Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WPAによるブルペン・マネジメント評価

Using WPA to grade bullpen management, part one

Using WPA to grade bullpen management, part two

Hardball Timesより、WPAをうまいこと応用して監督の投手起用のうまさを客観的に測定しよう、という試みです。

そのやり方で本当に監督のスキルを測れていると言えるのかとか、結果には運が大きく作用しているのではないかといった懸念はたしかに湧いてきます。

しかしそれを差し引いても発想が面白く、また主題をわかりやすく簡潔に(それでいて無味乾燥にはせず)伝える文章や、問題を無駄に複雑にしない数学的な操作の手際がいいです。セイバーメトリクス系統のエッセイとして学ばされます。

それにしても、こういう解析に触れると、WPA(勝利確率)という装置がこれほど高いポテンシャルを持つものかと驚きます。

というよりもむしろ、得点期待値やそれを近似したものとしてのOPSなどは全て、WPAの変数を削ぎ落とし単純化した応用例あるいは部分集合として理解すべきなのかもしれません。

WPAは非常に有効な形で野球というものを数量化(モデル化)しており、だからこそそこから自然な形で野球についての情報が自在に引き出せるのだろうと思います。

「勝負強さ」といった概念についても、それをどう数値化するかをゼロから考えればかなり錯綜するものと思われますが、FanGraphsで採用されているWPAを使った定義は非常にエレガントです。

日本でもWPAがブームになる時期がいつか来そうですね。

コメント

簡単に入手可能なデータから、救援投手の評価を先発投手や野手の評価と上手く比較する方法というのはあるのでしょうか?救援投手を控え野手と同じように考えるのはかなり違和感がありますし、先発投手や野手よりもチーム状況によって登板数やイニングに差がつきやすいのでどう評価するのかよくわかりません。今のところ、RSAAを二倍したらスケールが先発投手っぽくなって丁度いいや、とかしょうもない事を考えています。

リリーフピッチャーの評価は難しいです。
セイバーメトリクスでも地味に整理しきれていないところで、今後まだ進展があるだろうと思っています。
まず、単純なRSAAではすごく評価が低く感じますよね。現在の一般的な評価(WAR)では、救援投手の中のリプレイスメントレベルと比較して利得を出しますがやはり大した数字にはならないです。ポイントになるのは、ここから登板の重要度に応じてレバレッジと呼ばれる乗数をかけるところです。
救援投手が登板する場面は勝利を決定づける場面など重要で1点が重い場面が多いので、その重要さをレバレッジ・インデックスという数値で評価して乗算し、救援投手の貢献の本質を表現するわけです。
日本ではレバレッジ・インデックスが出せないので、この部分をいかに代理する手段を考えるかという問題になると思います。
救援投手に一括で適当なレバレッジをかけるのもひとつの割り切った方法ですし、セーブやホールドを手掛かりにして近似を目指すのも手なのかなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/541-89c6896a

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。