Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームBABIP


阪神ダイナマイト打線、強運は今季限り!? BABIPで解析

道作さんの記事ですね。
BABIPを幸運として扱うことには実は色々な論点が絡んでいて納得することは結構難しいという側面もあろうかと思います。
とりあえず誰にでも確認可能な事実として言えてしまうのは、少なくとも過去においては継続される傾向が物凄く弱いということ。まずはそれを確認することからスタートするのがわかりやすいのかもしれません。

よくやるやり方として「ある年のチームBABIP」と「翌年のチームBABIP」について、楽天加入以後、2005年からのデータで見てみるとやはりほとんど相関はありません。高いBABIPを記録したチームは翌年も高いBABIPを記録するという傾向はこの期間に関して統計的にはないということです。

そもそも2010阪神の.330というのはどれくらい高い値なのか。
2005年~2010年のチームBABIPは正規分布的に分布しており、平均は.309(なお、犠打と犠飛は含めない式を使用しています)。
標準偏差は約.010で、72サンプルのうち51サンプル(71%)が.300~.320の間に入っています。
.330は平均から標準偏差ふたつ分も離れた値であり例外的に高いと言っていいでしょう。実際2005年以降では最も高い数値です。

ここまで見ただけでも、いかにも平均へ回帰しそうだなぁという感じですが、高いBABIPのチームがそう単純に平均に引き戻されるというのも不思議な感じもするので、過去に「高いBABIPを記録したチーム」がどうなったのか見てみます。
2009年までで、.320を超えるBABIPを記録したチームは5チームあり、それぞれのチームの翌年のBABIPがどうなったのかをまとめると、以下のようになります。

2009日本ハム .329 → .322
2005ヤクルト .324 → .305
2005阪 神  .324 → .315
2005ロッテ  .324 → .301
2008阪 神  .321 → .295

日本ハムなど継続して高い数値を残している例もあるにはありますが、「高かった年」の平均は.324であるのに対して「高かった年の翌年」の平均は.308となっており、グループとして高かった例を抜き出してみても結局翌年の期待値は全体の平均と変わらない、ということになりそうです。
ちなみに「低かった年」のグループを調べてみても同じように翌年は平均に近い数字を出しているので、なかなか面白いものです。

プレーにおける意味としてBABIPをどう捉えるかは別として、こういうふうに確認できることは確認しておくと不要な議論はわりと減らせるってところはあるんじゃないでしょうか。普遍的な傾向として考えるには、今回のデータではサンプルが少なすぎますけど。

コメント

あけましておめでとうございます

ご無沙汰しておりました。
表題の道作さんの記事は、読みました。BABIPって不思議な数字ですね。
際立った能力^^がある選手が集まらない限り、統計的には平均値となるはずということでしょうか。そんな中で、2009年、2010年の日本ハムの成績はすごいことかもしれませんね(これも運ということになるのかな)。ヒットになるように狙って打つというのは、落合クラスじゃないとできないことかもしれません。

でも逆に、チームとして被BABIPを下げることは、守備力を補強すればできるはずですよね。前に、紹介したかもしれませんが、最近のDER順位を調べると、ペナント順位(本当は失点でしょうね)との相関があるように感じられます。

今年もよろしくお願いいたします。

お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。

BABIPは本当に不思議な数字です。
私が最近思うのは、BABIPを「運」と表現するのは、統計的な振る舞いなどのコンテクストが共有されていない場合にはやめたほうがいいのかもしれないということです。
数字の振る舞いを示す一種の表現として間違っていないとしても、サイコロを振っているわけではない以上原理的に運ではないわけですし、単に言葉の使い方のせいで無用な混乱や反感を生んでいるのではないかと。

日本ハムは気にはなりますが、平均的なサンプルが多くてそこに高いサンプルも低いサンプルも混じるという分布は平均的な振る舞いそのものだったりもする(つまり法則性がないとしても連続して高いことは一部で起こりうるのが自然)ので注意が必要でなんとも言えないですね。

DERとペナント順位の相関は、マクロで見ると統計的にはそんなに強くは出ないかもしれませんが
論理的には少し面白いかもしれません。
守備力の優先順位が投球・攻撃に比べて低いとしたら、守備力まで手が回るチームは既に十分な力を持つ強いチームだということになります。
DERを高めたからといって強くなるわけではないけれど強いチームはDERが高い、といったような関係があるかもしれません(アマチュアで特にあって誤謬も生じている気がします)。
床がキレイな工場はいい仕事をする、みたいな話で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/466-a3cd8e79

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。