Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB・プラスマイナスシステムの数字

以前から成長が激しいFanGraphsが数日前にまたクレイジーな仕事をしてくれたので
忘れないうちに紹介しておきます。

その仕事というのは選手の成績ページにプラスマイナスシステム(Defensive Runs Saved)の数字を追加したこと。
元々掲載していたUZRにとって代わったのではなくて、両取りです。
両者に比べれば簡易版ですが人気のあるRZRなども掲載していて、なんというかまぁ単純に素晴らしいと言えるでしょう。
イチローや松井秀喜の数字など、UZRと比べるとなかなか面白いですよ。

そんなこんなで早速UZRとDRSの数字の全体的な比較なども行われているようです。
そしてこれはかねてから報告されているように、確かによく相関していると見ることができるのですが
例えば相関係数で表すと0.8前後になり、「ゾーンシステムを導入すれば守備力の実態の答えに確実に到達することができる」とか考えるにはちょっと変なのも事実です。
数字に多少の違いが見られる理由はいくつか考えられますが、いずれにせよ、ゾーンだからすぐ確定した答えが出るとは考えないほうがいいことは言えるでしょう。
UZR開発者のMGLは最近ブログの読者から改善のためのアイデアを募集していましたし、現段階でかなり説得力の高い指標ではありますがまだ試行錯誤は続いてくようです(頭が下がります)。

コメント

MIN→LAAのハンターさんの数字がとっても面白いことになってますね。
印象とのギャップというか
守備に関しては、いったんついた世評は覆りにくいというのはあるんですが…

十人くらいの成績を見た感想ですがDRSの方がやや数値が高く出がちなのかなあ。
特に外野の選手はそんな気がします。

しかし記事とは直接関係ないですがハンリー・ラミレスってやっぱり守備はあんまり良くないのかなあ。

>道作さん

その人はMLBの音痴の私でもわかる人ですね。
そういえば向こうの人は色んな守備指標を加重平均しちゃうなんていうことも結構平気でやるようですが
そういうのはどうも少し馴染めないなぁという感じがします。

>Sibierskiさん

傾向についてはどうなんでしょうかね。
いずれにせよこういう簡単に比較できる場が提供されると議論もしやすくて、指標の進化のためにはいいんじゃないかと思います。

>ハンリー・ラミレス
この選手ほとんど見たこともないんですが
プレースタイルによっては評価システムの癖に合わないみたいな可能性もありえるのかもしれませんね。

というかabove averageの数値に対して高く出がちって言うのも変だなあ。
素で口走ってしまいましたがこのへんスルーして下さってほんと助かります。
同ポジションの選手でもどっちの指標を使うかで相対的な評価が分かれてしまうケースもあったり、気になるところですね。
このサイトでは従前どおり、UZRの方を使用して総合評価を行うんでしょうかね。

>Sibierskiさん

いえ、本来はそのはずなんですが私も気になっていたところで
実際このDRSの数字(外野手)は全体でゼロになっていないように見受けられます。
rARMとrHRが原因のようですが、何故最終値がabove averageになっていないのだろうという意味も含めての「どうなんでしょうかね」になってしまいました。
個人的にはP/MでもUZRでもいいんですが総合評価として見ると捕手のレーティングがまだないのはちょっと考えものですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/440-8dfb88b1

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。