皆さんの反応が良くてありがたいです。
スポナビではコメントは絶対つかないと思ってましたから・・・

明らかに大きな価値があるデータですよね。
得点加重により議論に同一の「単位」が与えられるってことがセイバーメトリクスの画期的な点だと思っておりますので、LWTSは有り難いです。
この周辺以外でちゃんと話題になっているんでしょうか……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/435-8235dd64

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ