Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

セイバーメトリクス本質観としてのピタゴラス

Twitterでも書きましたが日経BPnetに掲載されている岡田さん(セイバーメトリクス・リポート編著者)の書かれた記事がオススメなので紹介しておきます。

メジャーリーグを変えたセイバーメトリクス入門(前編) (日経BP)

私が評するのもおこがましいですが、わかりやすいセイバーメトリクス概説でありながら本質を突いていて読みごたえがあります。

特に好きなのは、個人的な好みかもしれないですが、ピタゴラス勝率をドーンと提示して野球の構造をモデル化する観点を強調している点です。

色んな意味で奇遇ですが、最近読んだ小島寛之さんの『数学入門』でも数学史上最大の発見としてまず「ピタゴラスの定理」が提示されています。教科書的に高校数学を勉強していると「こんなもん何に使うんだ?」と思ってしまいますが、よくよく考えてみるとピタゴラスの定理が行っているような空間と数量を関係付けたりそこから算術を利用して新たな発見をしたりということは実は全く当たり前のことではなく、そのような発想を基礎付けたことそのものが偉大だというわけです。

さらに小島さんは別の著作『数学でつまずくのはなぜか』の中で心理学の「アフォーダンス」の概念にインスパイアされた面白い数学観を記述しています。
それは数学をとらえる本質観のひとつとして人間が主体的な能力として数学的な思考を持つというよりも世界の側に「数理的に記述できる」という性質があって人間がそれを(固有の仕方で)引き出しているのだという見方です。

私はもちろん数学やアフォーダンスの理論の深いところはわかりませんが、数学やセイバーメトリクスを単なる小手先の道具として見るのではなくその深い性質に信憑をおく見方には惹かれるところがあります。

凝り固まった野球観や野球についての全能感がまずあってそれを表面的に補強するために数字を使うだけでは数字の威力は全く活かせないでしょう。そうではなく野球を数理的に見るという新たな視点により本質を捉え直す構えが重要だと思うのです。野球の世界についても数理的に記述できるという性質があって、こちらがそれを上手く引き出してやることで有益な分析手法が生まれたり新たな発見が生まれたりするものではないかと思います。

話は紹介の記事に戻りますが、ビル・ジェイムズのピタゴラス勝率は勝利と得点・失点という野球のすごく重要なところについて「世界と数字を関連付けてモデル化する」という仕事をして見せた点で数学におけるピタゴラスの定理のように意義のあるもので、その考え方を(物事に向かう構えとして)受け入れることはセイバーメトリクスの深い部分を学ぶことに通じるように感じます。式は単なる数字ではなくて考え方です。

話としては少し大袈裟になってしまったかもしれないですが、なにより発想の転換なしにWHIPだのOPSだのと指標の計算式をなんとなく覚えるだけというのでは楽しくもないと思いますし。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/534-d8be14e8

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ