Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

『セイバーメトリクス・リポート2』告知

告知です。

去年、日本初の本格的なセイバーメトリクス系アニュアル本の『セイバーメトリクス・リポート1』が出版されましたが、今年その2が出ます。前回に引き続き今回も参加させていただきましたので、発売はまだ10日くらい先のようですが、自分が書いたところを中心に内容を紹介しておきたいと思います。


全体的な概要としては去年と同じで、編成目線のチーム分析や分析家によるコラムなどで構成されています。プロ野球をセイバーメトリクスでザクザク分析したディープな本です。基本的には、セイバーメトリクスにある程度の興味があるすべての方にオススメできます。ただ単にセイバーメトリクスについて一般的な紹介をしているのではなく本格的な探求が読めます。

本格的といってもあえて難しく書いているとか説明を飛ばしているというわけではないですから何か予備知識がないと楽しめないというわけではないと思います。また、それでももし心配なようならセイバーメトリクスの基本的な事柄については当方のサイトなどでフリーで読めますのでそういったもので補っていただくという手もあります。



以下では私が関わった個別の内容について(全体について、掲載される分析のテーマなどは改訂されるかもしれないのでAmazonのページなどでご確認ください)。



「総合評価指標WAR」

最近MLB系の解析ではすっかりお馴染みになり、セイバーメトリクス好きであれば一度は名前を聞いたことがあるであろうWAR。とうとう日本版が算出されました。

打撃、走塁、守備、投球、すべてを総合して誰が貢献度が高いのかが一目でわかります。この数字が見られるだけでも買う価値ありと言えるかもしれないぐらい重要なステップです。

日本では馴染みがない数字ということで、その解説を書かせていただきました。
WARを構成する指標でありそれぞれ単体でも有用なwOBA、FIP、UZRについてざっと説明を行っており、評価の考え方についても基礎からロジックを辿って説明しています。ですのでWARの説明としてもそうですがこの解説部分だけでもセイバーメトリクス系の選手評価のロジックをまとめたものとしてお読みいただけるかと思います。

分析に使ってみるとわかりますが、WARは何より「便利」です。セイバーメトリクスでは色々な指標があるけど、数字は数字としてまとめたらどうなるのか、というのが一発でわかるので。



「2013年成績予測」

前回に引き続き、これから開幕するシーズンの成績予測値を算出しました。

去年はほとんど数字を載せるだけで詳しい説明を行っていなかったので、今回は成績予測の算出方法と考え方を詳しく述べた記事を書いています。

日本では現在のところ成績予測は親しまれていませんが、算出の考え方を踏まえると、お楽しみ程度にちょっと眺めるものとしては面白いとより思っていただけるかと思います。



「リリーフの本質・評価・最適配置」

リリーフについて理論的な探求を行ったコラムです。

そもそもリリーフってなんだよ。良いピッチャーから順に先発で起用して多くのイニングを投げさせたほうがいいんじゃないのか、という点から出発して、リリーフとは何かを考える内容になっています。

リリーフ起用という戦略が本質的にどういう意味を持っていて、その本質を踏まえるとどう評価するのがいいのか、どう起用するのがいいのか。

評価や最適配置はカチッとした完璧な答えが出るものではなかったりするのですが、根っこにあるのは「セイバーメトリクス的な視点・手法を通じて野球の原理・構造を明らかにしたい」という気持ちです。

「セイバーメトリクス」と聞くとまずOPSなどの指標を思い浮かべる方も多いかと思いますが、日本ではいまのところそのように「とりあえず色々な指標を計算してあーだこーだ言いながら眺めるもの」あるいは「新聞の成績欄を横に長くしたバージョン」というセイバーメトリクス観が強いことは否めないと感じています。しかし本当はそそのようなものだけではなくて、客観的なロジックやデータを材料として野球を根本から見つめ直すことがセイバーメトリクスの面白いところです。

四番・エース・抑え・流れ・セーブ…といった既存の言葉や切り口、そろそろ飽きてこない?というテーマにも自然と繋がってくるところで、もっと野球の本質と意味のある関係があって伸びやかに分析に使える言葉で語れるようにしたいと考えて新たな言葉の紹介もしています。

具体的にここではそれは勝利確率やレバレッジといった言葉ですが、改めて野球についてゼロから考えてそこから導かれる言葉を使うと、別にこれまで慣習的に用いられてきた言葉や視点に絶対の必然性があるわけではないんだということがなんとなくでもおわかりいただけるのではないかと。セイバーメトリクスの言葉のほうが野球を自然に読み解けて明快じゃないかと。

色々書いてややハードルを上げてしまっている感がありますが、これは私の記事がどうというより他の著者の方のパートを含め「セイバーメトリクス・リポート」全体で伝わって欲しいと個人的に思っているところだったりします。というか他の著者の方の執筆部分を読んでいただいたほうが私がここで言っていることが納得いただけるかと。






最後にちょっと売り文句になりますが、セイバーメトリクス好きなら買って損はしないと思います。

現在アメリカでセイバーメトリクスに詳しい人たちが「昔はビル・ジェイムズのベースボール・アブストラクト読んだもんだよね」と語り合うように、本書を読んでおけばこれから間違いなく日本でも普及するセイバーメトリクスについて後々「日本でのセイバーメトリクス誕生期の「リポート」シリーズは読んだなー」と語れること間違いなし(?)です。

私が書いた部分は全体からすればほんの一部であって、他の部分については鉄板の執筆陣となっております。

また、日頃からの想いがあるのでつい色々書いてしまいましたが、基本的なことを言えば、別に大袈裟で小難しいことはなく野球好きなら気軽に楽しめるはずのものだと思います。統計というと無機質な感じですが言ってみれば「野球が好きすぎる」のひとつの形なので。

長くなり失礼しました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/545-3868f3bf

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ