Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム力

巻き返しへ 野村監督“個人主義”奨励
 後半戦巻き返しに広島・野村監督は個人主義を奨励した。借金16の5位に沈んだ前半を振り返りながら、個人成績の重要性を説いた。

 「残り試合でどれだけ巻き返せるか、個人の成績はイコール、チームの成績につながる」。ここまで打率はリーグ最低の・253ながら、得点は同3位の341点と、少ないチャンスを得点に結びつける「野村野球」が浸透してきた。チーム力が上がった証明だが、後は局面での個人の能力の向上に期待を寄せた。

[ 2010年07月26日 01:27](スポニチアネックス)



安打を打つのを個人の問題として、それを上手く活かしてチーム全体としての得点を生み出す力のようなものを「チーム力」と呼んでいるようで、言いたいことはわからないではないのですが
ここで「チーム力が上がった」と言うのはさすがにちょっとみだりな感じがしてしまいます。
果たしてそれでチームのためになるのか。

よくある「打率の高さに比しての得点数」という基準にそもそも何の意味があるのか、とか
阪神と巨人以外はほとんど打率が団子で差がなく得点数の差は偶然で生じやすいのにあえて順位という尺度を使い「リーグ最低」と表現することで「野村野球」「チーム力」とやらを実態以上に大きく見せる技法が入っている、とか
言及したい注意点はいくつかあります。
でも一番ひっかかるのはそういう部分というよりは以下。

そもそも広島の昨シーズンの勝率が.464で、今シーズンここまでで.405です。
打率に比して得点が高いと評判の(?)打線も、リーグ平均に対する平均得点の比率は昨シーズンで0.938倍、今シーズンは0.944倍、数字的に上がってはいますがほとんど変わりません。
要は「チーム力が上がった」としても、それによって特に得点が増えたり、勝利が増えたりはしていないというのがここまでの事実なのです。
「チーム力」などといったものの定義は人それぞれに自由でしょうが
この状況で「チーム力が上がった」と表現するということは、少なくともそこで定義されている「チーム力」というものは、上がったとしても別にチームを救うものではない、と宣言しているに等しいと見えてしまいます。
では、上がったとしてチームを救いもしない「チーム力」にどうして注目する必要があるのだろうか、それが「野村野球」なんだろうか、と私なんかは思ってしまいます。

重箱の隅かつ揚げ足取りっぽいな、と自分でも思いますが。

コメント

ここんとこ投手別・球種別のカラ振り率なんてのをMLB関係のサイトで見て
彼我のあまりの違いに愕然としたりしているところです。
あれなんか見ていると日本に住む我々の出来ることが余りにも限られていることを思い知らされます。

それにしても頭書記事のデータの取り方なんかを見ちゃうと
データ・数字には頼ることはできないと、昔の人が思い込んじゃったのもムリはないかもしれませんね。
DIMEさんだったと思うのですが、セイバーメトリクスの誤った使用方法が目立つ年になるかもしれない、みたいなことを書かれていたのを思い出します。

記者がその日の記事を書くための道具になっている感じですね。
こちらの力不足もありますので、批判ばかりもできませんが・・・
なかなかしんどいところです。

>道作さん

色んな議論が出てくること自体には否定的になってはいけないどころかウェルカムでいないと
分野が「閉じて」しまって好ましくないように思うのですが
なんだか最近自分の書き方は愚痴っぽいような気がして少し困っています。
まぁ、そんな自意識過剰になるほどみんな気にしてない、と割り切って書くわけですが。

ところで、Pitch f/xなんかはメディアで上手く紹介してくれる人さえいれば「魔球」文化のある日本では爆発的に流行るポテンシャルが十分にありますよね(反面、抵抗されるポテンシャルもありそうですが)。
この辺は素直に、そういうのが出てくる楽しみがこれからあるんだ、とワクワク感持ちつつで待っています。


>person of exampleさん

こういう風に数字を使えることが「技術」ではあるんでしょうね。皮肉ではなく。
ルーチン的に所与のネタから記事を書くなんてきっと重労働で、批判はしましたがこの数字を拾ってきてつなげているだけでも高い技術だと思います。
その中で、既存の在り方の批判・否定ではなく「私たちは私たちで、もっとこういうことがしたいんですよ」と楽しみたいところです、が……
上にも書きましたがどうもそういう前向きさを出せずネチネチした批判になってしまうところを反省しています。

ご無沙汰してます。
論理性のかけらもないような文章ですが、スポーツ新聞なんてこんなもんですよね(笑)

ところで、球種別の空振り率みたいのって需要あるんですかね?
私MLBのsiteとか全然見ない性質なので初めて知ったんですが。
投手視点なのか打者視点なのかも気になるところです。

あ、そういえば私、投手視点のものばかり見ていましたが打者視点だってあり得ますよね。
言われて初めて気がつきました。
ということで、http://pitchfx.texasleaguers.com/pitcher/277417/
たとえばこれ、ベケットのピッチングのものなんですが
Summary - Pitch Resultの中のWhiffが空振りになります。
この日はチェンジアップが一番多く18.8%の空振りを奪っているようで。
今から選手を選ぶなら横に並べて空振り率を比較するとか
今この投手が好調だが空振りを多く取れるボールがない上にフライボールを多く打たれているのでいずれカベに当たるはずだとか
あるいは例えばマエケンみたいな活躍をしている投手のスタッツを見て
酷使のせいか全球種について空振り率が少しずつ下がっているのでリスクは高まっているとか
色々使えそうです。
マエケンがそうなのかは今のところ当方では確認する方法がないですけれども、
注目してきた身としては今日はゾッとするような結果が出てしまったようで。

でもこれ、日本で1からやるとなったらデータの種類を少し絞り込まないとダメかもしれませんね…

>道作さん
ありがとうございます。
色々妄想がわきました(笑)
おいおい、ちょっとしたコラムを書くかもしれません。

MLBのこの手のデータって、かなり観測の精度も高いらしいですね。まぁ確認しようがないんですが。日本でも技術的に実現できるなら相当面白いですね。

>クロスケ様
>Naranja 様

ご無沙汰しております。
先日メールをお送りしたのですが、お返事いただけるとい幸いです。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

>person of exampleさん

迷惑メールフォルダに入ってしまっており確認が遅れましたが返信致しました。
最近gmailを主に使用しているためgmailのドメインから送信していてアドレスが前回と変わってしまいましたので、恐縮ですがご注意いただければと思います。

質問です

一 Pitch f/x とは 具体的にどのような指標なのですか?このサイトに紹介されていますか

ニ 全メジャーの平均DIPSと全メジャーの平均ERAとほぼ同じとなるように設計されていると思っていたのですが この解釈は正しいですか?

>とくさん

Pitch f/xとは、カメラによる観測データを基にして投球の軌道を「物理的に」解析するシステムです。
一球一球を観測することによって
例えばある投手のストレートが同じ初速を持つ無回転のボール(これは理論的な基準となります)と比べてどれだけ「伸びている」かや
カーブがどれだけ曲がっているかなどがわかります。
データは通常プロット図のような形で発表され、速度やリリースポイントなどについても見ることができます。
Pitch f/xがこれまでの解析と違うのは、対戦の結果などを人為的な意味づけに応じて分類した打率や防御率と異なりプレーが独立して物理的に解析される点で
その意味では従来用いられてきた指標による解析とは解析の次元が異なります。
これまで言われてきた「伸びのあるストレート」や「二階から落ちてくるようなフォーク」とかについて客観的に丸裸にする可能性を秘めています。
具体的なデータは検索すると色々なところで見ることができます。
MLBのデータしかないだけに私もあまり馴染んでいなくて残念ながら細かい見方まではガイドして差し上げられませんが。

DIPSについえは基本的にはその認識で合っているはずですが
一口にDIPSと言っても無数のバリエーションがある、ということもありますし
実際に算出を行なっている機関により、ERAのスケールにほぼ合うようにしているか、RAのスケールにほぼ合うようにしているか
あるいは厳密に合うように補正を行なっているか、などは異なる可能性があります。
まぁ、基本的には、ERAに合わせていると考えて問題はないかと思います。
例えばよく使用されるFIP(DIPSの一種)はERAに合うように設計されています。

ありがとうございます

http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=5&year=2010&game=gid_2010_08_05_clemlb_bosmlb_1%2F&pitchSel=493137&prevGame=gid_2010_08_05_clemlb_bosmlb_1%2F&prevDate=85

解説ありがとうございます。カメラによる映像解析なんですね。

具体的に 今日の松坂からは何がわかりますか 3000回転がMAXのようですが比較的回転数は多い方なのでしょうか

クロスケさんが読み取れる範囲でいいのでざっとわかることを教えてくださいませんか?

>とくさん

こればっかりは、MLBもPitch f/xの実践的解析も今のところ私の守備範囲ではありませんので、無責任なことは申し上げられませんねえ。
そのうち修行しようと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/450-02397286

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。