Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

【告知】『セイバーメトリクス・リポート3』

発売は月末でもう少し先ですが、セイバーメトリクスのアニュアル本である『セイバーメトリクス・リポート』が、今年も出ます。第三弾。

セイバーメトリクス・リポート3 (Amazon.co.jp)

今回も色々データが載っていたり、分析家によるコラムがあったりという内容です。昨年の秋に発売された『セイバーメトリクス・マガジン2』で既に2013年のWARが発表されていますが、そのアップデートバージョンも収録されています(本ブログで行ったような議論を反映)。

私は個人ネタとしては今回、「投手の成績を予測する簡単な方法」という記事を書きました。内容的には「カジュアルな数字遊び」と「分析的にちゃんと意味のあるデータ活用」のちょうど合間のような、簡単だけど使える指標の紹介をしています。

例えばWHIPは、計算が簡単かつ直観的で誰でもすぐに理解できる指標です。しかし残念ながら、何かを分析する際にWHIPが役に立つことは全然ないという点が散々指摘されており、わかりやすくて計算しやすかったところで意味ないよね、という話になってしまいます。

他方、成績予測などは(細かい精度の問題はともかく)情報としては誰もが求めるような性格のものですが、当方が行っているような比較的簡単な算出でさえ、おそらくやろうとする人は非常に少ないでしょう。端的に言って、面倒臭いです。

簡単に計算できるWHIPは役に立たない。役に立つ情報を求めると煩雑になる。しかし、WHIPのような簡単さで、成績予測みたいな性格の有用な情報が得られる指標があるとしたら……? と、そんな話がテーマになります。ゴリゴリの難しい感じではなく、軽く読んでいただけると思います。



ところで、当方が関わっているガチセイバーメトリクス系出版物も『セイバーメトリクス・リポート』が本作で3つめ、『セイバーメトリクス・マガジン』が既に2つと、数が多くなってきました。これまではスルーしてきたけど今からどれか買ってみようかとお考えの方も、中にはいらっしゃるかと思います。

基本的に、アメリカで出ているTHTとかのアニュアルもそうなのですが、別に1から順番に読まないといけないというものではありませんので今年の3ではじめて読むというのでも大丈夫です。

もちろんある程度、過去の研究を踏まえた発展などの流れはありますので、1から全て読んでいるほうが話がよくわかるということ自体は間違いありません。また、セイバーメトリクス系の日本語書籍の中ではおそらくもっともコアなシリーズなので、セイバーメトリクスについて全く何も知らない、というところから入ると戸惑う部分はあろうかと思います。

このあたり、もし予備知識を強化したいということでしたら例えば拙サイト道作さんのサイト、あるいは無料公開されたセイバーメトリクスの歴史をさらったコラムなんかを見ていただければ、特段別の書籍などを購入せずとも内容に馴染むための基本的なところは把握していただけるかと思います。

また、今回の『リポート3』には「リポートの理解を助けるセイバーメトリクスの基礎解説テキスト」があったり、例年通り用語解説があったりしますので、興味さえあればそれほど構える必要はないかと思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/559-27e52a00

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ