Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIPSとFIPの混同および定数について

日本においてDIPSとFIPはどうも混同されています。
それについて『プロ野球記録博物館』というサイトさんに「3.12 はどこから来たのか」という面白い記事が掲載されています。中身が濃く、そのリサーチ力には敬意を表したいです。

私が勉強したところからすると、こちらのサイトに書かれていることは完全に正しいです。
元々ボロス・マクラッケンは細かなステップを踏んで投手の各成績項目を「守備から独立した」ものに補正し、そこから間接的に防御率も計算しています。いきなり被本塁打や奪三振に係数を掛けて防御率を出すことはしていませんし防御率だけが目的ではないように見受けられます。
その意味で「Defense Independent Pitching Stats」は考え方であり、数値「群」みたいなものです。

日本で一般的にDIPS及びDIPSeraとして用いられる被本塁打・与四球・奪三振から仮想防御率を計算する式はタンゴタイガーによるFIPがもとになっているようです。
たとえばWikipediaには「DIPS」の式として (与四球×3+被本塁打×13-奪三振×2)÷投球回+3.2 というものが載っていますがこれはFIP式です。しかも3.2とか3.12とかいう定数について意味が理解されていないらしい感じがあって、使用法に混乱が見られます。
定数はただFIPのスケールをリーグの防御率に合うように補正するためのもので、本来フローティングです(詳細)。定まった数字はありません。
前にこのブログにも書いたのですがこれによって不自然に高いまたは低い数字が出ると問題なのは、「DIPS」と実際の防御率を比較して運か不運かといった評価をするのがありがちな使用法だからです。仮にそういう比較をする場合、定数はちゃんと合わせるべきでしょう(しかも残念なことに3.2や3.12というのはNPBにはあまり合っていません)。
別に定数を固定で使用すること自体には大した問題はないと思うのですが、それならそれで利用の範囲を誤らないように注意しなければなりません。

WikipediaのDIPS項目に掲載されている情報はあまり正確ではないと思われるので、あれはそのまま信じないようにしたほうがよいと思います。
「結果的に使える式が一緒ならなんでもいいよ」と思う方は多いでしょうし、もちろん私も色々と間違った認識をしているところはあると思いますのでたまたま知っているからといって得意気に指摘はできないのですが、やはりできるならわかっていることだけでも誤りは正すべきだと思います。これだとボロス・マクラッケンにもタンゴタイガーにも失礼でしょう。
とりあえず最初に考え方を提唱したのがボロス・マクラッケンであり「(与四球×3+被本塁打×13-奪三振×2)÷投球回」のように係数を使って簡単に防御率評価を行なうのはタンゴタイガーのFIPだということが認識されるべきかと。
まぁ厄介なのは、「私は投手の評価をDIPSによって行なう」と宣言してFIPの式を使っても間違いとは言えないというところでしょうか。

知っている限りの知識で色々と生意気を書きましたがここに書かれている内容にも間違いがありましたらご指摘いただけると幸いです。
正直Wikipediaのセイバーメトリクス関連項目には色々言いたいことがあるのですが私のようなセイバーメトリクスを広めたい立場に偏った人間がガンガン書くのもどうなんだろうなと。おかしな認識が広まっていたら指摘はしたいですがWikipediaを正すことに本質的な興味はありませんし。前から考えているのはこっちはこっちでセイバーメトリクスのWikiを作ってしまえばいいのではないかということですが、なかなかそうするだけの時間もありません。


コメント

大変な事態になってしまいましたがご無事でいらっしゃいますでしょうか。

Dips、FIPに関しては私なども認識が不十分と言うか、全てをマクラッケンの功績にしていましたね。
知らなかった事は仕方がないとしても、今年は余裕が出来れば勉強したいなと思っております。

>Sibierskiさん

お声かけありがとうございます。私は神奈川ですので、かなりの揺れと停電はあったものの実質的な「被害」にあたるようなものは皆無で済んでおります。これからも輪番停電などあるようですが、東北のみなさまの大変さに比べると蚊に刺されたレベルにも満たないものと思います。
こんなときにセイバーメトリクスとか下らないことをやる気になれないという面もあるのですが、こんなときだからこそ無事な人間が船を漕いでおくべきなのかとか考えたりもします。

>知らなかった事は仕方がないとしても

こういう一言からうまく反省を導き出していきたいですね。私もDIPSに関して指摘してみたはいいもののじゃあBill Jamesの著作、Pete Palmerの著者しっかり読んで一次ソースにあたった上でモノ言ってんのかって聞かれたらそうではないので。
一次ソースかそうでないかに関わらず、とにかく自分が何を参照しているかというソースを丁寧に提示することはひとつの責任の取り方かもしれません。論文とかじゃ超基本だろって感じですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/480-de22acef

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。