Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リプレイスメント・レベル


リプレイスメント・レベル概論

書きました。何故かちょっと力作。
というのもリプレイスメント・レベルの議論てあっちこっちに散らばってて
私のようにわりとこういうことに時間を使っているほうと思われる暇な人間でもなかなか核心的なキッパリとした説明を見つけられないわけでして。掴みにくくまとめにくい。
頭脳明晰なセイバーメトリシャン達にとってもこれってそんなに扱いにくい問題なんだろうか。
そういうわけでいつもに比べても文字数はあるのでお時間のあるときにどうぞ。

ネット上は色々と散策しましたが重要なものを見落としているかもしれませんし
米国の出版物に関してはそれこそBBTNぐらいしか押さえていないので、お前の説明は重要な部分を欠いてる(or間違えてる)ぞというのがあって優しく指摘して下さる気概のある方がおられましたらよろしくお願いしたいです。

それにしても、本当にこれでも「入り口」ですねぇ。課題が山積。

コメント

replacement levelについてなので興味深く読ませていただきました。

私の方でも過去にkeith WoolnerのVORP算出方法にならって
NPBで1950年から控え選手を出場ポジション試合数と
打席数を基にreplacement levelについて検討しました。

大雑把な数値になりますが、
控え選手(ポジション出場が100打席以下)との差が概ねこれくらい。
ご指摘の通り長打率でNPBの方が大きく落ち込む傾向がありました。

   出塁率   長打率
C   85%   80%
1B  80%   70%
2B  80%   75%
3B  75%      70%
SS  75%    75%    
OF  85%    75%

を基にP値を算出して、各年度のポジション平均から減算して
Replacement levelを算出して見たんです。

面白かったのは外野手の控え選手は差が他のポジションに比べ小さい点でした。
大まかにP値の60年平均はこの様な感じでした。

C(.021)1B(.034)2B(.030)3B(.032)SS(.030)OF(.023)

個人まで算出してあるんでいずれ公表したいなと思ってます。

長々失礼しました。 

>person of exampleさん

またすごいデータですね。
当然いくらか検討はされていると思っていましたが、既にヒストリカルな数字まで検討している段階にあるとは。大変失礼ながら予想以上でした。
MLBではサラリーやFAを要素として取り入れた算出なんかもあるようですが
NPBでは制度の機能が違いますし、またわかりやすさの意味からも、ウールナーの手法にならうというのは私としても妥当だと思います。
それにしても本当、思った以上に、近いうちに色々期待できそうな雰囲気ですね……。驚きです。

本当にこれは面白いです。
ショートの75%75%が一番良い味を出してませんかね。
もしこれが入れ替わる側の特性ではなく
出ている側の特性が垣間見えていたりするような事情だったらいっそう面白そうです。

ところでいずれ出版、というところは既に視野に入っているのだと拝察しますが
最初の1ページで興味を持ってもらえる話題と言うのは限られているような気がしませんか?

>クロスケさん

woolner以外も検討したんですが、
まぁ適用するにはNPBが特殊すぎますね・・・
いままでのLWTSやRC(XR)AAなんかとも違った視点で
選手を評価出来るのは有用ですね。
(とは言ってもアバウトな算出なんで)
選手基準の叩きになれば良いと思ってます。

>道作さん

思っているところが一緒だと良いのですが・・・・
アドバイスお待ちしてますので、メールを頂ければ幸いです。
別件ですが、先日の返信メール届いてますかね?

>person of example #- 様

メール拝見しました。
やはりというか、THTを始めとする議論も当然の成り行きに向かっているような気がします。
彼らにしてみれば既にUZRや+-等の有力な守備指標を手にしていて、行く道の先に果実が有ることがわかっているわけですから
分かれ道のところまで戻って別のルートを行くか、というのは通常の神経ならとりうる選択ではないのかもしれませんね。
逆に何か見つけるチャンスかもしれないと虫の良いことを考えたりもします。

>アドバイスお待ちしてますので、メールを頂ければ幸いです。

こちらこそ、連絡はさせていただきますのでアドバイスなどあればよろしくお願いします。
なお、私の職場は春休みが地獄となる時期ですので、今がピークになります。
世間の皆様はそう思っておられないようですが。
山を越えるまであとわずかですが、しばらくは逼塞するかもしれません。

質問です

ファングラフで リプレイスメントの右にPositionalという項目がありますが これはポジション別の平均的な選手像を比較しながら 主に打力面RCに補正を入れている感じでいいのですか

ショートやキャッチャーは+で ファーストがもっとも大きなマイナスをくらっているようですが オフェンシブとディフェンシブに対する打力への修正というところなのでしゅうか

>とくさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
Positionalはどちらかといえば守備の観点から、守備位置ごとのバリューの差を補正する項目です。
UZRなどはあくまで「当該守備位置の平均に対しての」評価であり、遊撃手の-5と一塁手の+5のどちらが優れているかどうかは比較することができません。従って選手を総合評価するにはこのギャップを埋めてやる必要があります。
そこで例えば一般的に遊撃手なんかは他の守備位置に比べて難しく、他の守備位置の選手を遊撃手にすればチームの失点が増えることから
遊撃手として出場することは一般的な野手に比べてこれだけ失点を防ぐ効果があるだろうといったことを算出し出場分に対して加算したのがPositionalの値です。
RCに関しては守備位置に関係なく算出できることから最初から「平均的な野手全体」との比較が可能であり、この補正が必要ないことはわかると思います。

実際に各守備位置に何点分の効果が与えられているのかというと、グロッサリーの解説にあるとおり
Fangraphsでは以下の数字を採用しているようです。

Catcher: +12.5 runs
First Base: -12.5 runs
Second Base: +2.5 runs
Third Base: +2.5 runs
Shortstop: +7.5 runs
Left Field: -7.5 runs
Center Field: +2.5 runs
Right Field: -7.5 runs
Designated Hitter: -17.5 runs

(上記は全て162試合出場に対する数字)

ありがとうございます

守備位置における 価値を補正しているんですね。

つまりオフェンシブなポジションとされる場合 そこに入る平均的な野手の守備能力とデフェンシブなポジションの平均的な野手の守備能力はそもそも違うのであって つまり平均をそのポジション毎から メジャー全体の野手の平均から眺めたら というフェアーに比較するための補正値。

ところで その右にRARがあります。

RARはそれまでの項目をすべて総計していますよね。 すべてを足すと 平均的な控えが出場するに比べて その選手の価値が出てくるということでしょうがWARではそれを10で割っています。この意味するところは何でしょうか?

WARとRARはそれぞれ何の略なのでしょうか?

もしよろしければ教示いただければと思います

稚拙な説明で正しく理解していただけて幸いです。

RARを10で割ってWARを算出する意味ですが、これは得点数という単位を野球にとって普遍的な勝利数という単位に変換することにあります。
得点を10点増やすと勝利が1つ増えるというのが統計的な傾向ですから、RAR÷10が、その選手がチームにもたらした(控え選手に比べての)勝利数ということになります。
というわけでRARはRuns Above Replacement、WARはWins Above Replacementの略です。

当然ながらWARはただRARに比例するだけなのでこの変換に解析的な意味は特にないのですが
色々な都合で得点数だけでは評価が適切にならない場合があり、最終的には単位を勝利数に統合しておくと便利です。
例えば、投手が「失点を防ぐ」ことと打者が「得点を増やす」ことも実はそのままでは意味が違うのではないかという論点がありますが、両方とも「勝利数を増やす」という意味の数字に変換してしまえば貢献を一列に並べて比較することができます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/436-9d00839e

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。