Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投手成績の本質観


Attribution v Actuality (THE BOOK BLOG)

例によってTangotigerのブログから。ここでの指摘は極めて簡潔です。

投手の成績はその投手がマウンドにいる間に彼のチームが何を成したかを表すのであって、(必ずしも)その投手がマウンドいたから起きたことを表すのではない。

これ、ほんとにそうですよね。個人的にもこういうことを思ってはいたのですが、すっきり言葉にはできずにいました。

根本的に、何を記録しているかというと、チームとしての結果を記録しているのです。投手の成績というのはチームの成績のことです。極端なことを言うようですが本当に。チームの成績を、誰が登板している間に起きたかという視点で区切って分配しているに過ぎません。

「勝利」とか「敗北」を一人の選手に付するなんて象徴的で、改めて考えると物凄く大胆なことと思えます。チームの成績にはその投手も当然影響していますが、それ以外に守備者等も影響しているわけで、それらをガン無視というかとりあえず置いておいて投手のものとして扱ってしまうというのはかなり急進的な発想ではないでしょうか。

別に、それが悪いと言っているのではありません。そういうものだからそういうものとしてきちんと認識するのが大事だという話です。そう思えば、「投手の成績」をそのまま投手の評価とはせずDIPSなどの発想によって整理を行なうのは至極自然だと言えるでしょう(手法に関する議論はある程度あり得るとしても)。

実は投手の成績と全く同じようなものを、各守備者について記録することも可能です。坂本が遊撃手として守備についている間に起きた「奪三振数」や「被本塁打数」を坂本の守備成績として記録するということです。奇妙なようですが守備指標の計算で必要とされる「イニング」だって本質的にはこの種のものですし、また投手で採用されているような項目を守備者に記録することは有用なはずなんです。刺殺・補殺とイニングを組み合わせてRFを算出するだけでなく、打席数などの情報を元に対象の野手が守備に就いている間のインプレー打球(BIP)の数が分かればmorithy氏が提唱していてRFよりも適切な守備指標である奪アウト率の正確な数字を求めることが可能です。また、DER(被BABIP)も出せますから、守っている間のDERとそれ以外でのチームのDERを比較するということもできます。何故そのような記録がなされていないのか、不思議といえば不思議です。逆に言うと投手というのは本当に特別な地位が与えられているんだな、と感じます。

打者の成績に関しても本質的には同様のことが言えるんですが、ここに関しては特定の打席において「チームの結果」に影響する攻撃側の要因は基本として打席の打者一人だけである、という点に解析者はかなり助けられている気がします。仮にスイングを二人がかりで行う場合があるとしたら、安打がどちらの手柄かわからないですから打者個人の評価は一気に困難になるでしょう。

公式記録に「個人成績」なんて名目で誰々の安打数がいくつなんて載っていると安易に使用してしまいがちだけれども、その記録とはそもそも何かという問いは解析において非常に本質的だ、ということを再認識しなければと思いました。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/518-59907ed5

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。